ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

グーグルは成長鈍化でいよいよ普通の会社へ。資本政策などの転換も必要?

 

 ネット検索大手米グーグルは2014年10月16日、2014年7~9月期の決算を発表した。このところ、同社に対しては成長の鈍化を懸念する声が上がっていた。今期決算では、売上げの増加基調は維持したものの、費用が増加し利益が減少した。同社はそろそろ安定期に入りつつあると見た方がよさそうだ。

 googlehead 今期の売上高は、前年同期比20.1%増の165億2300万ドル(約1兆7564億円)、純利益は前年同期比5.3%減の28億1300万ドル(約2990億円)だった。売上高は順調に伸びたものの、開発費や販売管理費が増大し利益を圧迫した。

 同社のビジネスは基本的に検索結果に連動する広告のクリック数とその単価に依存する。今期のクリック数は前年同期比では17%の増加となったが、前期比では横ばいとなっている。クリック単価については、前年同期比でマイナス2%だが、前期比では同レベルを維持した。
 同社はここ数年、クリック単価の下落に悩まされてきた。スマホなどモバイル広告ではPCに比べて単価は低くなりがちである。ただスマホ・シフトの効果から、クリック数が大幅に伸びていたことから、同社は増収増益を維持することができた。

 今期の決算では、クリック単価の下げ止まりが確認されたが、同時にクリック数の伸びも鈍化してしまった。またオペレーションのコストも大幅に増加しており、従来と同じような利益成長のシナリオを描くことが難しくなってきた。
 利益成長のシナリオが変わるといっても、圧倒的な超高収益体質の企業であることに変わりはない。ただ、同社は順調な利益成長が続くことを前提に、資本政策や配当政策を立案している。これまでは、株主に対して十分なケアがなくても、株価の上昇によって投資家は満足してきたが、今後は必ずしもそうはいかなくなる。

 会社が保有する巨額のキャッシュについて問題視されたアップルのように、上場企業としての当たり前の行動が、そろそろ同社に対しても求められることになるかもしれない。従来のような経営スタイルを堅持しようとするならば、ロボットなど次世代イノベーションの収益化を急ぐ必要があるだろう。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

googlehead
グーグルの決算から垣間見る、インターネット経済の近未来

 ネット検索最大手の米グーグルは2014年1月30日、2013年10~12月期の …

home02
米国の政府系住宅金融公社2社が業務縮小を決定。米国のバブル処理は完全終了へ

 オバマ米大統領は8月5日、住宅金融市場の改革案を発表した。政府系住宅金融機関で …

noumiso
ゲームが認知症に効果があるとの研究で、再び脳トレに注目が集まるか?

 ゲームを通じて脳を鍛えるいわゆる「脳トレ」の効果に関する議論が米国で盛んになっ …

bouekitoukei201307
7月の貿易統計は赤字拡大。そろそろ貿易赤字を前提にした産業政策を議論すべき時

 財務省は8月19日、7月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

sinreiauto
セブン-イレブンが店内レイアウトの全面刷新に乗り出した背景

 コンビニ最大手のセブン-イレブンが店舗レイアウトの全面刷新に乗り出した。背景に …

buffett
著名投資家のバフェット氏が訪中。改革派のホープ汪洋副総理と会談

 国営新華社など中国のメディアは、米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が5月 …

toyotausa
円安にも関わらず自動車メーカーが次々と国内生産を縮小。空洞化は最終段階へ突入

 円安が進行しているにも関わらず、自動車メーカーが国内生産を縮小させている。トヨ …

facebookcom
フェイスブックが予想外の好決算。インスタグラムが貢献か?

 SNS最大手の米フェイスブックは2016年1月27日、2015年10~12月期 …

tosho02
増配など株主還元策が顕著に。背景には円安と公的年金改革が

 企業が得た利益を株主に還元する動きが顕著になってきている。企業における資本効率 …

eikokulondon
市場は過剰反応?英国のEU離脱が決議されても、現実はそう簡単には進まない

 英国のEU(欧州連合)残留を問う国民投票が23日に迫っているが、最新の世論調査 …