ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

外国人投資家による都心の不動産取得が相次ぐ。本当に需要はあるのか?

 

 東京の不動産市場が活況を呈している。円安によって外国人投資家による買いが増加していることやインフレ期待が主な原因だが、一方で国内市場の二極化による供給不足という側面もある。

 pccw シンガポール政府投資公社(GIC)は2014年10月21日、東京駅前の高層ビル「パシフィックセンチュリープレイス丸の内」を1700億円で買収したと発表した。このビルは、東京の不動産市況を象徴するビルといわれており、1997年3月に国鉄精算事業団が実施した入札で、香港のパシフィックセンチュリー・グループが869億円で落札したのが始まりとなっている。

 当時は、採算を無視した無謀な計画と揶揄されたが、その後、日本の不動産価格は急上昇。2006年には国内の投資ファンドであるダヴィンチ・アドバイザーズ(当時)に約2000億円で売却された。だが、リーマンショックでダヴィンチの経営は悪化し、2009年にはセキュアード・キャピタル・ジャパンに1400億円で売却され、現在に至っている。今回の買収額は約1700億円といわれている。セキュアード・キャピタル・ジャパンは現在、香港系企業なので、結局のところ、この物件では香港勢が大きな利益を上げていることになる。

 先月には、バブル崩壊にともなう不良債権の象徴ともいわれた東京・目黒の複合施設「目黒雅叙園」を森トラストが1300億円で買収するなど、不動産の大型案件が相次いでいる。パシフィックセンチュリープレイスも、非常に象徴的な物件のひとつであり、このところの不動産市場の状況をよく表しているといってよいだろう。

 こうした大型物件だけでなく、都心の高級マンションも飛ぶように売れている。主な買い手は中国人の投資家である。彼等はブランドを好むので、赤坂、麻布、青山の3地域の人気が非常に高く、業界では3Aなどと呼ばれているという。

 不動産市況が好調なのは、円安による割安感と日本のインフレ期待が背景にある。だが一方で、経済が二極分化することによる投資の偏りで、供給が足りなくなっていることや、銀行の融資先が不動産以外に見つからないという需給的な面も大きい。

 首都圏のマンション価格はこのところ急上昇しているが、供給戸数は減少傾向にある。日本経済全体が低迷する中、首都圏や地方の中核都市など、一部にだけに資金が集中するものの、それに見合う供給はなく、価格だけが上昇するという図式である。

 大手町など東京の中心部では、次々と再開発が行われている。だが経済全体のパイが増えないと、いくら新しいビルを作っても、より築年数の古いビルからテナントを奪うだけである。この図式は今度は都市部と地方の間にもあてはまることになる。地方から都市部へと人や企業が移動しているだけで、全体の需要は増えないのである。この構造はいつかは限界が来ることになる。

 業界では、こうした不安を抱えつつも、足元の好調な市況に乗り遅れないことが最優先となっている。日本の不動産市場は再び「いつか来た道」を歩んでいるのかもしれない。

 - 経済 , , ,

  関連記事

katsuejiro
10年の1度の財務省大物次官である勝栄二郎氏がネット企業に再就職?

 財務省の勝栄二郎前事務次官がインターネット・プロバイダー大手の「インターネット …

cruise
メキシコ湾巨大クルーズ船立ち往生3日目。だが株価にはほとんど影響なし

 エンジンルームで火災が発生し、航行不能になったメキシコ湾の大型クルーズ船「カー …

shanhai
中国当局が地方政府の債務について監査を指示。全貌把握に乗り出す

 中国の国家審計署(会計検査院)は7月28日、国務院(内閣)から中国の政府債務に …

shanhai
過大な期待や悲観は無用!中国市場に対する3つの誤解を解く

 近年、日本は中国という存在に振り回される状況が続いてきた。当初は巨大市場に乗り …

aikoukoku
広告クリエイティブ業務のAI化で、すべての広告は動的になる

 広告業界でコピーライティング業務をAI化する取り組みが進んでいる。狙いは人員の …

saujisaruman
サウジアラビアのサルマン国王が1000人を引き連れて異例の来日。背景には強烈な危機感

 サウジアラビアのサルマン国王が2017年3月12日、来日した。13日には安倍首 …

zaiseishuusi
政府が財政収支の試算を公表。2020年度PB黒字化は達成困難に

 政府は2014年7月25日、「中長期の経済財政に関する試算」を公表した。日本政 …

pionieer
パイオニアが伝統の音響機器事業に見切りを付け、カーナビ分野に注力

 パイオニアは2014年9月16日、大規模な人員削減や事業再編を伴う今後の事業方 …

seiho
バブル崩壊以来続いた生保の逆ざやが解消。金利上昇で保険会社はさらに有利に?

 生命保険各社の業績が上向いている。主な要因はバブル期に販売した予定利率の高い商 …

tsutusmiseiji
日本社会の成熟化を夢見たセゾングループの創設者、堤清二氏が死去。

 実業家でセゾングループ創業者の堤清二(つつみ・せいじ)氏が11月25日、東京都 …