ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日中首脳会談に向けて調整始まる。一方ロシアは天然ガスで日本に秋波

 

 11月に北京で開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)において、日中首脳会談が実現する可能性が高まってきた。ただ、会談の条件をめぐっては、日本側が譲歩を求められている報道があり、状況は依然として不透明である。またロシアも日本に対する歩み寄りの姿勢を強めており、周辺国の情勢が大きく動き始めている。

abe20141017

 外務省の伊原純一アジア大洋州局長は2014年10月11日、中国を訪問し、中国外交部(外務省)の幹部と会談した。11月に北京で開催されるAPECで日中首脳会談が実現できるよう、尖閣諸島問題や安倍首相の靖国神社参拝などの懸案事項について議論したとみられる。

 ただ中国側は日本側が譲歩しない形で対話のテーブルにつくことを拒否しているといわれ、何らかの譲歩を求めているとされる。一部報道によると、日本は尖閣諸島について固有の領土であるという主張は譲らないものの、中国が独自の主張をしていることは認める、といったところを妥協点にする案が浮上しているという。

 一方、ロシアは日本に対して、サハリンと北海道をつなぐ天然ガスパイプラインの建設を日本側に提案している。安倍政権はロシアとの対話を進めており、この秋にプーチン大統領が来日するという方向性で調整が進められてきた。
 だがウクライナ問題の発生で、欧米各国によるロシア制裁の流れが固まる中、日本だけが友好路線を示すことが難しくなってきた。結局、日本も制裁に加わる形となり、日ロ首脳会談は延期された。

 ロシアの経済は脆弱であり、天然ガスを他国に売らなければ外貨を獲得できない。しかも天然ガス価格は、米国のシェールガス開発によって下落しており、ロシアは何としても日本に天然ガスを売り込みたい。パイプライン敷設の提案は、ロシアの苦しい懐事情を反映しているといってよいだろう。

 中国も本音では日中首脳会談の開催を望んでいる可能性が高いが、現状では日本側が歩み寄る形となっている。その日本に対してはロシアが歩み寄っている。一方、日本最大の同盟国である米国とは一定の隙間ができたままの状態である。

 これまでは、望むと望まざるとに関わらず、中国との敵対関係を軸に外交が進んできた。だが、中国との対話が見え始めた今、日本の外交方針については、再度交通整理が必要だろう。今回の情勢変化は、安倍政権にとって、外交の基本方針が問われる、ある意味では初めての事態となっている。

 - 政治 , ,

  関連記事

nichigin04
正念場を迎える日銀の量的緩和策。黒田総裁は外部の発言を積極化

 日銀の量的緩和策が正念場を迎えている。消費者物価指数は伸び率の鈍化が目立ち、4 …

no image
外務次官が尖閣問題妥結を目指して中国を訪問。官僚主導の交渉では確実に負ける

 尖閣問題の解決に向けて、事務レベルでの折衝が始まっている。  人民日報系の環球 …

monhiru
公的年金を運用するGPIFが、とうとう赤字運用に転落。今後の年金は株価次第?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2016年8月2 …

kougaibukken
進む不動産市場の二極分化。郊外は高級物件でも売りにくくなっている

 不動産市場の二極分化が、ゆっくりとしたペースではあるが、着実に進行している。首 …

senkaku
中国が南シナ海で実力行使を宣言。尖閣諸島ではそうしない理由

 中国の国営新華社通信は29日、南シナ海で中国が領有権を主張する海域に入ってきた …

nichigin
日銀が正式に2%の物価目標を導入。日銀法の改正はとりあえず回避

 日銀は22日の金融政策決定会合で、2%の物価目標を導入し、その達成に向け、さら …

saka
日本郵政の斉藤社長が退任。後任は竹中氏の天敵。郵政民営化見直しはこれで完成形?

 日本郵政は19日午前、臨時取締役会を開き、斎藤次郎社長の退任を決定した。後任に …

irankakumondaigoi
イランが核問題で米欧などと最終合意。世界経済の安定化要因がまたひとつ増えた

 米欧など6カ国とイランは2015年7月14日、イランの核開発問題について最終合 …

mof03
財務省が幹部人事を発表。ようやくイレギュラーな人事が収束に向かう?

 財務省は2017年7月5日、幹部人事を発表した。事務次官だった佐藤慎一氏の後任 …

abetoben
アリバイ作り?増税論への牽制?消費増税に関する有識者ヒアリングを8月に集中開催

 内閣府は8月20日、消費税引き上げの影響について有識者からヒアリングする会合を …