ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

グーグルは成長鈍化でいよいよ普通の会社へ。資本政策などの転換も必要?

 

 ネット検索大手米グーグルは2014年10月16日、2014年7~9月期の決算を発表した。このところ、同社に対しては成長の鈍化を懸念する声が上がっていた。今期決算では、売上げの増加基調は維持したものの、費用が増加し利益が減少した。同社はそろそろ安定期に入りつつあると見た方がよさそうだ。

 googlehead 今期の売上高は、前年同期比20.1%増の165億2300万ドル(約1兆7564億円)、純利益は前年同期比5.3%減の28億1300万ドル(約2990億円)だった。売上高は順調に伸びたものの、開発費や販売管理費が増大し利益を圧迫した。

 同社のビジネスは基本的に検索結果に連動する広告のクリック数とその単価に依存する。今期のクリック数は前年同期比では17%の増加となったが、前期比では横ばいとなっている。クリック単価については、前年同期比でマイナス2%だが、前期比では同レベルを維持した。
 同社はここ数年、クリック単価の下落に悩まされてきた。スマホなどモバイル広告ではPCに比べて単価は低くなりがちである。ただスマホ・シフトの効果から、クリック数が大幅に伸びていたことから、同社は増収増益を維持することができた。

 今期の決算では、クリック単価の下げ止まりが確認されたが、同時にクリック数の伸びも鈍化してしまった。またオペレーションのコストも大幅に増加しており、従来と同じような利益成長のシナリオを描くことが難しくなってきた。
 利益成長のシナリオが変わるといっても、圧倒的な超高収益体質の企業であることに変わりはない。ただ、同社は順調な利益成長が続くことを前提に、資本政策や配当政策を立案している。これまでは、株主に対して十分なケアがなくても、株価の上昇によって投資家は満足してきたが、今後は必ずしもそうはいかなくなる。

 会社が保有する巨額のキャッシュについて問題視されたアップルのように、上場企業としての当たり前の行動が、そろそろ同社に対しても求められることになるかもしれない。従来のような経営スタイルを堅持しようとするならば、ロボットなど次世代イノベーションの収益化を急ぐ必要があるだろう。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

borubo
仏マクロン政権がガソリン車の販売禁止を提言。ボルボなど欧州メーカーもEVシフトへ

 フランスのマクロン政権が、2040年までにガソリン車の販売を禁止するという野心 …

weibo2014
中国政府が、ネットでの言論の自由が保障されているとする白書を公表

 中国国務院(中国政府)の新聞弁公室(報道監督を担当する部署)は2014年5月、 …

nenkinportfo
公的年金の新ポートフォリオ、年間最大損失21兆円をどう見る?

 公的年金の運用が国債から株式にシフトしつつあるが、現在想定されているポートフォ …

sharp
シャープが鴻海との交渉打ち切り。予想通りで市場関係者に驚きはなし

 経営再建中のシャープが、鴻海(ホンハイ)精密工業との出資交渉を打ち切ることにな …

amari
まるで大政翼賛会?閣僚が名指しで企業の賃上げに言及。賃上げは本当に正しいのか?

 甘利経済再生相は5日、コンビニエンスストア大手が相次いで賃上げを表明したことを …

peugeot
政府主導なのにお金を出すのは中国企業?日本が学んではいけない仏プジョー救済劇

 経営不振に陥っているフランスの自動車大手プジョーシトロエングループは2014年 …

abekaiken
設備投資が回復せずアベノミクスは完全に手詰まり状態。原点回帰しか方法はない?

 内閣府は6月12日、4月の機械受注統計を発表した。民間設備投資の先行指標といわ …

shirakawae
前原大臣が白川総裁とガチンコ対決。日銀はいつまで粘れるか?

 本日(5日)開催されている日銀の金融政策決定会合に、前原誠司経済財政相が出席し …

no image
EUが金融取引税(トービン税)の導入を決定。欧州はルビコン川を渡ってしまった

 欧州連合(EU)は9日、ルクセンブルクで理事会を開き、金融取引税(いわゆるトー …

imf201701
IMFが最新の経済見通しを発表。トランプ経済についてはプラス・マイナス両方

 IMF(国際通貨基金)は2017年1月16日、世界経済見通しの改定値を発表した …