ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

小渕経産大臣が辞任。脳裏をよぎる第1次安倍内閣の閣僚辞任ドミノ

 

 小渕経済産業大臣は2014年10月20日、自身の政治団体の収支が食い違っている問題の責任を取って経済産業大臣を辞任した。小渕氏は、今回の内閣改造の目玉となった大臣であり、新内閣発足直後の辞任ということになると影響は大きい。一部からは、閣僚の辞任ドミノで退陣に追い込まれた第1次安倍内閣のイメージと重なってしまうとの声も出ている。

obuchiyuko

 小渕氏は「小渕優子後援会」など2つの政治団体を運営しているが、問題となっているのは、政治団体が開催した「観劇会」の収支。小渕氏の政治団体は、毎年、東京の明治座を貸し切り、支援者らと観劇会を開催している。そこでは大物の演歌歌手などが出演しているという。

 政治家が支援者らとイベントを開催することはまったくの合法だが、問題はその収支である。2010年と2011年に観劇会の開催費用を記載しているが、支援者から徴収した会費として記載した金額の方が少なくなっている。
 もし十分な額の会費を取っていないということになると、小渕氏が支援者を接待したということになり、公職選挙法が禁じる「寄付行為」に該当する可能性が出てくる。また費用と同額の会費を徴収していたのだとすると、今度は小渕氏がこれを着服したことになってしまう。

 小渕氏クラスの政治家であれば、こうした規模の大きいイベントが開催されていること自体は何の不思議もないが、収支について明確に説明できないとなると、少なくとも政治的責任は発生する。とりあえず辞表を提出することで、その責任を果たした恰好である。

 安倍政権としては、早期に事態収拾を図りたいところだが、状況はあまりよくない。景気が失速しつつある中、12月には消費税10%増税の決断を迫られている。また小渕氏は、安倍内閣が掲げる女性活用の目玉となった大臣であるとともに、原発再稼働の責任も負っていた。今回の内閣改造を長期政権への布石としたかった安倍氏としては、目算が狂ってしまった状況といえる。

 永田町では、閣僚の相次ぐ辞任で退陣に追い込まれた第1次安倍内閣の悪夢がよみがえると噂する人もいる。第1次安倍内閣では、松岡利勝農水相(事務所の光熱費問題などが浮上し自殺)、久間章生防衛相(原爆投下容認発言)、赤城徳彦農水相(事務所経費問題に加え、顔に巨大な絆創膏をして登庁)など閣僚が連続して辞任する事態となり、その結果、政権は瓦解してしまった。

 安倍政権としては、前回のような辞任ドミノにならないよう、小渕氏辞任のダメージを最小限に食い止める必要がある。少なくとも、今回の内閣改造を長期政権の布石にするという従来の戦略は見直しが必至となるだろう。場合によっては,消費税増税のタイミングや、来年春ともいわれる衆議院の解散総選挙の時期などにも影響を与えそうだ。

 - 政治 , ,

  関連記事

koikeyuriko02
都議会のドン内田氏が引責辞任。小池氏はダメ押しで新党結成との噂も

 自民党東京都連は2016年8月4日、幹部会合を開き都連会長の石原伸晃経済再生相 …

mof03
異例の人事が続く財務省。実際は、通常の人事に戻すための布石か?

 財務省は2016年6月17日、幹部人事を発表した。事務次官だった田中一穂氏の後 …

southweekend
中国で新聞検閲に反対するデモが発生。権力闘争も絡み、習近平体制は早くも岐路に

 中国の新聞記事が当局の介入で差し替えられたことに反発するデモが、広州市内で7日 …

masuzoe
舛添氏が都知事選出馬を検討。背景には「誰もあの人とは争いたくない」という前知事が・・

 石原慎太郎前都知事の辞職に伴う東京都知事選において、民主党の候補者として新党改 …

rikagakuken
新型万能細胞に関する画期的研究から考える、日本の官製イノベーション思想の是非

 理化学研究所の研究チームが、酸性の刺激を与えるだけの簡単な方法で、あらゆる細胞 …

taikudeta2014
軍部が全権掌握するタイで、フェイスブックが一時利用不能に

 軍部がクーデターで全権を掌握したタイでは2014年5月28日、SNSのフェイス …

tanbo
JA全中が農協改革案を受け入れ。今後は農業従事者のサラリーマン化が進む?

 JA全中(全国農業協同組合中央会)は2015年2月9日、政府・与党がまとめた農 …

rikokkyoubetonamu
中国の李首相が早速ベトナムを訪問し、領有権問題の懐柔策をベトナムに提示

 中国の李克強首相は10月13日からベトナムを訪問し、ベトナムのグエン・タン・ズ …

putinkuremia
思いのほか苦境にあるロシア。今回の一連の外交はいわゆる「弱者の戦略」

 ロシアによるクリミア併合プロセスが着々と進んでいる。表面的には軍事力を前面に押 …

saiteichingin
米中間選挙で注目を集めた格差問題。だが日本の方が状況はより深刻かもしれない

 米国の中間選挙で民主党が敗北したことで、あらためて米国の格差問題がクローズアッ …