ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米キャタピラーの決算を見る限り、世界経済減速の米国への影響は限定的

 

 米建設機械大手のキャタピラーは2014年10月23日、2014年7~9月期の決算を発表した。全世界に建設機械を販売している同社の決算は、世界経済の状況を色濃く反映することから、多くの市場関係者が注目している。今回の決算では、世界経済が米国に一極集中している状況があたらめて確認された形となった。

caterpilar

 売上高は135億4900万ドル(約1兆4600億円)で前年同期比1%のプラスとなった。純利益は前年同期比7%増の10億1700万ドル(約1098億円)であった。北米での売上げが好調だったことから、売上高、利益とも拡大したが、欧州やアジアは売上げが減少している。

 北米で特に好調だったのは、エネルギー・輸送関係で前年同期比で33%の増加となった。好調な経済を背景に輸送インフラの整備が進んでいることが分かる。一般的な建設機器も9%の増加となっており、全分野にわたって建設需要が存在しているようだ。少なくとも同社の決算を見る限りでは、米国経済は好調と考えられる。

 これと正反対だったのがラテンアメリカで下落幅は19%に達している。世界経済の減速懸念から、鉱山開発のペースが鈍化しており、同地域での売上げ減少につながった。ラテンアメリカにおける鉱山関係の売上げは31%ものマイナスである。建設需要が引き続き低迷している中国の影響から、アジア地域の売上げも7%の減少となっている。

 同社では北米における需要は引き続き堅調とみており、通期での利益予想を引き上げている。欧州や他の地域のマイナスを北米がカバーする図式である。
 このところ、欧州や中国の景気失速が顕著になってきており、米国経済にそれが波及するのではないかとの懸念が出てきている。だが同社の経営状況を見る限りでは、他の地域の不振が米国に及ぼす影響はそれほど大きくないと考えられる。

 ちなみにIMF(国際通貨基金)は2014年10月7日、世界経済見通しを発表した。2014年のGDP成長率については、前回見通しより0.1ポイント引き下げ、プラス3.3%とした。ユーロ圏は前回見通しから0.3ポイント引き下げられ、プラス0.8%であった。一方、米国は逆に見通しが引き上げられており、0.5ポイント増加のプラス2.2%となっている。

 - 経済

  関連記事

businessman02
消費税を増税した途端に景気減速?7~9月期のGDPは前期よりも落ち込む可能性大

 2013年11月13日に公表予定の7~9月実質GDPの数値は、好調だった4~6 …

casino
カジノ解禁をめぐって依存症の問題が急浮上。だが本質はそこではない

 現在、政府内部で検討が進むカジノ解禁をめぐって、ギャンブル依存症に関する話題が …

bspl
市場に対する宣戦布告?決算短信から財務諸表を不要とする案が急浮上

 株式市場における情報開示に関して、驚くべき議論が進んでいる。投資家がもっとも重 …

tokyotower02
円安で訪日外国人客が急増。ただし、国際的に見ると日本への観光客は異常に少ない

 日本政府観光局(JNTO)は5月22日、4月における訪日外国人客数を発表した。 …

no image
フィリップスのAV機器事業部を買収した船井電機ってどんな会社?

 船井電機は29日、オランダの電機大手フィリップスから、AV機器事業を買収すると …

winefund
国内唯一のワインファンド会社が破産。投資家には虚偽報告の可能性

 ワイン投資ファンドを運営する株式会社ヴァンネットが東京地裁に自己破産を申請した …

no image
震災復興費は大手メーカーが流用していた。日本の製造業はもはや「保護産業」

 復興予算の流用や付け替えが問題となっているが、その流用先に大手メーカーが多数含 …

ieren
バーナンキFRB議長の後任はイエレン副総裁が有力。市場関係者も歓迎か?

 2期目を迎えるオバマ政権の主要閣僚がほぼ出揃ってきたことで、来年1月に任期を迎 …

koureishasigoto
働く高齢者が1割を突破。だが一方で働かなくてよい人との格差は縮小せず

 働く高齢者の割合いが就労者全体の1割に達したことが総務省の労働力調査で明らかに …

bouekitoukei201308
8月の貿易統計。貿易赤字体質は変わらないものの、輸出価格下落に歯止め?

 財務省は9月19日、8月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …