ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米キャタピラーの決算を見る限り、世界経済減速の米国への影響は限定的

 

 米建設機械大手のキャタピラーは2014年10月23日、2014年7~9月期の決算を発表した。全世界に建設機械を販売している同社の決算は、世界経済の状況を色濃く反映することから、多くの市場関係者が注目している。今回の決算では、世界経済が米国に一極集中している状況があたらめて確認された形となった。

caterpilar

 売上高は135億4900万ドル(約1兆4600億円)で前年同期比1%のプラスとなった。純利益は前年同期比7%増の10億1700万ドル(約1098億円)であった。北米での売上げが好調だったことから、売上高、利益とも拡大したが、欧州やアジアは売上げが減少している。

 北米で特に好調だったのは、エネルギー・輸送関係で前年同期比で33%の増加となった。好調な経済を背景に輸送インフラの整備が進んでいることが分かる。一般的な建設機器も9%の増加となっており、全分野にわたって建設需要が存在しているようだ。少なくとも同社の決算を見る限りでは、米国経済は好調と考えられる。

 これと正反対だったのがラテンアメリカで下落幅は19%に達している。世界経済の減速懸念から、鉱山開発のペースが鈍化しており、同地域での売上げ減少につながった。ラテンアメリカにおける鉱山関係の売上げは31%ものマイナスである。建設需要が引き続き低迷している中国の影響から、アジア地域の売上げも7%の減少となっている。

 同社では北米における需要は引き続き堅調とみており、通期での利益予想を引き上げている。欧州や他の地域のマイナスを北米がカバーする図式である。
 このところ、欧州や中国の景気失速が顕著になってきており、米国経済にそれが波及するのではないかとの懸念が出てきている。だが同社の経営状況を見る限りでは、他の地域の不振が米国に及ぼす影響はそれほど大きくないと考えられる。

 ちなみにIMF(国際通貨基金)は2014年10月7日、世界経済見通しを発表した。2014年のGDP成長率については、前回見通しより0.1ポイント引き下げ、プラス3.3%とした。ユーロ圏は前回見通しから0.3ポイント引き下げられ、プラス0.8%であった。一方、米国は逆に見通しが引き上げられており、0.5ポイント増加のプラス2.2%となっている。

 - 経済

  関連記事

asakusa02
訪日外国人観光客は海外旅行に出かける日本人の1.3倍も消費している

 政府は2015年6月5日、観光立国推進閣僚会議を開催し、訪日外国人を2000万 …

ieren201409
FRBが「忍耐強く」の表現を削除。利上げは予定通りで、利上げ幅は極小との観測も

  米FRB(連邦準備制度理事会)は2015年3月18日、FOMC(連邦公開市場 …

sharp
シャープがLIXILなどに出資要請との報道。シャープペンシルの時代に逆戻り?

 経営再建中のシャープが、複数の事業会社に対して出資要請を検討していることが明ら …

birukensetsu
4~6月期GDPは予想通りマイナス成長。いよいよアベノミクスの成果が問われる局面へ

 内閣府は2015年8月17日、2015年4~6月期のGDP(国内総生産)速報値 …

mof02
財務省が物価連動国債を個人にも解禁。足元では金利低下が続いているが・・

 財務省は2014年5月13日、物価連動国債の個人保有を2015年1月から解禁す …

nichigin02
マネーストックの伸びは順調。だが絶対値では量的緩和以降、横ばいの傾向

 日銀は10月11日、9月のマネーストック(マネーサプライ)速報を発表した。代表 …

banri
万里の長城遭難ツアー会社は死亡事故2回目。危険ツアーが組まれる背景とは?

  中国の「万里の長城」付近で起きた日本人ツアー客4人が遭難した事故で、ツアーを …

linia
総工費9兆円。リニア建設に伴う過剰負債で、JR東海は旧国鉄時代に逆戻り?

 2027年に開業予定のリニア中央新幹線の詳細な走行ルートが明らかになった。リニ …

no image
インテルとクアルコムがシャープに出資?事実だとしてもインパクトは小さい

 出所不明の情報が跳梁跋扈するシャープ周辺からまた奇妙なニュースが飛び込んできた …

no image
税収上振れで1兆5000億円近い剰余金。使い道をめぐって攻防が激化?

 財務省は2014年7月3日、2013年度決算概要を発表した。それによると、一般 …