ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アップルの7~9月期決算はiPhone6効果で好調。今後の注目は事業ポートフォリオ

 

 米アップルは2014年10月20日、2014年7~9月期の決算を発表した。売上高は前年同期比12.4%増の421億2300万ドル(約4兆5000億 円)、純利益は12.7%増の84億6700万ドル(約9060億円)と増収増益になった。最新モデルiPhone6の販売が好調だったことが収益を押し上げた。

 applewatch iPhoneの販売台数は前年同期比16%増の3927万台となった。最新モデルであるiPhone6は利益率が高く、全体の利益率向上に寄与した。iPadの販売台数は前年同期比13%増の1232万台、iMacは前年同期比21%増の552万台だった。

 iPhone6効果で全体的な粗利益率は前年同期比で1ポイント上昇したほか、前期比でも同じ水準を維持した。このところの同社の業績は、中国における販売が順調に進むのか、利益率の低下を防げるのかといったところが焦点となっていたが、両者について、当面問題がないことがほぼ明確になった。中国の販売はスタートしたばかりなので、次の四半期もiPhone6効果は期待できそうだ。

 地域別では米国での売上げが全体の4割を占めている。ついで欧州が23%、中国が14%、日本が8.3%、その他アジアが4.5%となっている。今後の伸びとしては中国市場やその他アジア市場が有望ということになる。一方、買い換えサイクルさえ確立すれば、購買力の高い先進国に注力するという戦略もあり得る。中国向けの販売が一段落した時には、このあたりの戦略性が問われてくるなるだろう。

 売上高に占めるiPhoneの比率は57%と高く、利益に占める割合はさらに高い。当然のことだが、iPhoneの売上げが好調ということになると、今度はiPhone依存体質が市場における懸念材料になる可能性もある。次の決算まではiPhone6効果が続くので、来年あたりには次の新製品やサービスに対する期待度が上がってくることになるだろう。

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

setubitousi
10月の機械受注はマイナス。10~12月期GDPの設備投資もかなり厳しいか?

 内閣府は2014年12月11日、10月の機械受注統計を発表した。主要指標である …

ppap
ピコ太郎の世界ブレイクで浮き彫りになった日本の古い音楽産業インフラ

 ピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」が世界で大ブレイクしてい …

hongkongcash
香港で現金輸送車から2億円バラマキ。輸送を請け負っていたのは、著名な民間軍事会社

 クリスマスイブの24日、香港の繁華街で現金輸送車から大量の現金が落下し、通行人 …

kamei
円滑化法が3月で期限切れ。倒産予備軍10万社なのに慌てた様子がないのはなぜ?

 中小企業金融円滑化法の期限が3月末で切れることから、10万社ともいわれる倒産予 …

billgates
マイクロソフトのトップ交代。ゲイツ氏は退任ではなく、実は現場復帰?

 米マイクロソフトは2014年2月4日、同社のナデラ上級副社長が最高経営責任者( …

jinminginkou
中国のマネーサプライが急増。バブル崩壊なのかそれとも長期低迷なのか?

 中国人民銀行によると、2012年末時点で中国のマネーサプライ(M2)が97兆4 …

economistataranai
10~12月期GDP速報値。プラス2.2%と事前予想を下回るが、市場は織り込み済み

 内閣府は2015年2月16日、10~12月期のGDP(国内総生産)速報値を発表 …

setubitousi
11月の機械受注統計。内需経済の象徴である小売業で増加傾向

 内閣府は2014年1月16日、2013年11月の機械受注統計を発表した。主要指 …

capitolhill
米財政問題に関する与野党合意が成立。政府機関閉鎖は完全に回避へ

 米国議会の超党派協議会は2013年12月10日、2014年度(2013年10月 …

googlekesan201303
Googleがスマホ広告増加で好決算。だがクリック単価の回復は遅々として進まず

 米グーグルは4月18日、2013年1~3月期の決算を発表した。売上高は前年同期 …