ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

グーグルは成長鈍化でいよいよ普通の会社へ。資本政策などの転換も必要?

 

 ネット検索大手米グーグルは2014年10月16日、2014年7~9月期の決算を発表した。このところ、同社に対しては成長の鈍化を懸念する声が上がっていた。今期決算では、売上げの増加基調は維持したものの、費用が増加し利益が減少した。同社はそろそろ安定期に入りつつあると見た方がよさそうだ。

 googlehead 今期の売上高は、前年同期比20.1%増の165億2300万ドル(約1兆7564億円)、純利益は前年同期比5.3%減の28億1300万ドル(約2990億円)だった。売上高は順調に伸びたものの、開発費や販売管理費が増大し利益を圧迫した。

 同社のビジネスは基本的に検索結果に連動する広告のクリック数とその単価に依存する。今期のクリック数は前年同期比では17%の増加となったが、前期比では横ばいとなっている。クリック単価については、前年同期比でマイナス2%だが、前期比では同レベルを維持した。
 同社はここ数年、クリック単価の下落に悩まされてきた。スマホなどモバイル広告ではPCに比べて単価は低くなりがちである。ただスマホ・シフトの効果から、クリック数が大幅に伸びていたことから、同社は増収増益を維持することができた。

 今期の決算では、クリック単価の下げ止まりが確認されたが、同時にクリック数の伸びも鈍化してしまった。またオペレーションのコストも大幅に増加しており、従来と同じような利益成長のシナリオを描くことが難しくなってきた。
 利益成長のシナリオが変わるといっても、圧倒的な超高収益体質の企業であることに変わりはない。ただ、同社は順調な利益成長が続くことを前提に、資本政策や配当政策を立案している。これまでは、株主に対して十分なケアがなくても、株価の上昇によって投資家は満足してきたが、今後は必ずしもそうはいかなくなる。

 会社が保有する巨額のキャッシュについて問題視されたアップルのように、上場企業としての当たり前の行動が、そろそろ同社に対しても求められることになるかもしれない。従来のような経営スタイルを堅持しようとするならば、ロボットなど次世代イノベーションの収益化を急ぐ必要があるだろう。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

kuroda
黒田日銀総裁が正式決定。これまで白川路線に賛同していた政策委員は意見を変える?

 参議院は3月15日午前の本会議で、日銀の正副総裁人事を可決した。総裁には黒田東 …

abe001
2%物価目標の導入に向けて、政府が日銀に見せつけるアメとムチ

 新年が本格的にスタートしたことで、日銀に対する政府のアメとムチを使ったアプロー …

kokkaigijido02
基礎的財政収支黒字化はますます困難に。だが、足元ではそれ以上の懸念材料が・・・

 2020年度に基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化するという政府公約 …

appledidi
アップルが中国配車アプリ大手に出資。今後の成長のカギは結局、自動運転?

 米アップルが中国の配車アプリ最大手「滴滴」(ディディ)に10億ドル(約1100 …

no image
ドイツでは東欧やアジアなど外国の格安介護施設が大人気

 日本と同じく高齢化が進むドイツで、物価の安い東欧諸国やアジアの介護施設に入居す …

wsj120 02
ウォールストリート・ジャーナルが創刊125年。当時の紙面は今とあまり変わらず

 米国を代表する経済誌であるウォールストリート・ジャーナルが2014年7月8日で …

sanfranrengin
実はそれほど悪くない?サンフランシスコ連銀の米GDPに関する見解が話題に

 年率換算でプラス0.2%成長にとどまっていた2015年1~3月期の米GDP(国 …

alipay
中国のメジャー決済サービスが来年上陸。日本人向けにサービスを展開

 中国のネット通販大手「アリババ」が、決済サービス「アリペイ」を日本国内で展開す …

suntorypuremoru
サントリーが新浪氏のトップ就任に合わせて組織改編。とうとうビール部門が独り立ち

 サントリーホールディングスは2014年9月25日、ビール事業の分離などを柱とす …

apple
アップルの4~6月期決算。中国向けiPhoneが引き続き堅調であることを確認

 米アップルは2014年7月22日、2014年4~6月期の決算を発表した。売上高 …