ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

グーグルは成長鈍化でいよいよ普通の会社へ。資本政策などの転換も必要?

 

 ネット検索大手米グーグルは2014年10月16日、2014年7~9月期の決算を発表した。このところ、同社に対しては成長の鈍化を懸念する声が上がっていた。今期決算では、売上げの増加基調は維持したものの、費用が増加し利益が減少した。同社はそろそろ安定期に入りつつあると見た方がよさそうだ。

 googlehead 今期の売上高は、前年同期比20.1%増の165億2300万ドル(約1兆7564億円)、純利益は前年同期比5.3%減の28億1300万ドル(約2990億円)だった。売上高は順調に伸びたものの、開発費や販売管理費が増大し利益を圧迫した。

 同社のビジネスは基本的に検索結果に連動する広告のクリック数とその単価に依存する。今期のクリック数は前年同期比では17%の増加となったが、前期比では横ばいとなっている。クリック単価については、前年同期比でマイナス2%だが、前期比では同レベルを維持した。
 同社はここ数年、クリック単価の下落に悩まされてきた。スマホなどモバイル広告ではPCに比べて単価は低くなりがちである。ただスマホ・シフトの効果から、クリック数が大幅に伸びていたことから、同社は増収増益を維持することができた。

 今期の決算では、クリック単価の下げ止まりが確認されたが、同時にクリック数の伸びも鈍化してしまった。またオペレーションのコストも大幅に増加しており、従来と同じような利益成長のシナリオを描くことが難しくなってきた。
 利益成長のシナリオが変わるといっても、圧倒的な超高収益体質の企業であることに変わりはない。ただ、同社は順調な利益成長が続くことを前提に、資本政策や配当政策を立案している。これまでは、株主に対して十分なケアがなくても、株価の上昇によって投資家は満足してきたが、今後は必ずしもそうはいかなくなる。

 会社が保有する巨額のキャッシュについて問題視されたアップルのように、上場企業としての当たり前の行動が、そろそろ同社に対しても求められることになるかもしれない。従来のような経営スタイルを堅持しようとするならば、ロボットなど次世代イノベーションの収益化を急ぐ必要があるだろう。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

paris
フランスで規制改革法案を大統領が強行採択。規制でがんじがらめの姿はまさに日本

 フランスで規制緩和の法案をめぐって議会が紛糾している。オランド大統領が提出した …

boingkoujo
中国へのプレゼント? 習主席訪米を前にボーイングが工程の一部を中国に移管

 米航空機大手ボーイングは、製造の最終工程を中国に移管することを検討している。同 …

contena2
円安なのに輸出が増えない!Jカーブ効果というが本当なのか?

 財務省が20日発表した1月の貿易収支は1兆6294億円の赤字となり、単月の赤字 …

tosho
多くの投資家が投資信託に対してマイナスのイメージ。日本で株式投資はムリなのか?

 個人投資家の多くが、投資信託に対してマイナスの印象を持っていることが明らかとな …

no image
メガバンクとゆうちょ銀行で不正画面誘導が多発。だが本当に危惧されることとは?

 ネット銀行のホームページに不正が画面が表示され、パスワードなどが盗まれて不正送 …

ge
米国の製造業回帰が効果を上げ始めた。だが一方でその波に乗れない人も

 中国から製造拠点を米国に戻す試みが成果を上げ始めている。米ゼネラル・エレクトリ …

sirakawajinin
日銀の白川総裁が任期を残して辞任表明。これ以上の譲歩を避ける狙いか

 日銀の白川総裁は2月5日、安倍首相と官邸で会談し、4月8日の任期を待たず、3月 …

teinensaikoyou
定年後再雇用の賃金格差は違法との判決。司法判断定着なら、現役世代の年収が減少?

 定年退職後の再雇用において年収を引き下げることは違法だとする東京地裁の判決が下 …

businessman
政府が相次いで財界に賃上げを要請。賃上げで経済を回復させるコツとは?

 政府の産業界に対する賃上げ要求が強まっている。政府は12日、首相官邸で「デフレ …

kougu
日本は本当にモノ作りの国なのか?メイカーズ革命で問われる真の国民性

 日本はモノ作りの国であるといわれている。日本人は手先が器用で真面目なのでモノ作 …