ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米キャタピラーの決算を見る限り、世界経済減速の米国への影響は限定的

 

 米建設機械大手のキャタピラーは2014年10月23日、2014年7~9月期の決算を発表した。全世界に建設機械を販売している同社の決算は、世界経済の状況を色濃く反映することから、多くの市場関係者が注目している。今回の決算では、世界経済が米国に一極集中している状況があたらめて確認された形となった。

caterpilar

 売上高は135億4900万ドル(約1兆4600億円)で前年同期比1%のプラスとなった。純利益は前年同期比7%増の10億1700万ドル(約1098億円)であった。北米での売上げが好調だったことから、売上高、利益とも拡大したが、欧州やアジアは売上げが減少している。

 北米で特に好調だったのは、エネルギー・輸送関係で前年同期比で33%の増加となった。好調な経済を背景に輸送インフラの整備が進んでいることが分かる。一般的な建設機器も9%の増加となっており、全分野にわたって建設需要が存在しているようだ。少なくとも同社の決算を見る限りでは、米国経済は好調と考えられる。

 これと正反対だったのがラテンアメリカで下落幅は19%に達している。世界経済の減速懸念から、鉱山開発のペースが鈍化しており、同地域での売上げ減少につながった。ラテンアメリカにおける鉱山関係の売上げは31%ものマイナスである。建設需要が引き続き低迷している中国の影響から、アジア地域の売上げも7%の減少となっている。

 同社では北米における需要は引き続き堅調とみており、通期での利益予想を引き上げている。欧州や他の地域のマイナスを北米がカバーする図式である。
 このところ、欧州や中国の景気失速が顕著になってきており、米国経済にそれが波及するのではないかとの懸念が出てきている。だが同社の経営状況を見る限りでは、他の地域の不振が米国に及ぼす影響はそれほど大きくないと考えられる。

 ちなみにIMF(国際通貨基金)は2014年10月7日、世界経済見通しを発表した。2014年のGDP成長率については、前回見通しより0.1ポイント引き下げ、プラス3.3%とした。ユーロ圏は前回見通しから0.3ポイント引き下げられ、プラス0.8%であった。一方、米国は逆に見通しが引き上げられており、0.5ポイント増加のプラス2.2%となっている。

 - 経済

  関連記事

ieren02
FRB、緩和縮小を継続。ただし、利上げはまだ先で株価にはプラスか?

 米国の中央銀行にあたるFRB(連邦準備制度理事会)は2014年6月18日、FO …

tosho
株高で富裕層はウハウハ?日本ではなぜ庶民が株高の恩恵を受けられないのか?

 このところの株高で富裕層の消費が拡大していることが明らかになった。日本百貨店協 …

usabouekitoukei
米国の貿易収支改善が顕著に。世界経済の大きな枠組みが変わりつつある

 米商務省は2014年1月7日、2013年11月の貿易収支(季節調整済み、サービ …

abe
安倍総裁が景気が悪い場合の消費増税中止を示唆。狙いは予算バラマキの継続的な拡大

 自民党の安倍総裁は、2014年4月に実施される消費税増税について、GDPの数字 …

nissanngone
日産が三菱を救済。安い買い物か、高い買い物かは現時点では不透明

 日産自動車は2016年5月12日、データ改ざん問題で揺れる三菱自動車に約240 …

Mario Draghi
欧州中央銀行がとうとう時間軸政策を採用。FRBや日銀と同じスタンスに

 小康状態が続いていた欧州経済に再び動揺が走っている。これまで5%台で推移してい …

shogaigenneki
厚労省が年金の維持可能性検証をスタート。全国民・生涯現役が必須要件か?

 厚生労働省は、長期間にわたって年金を維持することが可能なのかについての検証作業 …

amari
政府が正式にTPP交渉参加を表明へ。だが交渉は大詰めで時すでに遅しか?

 安倍首相は3月15日に、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の交渉参加を正式 …

tokyowan
政府が来年度の経済成長見通しを発表。公共事業の実質削減で成長も鈍化

 政府は2013年12月21日、来年度の経済成長見通しを発表した。物価の変動を考 …

siniasumaho
日本のスマホ普及率予測が低いのは高齢化が原因?。それとも固定への過剰投資?

 日本のスマホ普及率が頭打ちになるという市場予測が話題となっている。米国の調査会 …