ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

「呪われた法案」との声も。心機一転、再提出した派遣法改正案が再び先送り?

 

 今国会の目玉法案のひとつで、派遣労働者の受け入れ期間の上限を撤廃する労働者派遣法の改正案の行方が微妙な情勢となってきた。閣僚のダブル辞任によるゴタゴタで審議日程がタイトなっているからだ。
 実は、この派遣法改正案は、前回の通常国会において、条文や配布資料にずさんなミスが相次ぐという「前代未聞」のトラブルで、頓挫してしまったという経緯がある。再度成立が危ぶまれていることから、一部からは「呪われた法案」とまでいわれるようになっている。

 従来の労働者派遣法では、企業が3年を超えて派遣労働者を受け入れることができなかった。しかし改正案では、人を入れ替えれば企業は3年を超えて受け入れが可能となる。3年という縛りが撤廃されることによって、派遣の恒久化が進むとして野党はこの法案に反対していた。

kourousho だが、この改正案は先の通常国会に提出された後になって、罰則規定の条文に重大なミスが見つかり、審議に入ることができなかった。国会の会期末を控え、衆議院議院運営委員会の理事会は、改正案を廃案とすることを決定した。条文そのものに重大なミスがあるというのは前代未聞のことであり、法案を作成した官僚の実務能力を疑う声も出ていた。

 政府では心機一転、今国会での成立を目指していたが、民主党など野党は、今国会最大の対決法案と位置付け、廃案に向け論戦を展開する方針であった。そこに降って湧いてきたのが、閣僚のダブル辞任である。
 小渕前経産相と松島前法務相の辞任にともなって野党の追求が激しくなっており、法案を成立させるためのスケジュールがタイトになってきている。与党内からは、成立できる法案を最優先すべきという声もあがっており、労働者派遣法は再び先送りという可能性が出てきた。

 国民からの反対意見が多く、野党が最大の攻撃材料にしようとしていた法案に重大なミスが見つかり、再提出した今国会では、閣僚ダブル辞任の影響で成立が危ぶまれる。偶然にしてはあまりにも出来すぎな状況といえる。やはりこの法案はあきらめた方がよいのかもしれない。

 - 政治

  関連記事

PHM11_0589
いくら緩和しても経済成長なんてムリ!日銀のホンネが聞こえてくる

 2014年度の消費者物価指数(CPI)上昇率見通しが日銀の目標値である1%に届 …

koutaishidenka
歴史は繰り返す!皇太子さまへの退位要求と転落の昭和史の類似性

 月刊誌新潮45に掲載された皇太子さまに退位を迫る論文が波紋を呼んでいる。論文を …

mof03
2017年度予算の概算要求額が出揃う。3年連続で100兆円の大台を突破

 財務省は2016年9月6日、各省庁が提出した2017年度予算の概算要求を取りま …

obama00001
米国で「財政の崖」回避に向け共和党が妥協か?減税マフィアの首領が権力を失う日

 感謝祭の休日を終え平常モードに戻った米国の政界で、いわゆる「財政の崖」をめぐる …

no image
英国の独立委員会がマスコミの自主規制を勧告。自主規制だらけの日本とは正反対

 タブロイド紙による有名人への電話盗聴事件をきっかけに英政府が立ち上げた独立調査 …

abeicshiba201409
地方創世の具体策検討開始。だが基本戦略でコンセンサスは得られているのか?

 政府は2014年9月19日、地方創世について有識者の意見を集める「まち・ひと・ …

obama00002
財政の崖をギリギリで回避。だがマーケットはとっくに織り込み済みで驚きはなし

 オバマ大統領と与野党の指導部は、いわゆる「財政の崖」の回避に向けた協議でほぼ合 …

nakatani
安保法制をめぐってはやくも不毛な議論。「昭和」の時代は続く

 今国会で審議が始まる安全保障関連法案をめぐって、早くも不毛なやり取りが行われて …

no image
銃撃で死亡した山本美香氏。ビデオジャーナリストの実態はTV局の下請労働者

 内戦が続くシリアで日本人ジャーナリストの山本美香氏が銃撃を受けて死亡した。勇気 …

airport
先進国と新興国の人材移動が活発に。グローバル時代の厳しい現実

 経済危機の長期化とグローバル経済の進展によって、先進国と新興国の間における人の …