ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

貿易赤字は一定水準でほぼ安定。やはり円安は輸出増加に寄与せず

 

 財務省は2014年10月22日、9月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は9583億円の赤字だった。赤字は27カ月連続となっており、最長記録をさらに更新している。また、4月から9月までの上半期の貿易収支も5兆4271億円の赤字となり、過去最高水準となった。

 bouekitoukei 201409 貿易赤字は過去最長記録を更新しているものの、その水準は1兆円程度で安定してきている。日本は慢性的な貿易赤字体質が定着しているが、これは経済の成熟化にともなうものであり、逆行するのは難しいのが現実である。

 一方、日本は過去の貿易黒字の蓄積を原資とする運用収益(所得収支)があり、これは毎月1兆円から1兆5000億円程度になる。最終的な国の収支である経常収支は、おおまかにいえば貿易収支と所得収支を合わせたものなので、今の水準で貿易赤字が安定的に推移すれば、経常収支は黒字を維持することになる。

 経常収支の赤字化は、必ずしも経済成長にマイナスではないが、日本は成熟社会を前提にした産業構造の転換が遅れている。このため、国際収支の急激な変化は混乱をもたらす可能性があり、経常収支が当面黒字を維持するのは、望ましいといえる。

 円安の進行で輸出が増えないことは、ようやく社会的なコンセンサスを得られつつあるが、今月の貿易統計はそれをさらに後押しするだろう。輸出金額は円安の進行で増加したが、やはり輸出数量は金額ほどの伸びを示していない。
 日本企業は海外での生産を増やしており、円安は輸出数量の増加に寄与しない。付加価値の低い製品はコストの安い海外で生産し、輸入という形で国内需要を満たすのは自然なことである。重要なのは、内需においてより付加価値の高い産業を育成することであり、それができなければ、成熟国家として、成長を維持することは難しい。

  円安によって海外からの投資収益は増加するので、十分に原資はある。経常収支が安定しているうちに、国内産業の体質転換を進めていく必要があるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

factory03
欧州と米国で製造業の好調な指標が相次ぐ。世界経済が大きく変化する兆候か?

 欧州と米国の製造業に関する良好な指標が相次いでいる。調査会社マークイットが8月 …

euhonbu
EUが太陽光パネルのダンピングで中国と和解。大きな混乱はない模様

 中国製の太陽光パネルが不当に安く販売されているとして、欧州連合(EU)が反ダン …

tosho05
日本の株式市場が賭博場になったのは、企業のダブルスタンダードが原因?

 持続的な成長を実現するために、企業と投資家の間にどのような関係が必要なのかにつ …

no image
フランスの高級ワイナリーを中国人が大人買い。その真相は?

 フランスの2大ワイン産地の一つであるブルゴーニュ地方にある老舗ワイナリー(現地 …

toshiba03
市場の予想通り、東芝の不適切会計は全社的な問題に拡大中

 東芝の不適切な会計処理が、当初の発表とは異なり、総額で2000億円規模に膨れあ …

MAC
マクドナルドが7年ぶり減益。だが原田マジック消滅との報道は過剰反応

 日本マクドナルドホールディングスは3月19日、株主総会を開催した。同社の201 …

setsubitousi
11月の機械受注は回復見られず。10~12月のGDPも厳しい状況か?

 内閣府は2015年1月15日、11月の機械受注統計を発表した。主要指標である …

amari
本来の趣旨とは正反対。法人税減税議論は活力を削ぐ後ろ向きな話題ばかり

 法人税の実効税率引き下げの財源として、企業の赤字繰り越しを縮小する案が浮上して …

bouekitoukei 201510
10月の貿易収支は黒字だが、経済環境が大きく変わったわけではない

 財務省は2015年11月19日、10月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を …

usmanov
英国長者番付に見るウィンブルドン方式の実態。日本人にこれを受け入れる覚悟はある?

 英サンデータイムズ誌は4月21日、毎年恒例の億万長者リストを発表した。結果は上 …