ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

「呪われた法案」との声も。心機一転、再提出した派遣法改正案が再び先送り?

 

 今国会の目玉法案のひとつで、派遣労働者の受け入れ期間の上限を撤廃する労働者派遣法の改正案の行方が微妙な情勢となってきた。閣僚のダブル辞任によるゴタゴタで審議日程がタイトなっているからだ。
 実は、この派遣法改正案は、前回の通常国会において、条文や配布資料にずさんなミスが相次ぐという「前代未聞」のトラブルで、頓挫してしまったという経緯がある。再度成立が危ぶまれていることから、一部からは「呪われた法案」とまでいわれるようになっている。

 従来の労働者派遣法では、企業が3年を超えて派遣労働者を受け入れることができなかった。しかし改正案では、人を入れ替えれば企業は3年を超えて受け入れが可能となる。3年という縛りが撤廃されることによって、派遣の恒久化が進むとして野党はこの法案に反対していた。

kourousho だが、この改正案は先の通常国会に提出された後になって、罰則規定の条文に重大なミスが見つかり、審議に入ることができなかった。国会の会期末を控え、衆議院議院運営委員会の理事会は、改正案を廃案とすることを決定した。条文そのものに重大なミスがあるというのは前代未聞のことであり、法案を作成した官僚の実務能力を疑う声も出ていた。

 政府では心機一転、今国会での成立を目指していたが、民主党など野党は、今国会最大の対決法案と位置付け、廃案に向け論戦を展開する方針であった。そこに降って湧いてきたのが、閣僚のダブル辞任である。
 小渕前経産相と松島前法務相の辞任にともなって野党の追求が激しくなっており、法案を成立させるためのスケジュールがタイトになってきている。与党内からは、成立できる法案を最優先すべきという声もあがっており、労働者派遣法は再び先送りという可能性が出てきた。

 国民からの反対意見が多く、野党が最大の攻撃材料にしようとしていた法案に重大なミスが見つかり、再提出した今国会では、閣僚ダブル辞任の影響で成立が危ぶまれる。偶然にしてはあまりにも出来すぎな状況といえる。やはりこの法案はあきらめた方がよいのかもしれない。

 - 政治

  関連記事

mof03
財務省が歳出削減に本腰?社会保障費に加えて文教費もその対象に

 財務省が歳出削減に本腰を入れ始めている。背景にあるのは日本の財政問題である。消 …

namapo
生活保護が4月から減額の可能性。だが実態はただのスタンドプレーで根本解決にはならず

 生活保護の給付が来年4月から減額される可能性が高まってきた。田村憲久厚生労働相 …

mizunomaki
水野真紀が夫の後藤田議員と離婚寸前?確かに2人はスタート時点から躓きの連続

 女優の水野真紀が着々と離婚の準備を進めているとの噂が広がっている。よく知られて …

hasimoto2
橋下氏が石原氏とたちあがれの分断工作を開始。石原氏最大の弱点が露呈!

 次期衆院選を控えた「第三極」勢力の結集をめぐって、橋下徹大阪市長による「たちあ …

carlos
カルロス国王次女の脱税疑惑をきっかけに、スペインは過去の呪縛に挑戦する

 スペインのファン・カルロス国王の次女クリスティーナ王女が、脱税と資金洗浄(マネ …

minogamofuji
美濃加茂市長の無罪判決に検察側が控訴。弁護側は憲法違反と批判

 名古屋地方検察庁は2015年3月18日、岐阜県美濃加茂市の藤井浩人市長を無罪と …

nakamurashuji
中村修二氏のノーベル賞受賞であらためて問われる「発明の対価」

 今年のノーベル物理学賞は青色発光ダイオード(LED)を発明した名城大学の赤崎勇 …

may
英国首相に実務派のメイ内相が就任。市場には安心感が広がる

 英国の次期首相を選ぶ保守党の党首選は2016年7月11日、テリーザ・メイ内相と …

no image
ナイジェリアの公立学校で中国語教育始まる。国家覇権と言語は一体の関係

 中国が積極的に開発援助を行っているアフリカのナイジェリアで、公立学校における中 …

tusnami
避難場所の3割に津波。自分の身は自分で守るという意識こそが地域の安全を高める

 内閣府が東日本大震災の被災者に対して行ったアンケート調査で、自治体が指定する避 …