ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アップルの7~9月期決算はiPhone6効果で好調。今後の注目は事業ポートフォリオ

 

 米アップルは2014年10月20日、2014年7~9月期の決算を発表した。売上高は前年同期比12.4%増の421億2300万ドル(約4兆5000億 円)、純利益は12.7%増の84億6700万ドル(約9060億円)と増収増益になった。最新モデルiPhone6の販売が好調だったことが収益を押し上げた。

 applewatch iPhoneの販売台数は前年同期比16%増の3927万台となった。最新モデルであるiPhone6は利益率が高く、全体の利益率向上に寄与した。iPadの販売台数は前年同期比13%増の1232万台、iMacは前年同期比21%増の552万台だった。

 iPhone6効果で全体的な粗利益率は前年同期比で1ポイント上昇したほか、前期比でも同じ水準を維持した。このところの同社の業績は、中国における販売が順調に進むのか、利益率の低下を防げるのかといったところが焦点となっていたが、両者について、当面問題がないことがほぼ明確になった。中国の販売はスタートしたばかりなので、次の四半期もiPhone6効果は期待できそうだ。

 地域別では米国での売上げが全体の4割を占めている。ついで欧州が23%、中国が14%、日本が8.3%、その他アジアが4.5%となっている。今後の伸びとしては中国市場やその他アジア市場が有望ということになる。一方、買い換えサイクルさえ確立すれば、購買力の高い先進国に注力するという戦略もあり得る。中国向けの販売が一段落した時には、このあたりの戦略性が問われてくるなるだろう。

 売上高に占めるiPhoneの比率は57%と高く、利益に占める割合はさらに高い。当然のことだが、iPhoneの売上げが好調ということになると、今度はiPhone依存体質が市場における懸念材料になる可能性もある。次の決算まではiPhone6効果が続くので、来年あたりには次の新製品やサービスに対する期待度が上がってくることになるだろう。

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

tosho03
東証1部の時価総額がバブル越え。だが上場社数が増えているので当然といえば当然

 東証1部の時価総額が終値ベースで過去最高を更新し、バブル期の水準を超えた。ただ …

abe20130113
安倍首相がハイパーインフレにはならないとの見解。だが本当にそうなのか?

 安倍首相は11日の記者会見で、日銀の金融政策に関連して「ハイパーインフレは考え …

ierensamazu
次期FRB議長最有力候補サマーズ氏が無念の辞退。理由はズバリ、傲慢不遜な性格

 米FRB(連邦準備制度理事会)次期議長の最有力候補であったサマーズ元財務長官が …

tranpgenzei
トランプ政権が税制改革案を発表。総額には触れずじまいだが、内容はほぼ想定通り

 トランプ政権は2017年4月26日、もっとも注目されていた公約の一つである税制 …

setsubitousi
設備投資は足踏み状態。失速とは断言できないものの、パッとしない展開か?

 内閣府は2014年4月10日、2月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

bukkajoushou
物価上昇は鈍化しているが、現実には値上げが進行。4~6月期GDPにも悪影響か

 総務省は2015年7月31日、2015年6月の消費者物価指数を発表した。代表的 …

tokyowan
企業の設備投資予定額が大幅増。だが公共事業の影響も大きく継続性があるかは不明

 日本政策投資銀行は8月5日、2013年度の設備投資計画に関する調査結果を発表し …

kokusaishushi201306
貿易赤字だが経常収支黒字の傾向は変わらず。日本は「成熟した債権国」の段階に入った

 財務省は8月8日、6月の国際収支を発表した。最終的な国の儲けを示す経常収支は3 …

sekitankaryoku
政府が石炭火力の増設に政策転換。今まで日本が世界からダマされていことが明らかに

 政府はこれまでの方針を見直し、石炭火力発電の新増設の推進にかじを切る。日本経済 …

apuruwochi
アップルウオッチの登場で金の価格形成メカニズムが変わる?

 米アップルは2015年3月9日、腕時計型のウェアラブル端末「アップルウオッチ」 …