ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

消費低迷で高まる増税先送り論。だが現実には決断は困難?

 

 消費の低迷が顕著になってきたことから、消費税の10%増税に反対する声が高まってきている。だが、増税先送りは日本の財政に与える影響が極めて大きく、簡単に踏み切れるものではない。閣僚のダブル辞任で揺れる安倍政権は難しい選択を迫られそうだ。

abe20141021b

 日本経済新聞が実施した最新の世論調査では、消費税の10%への増税について70%が反対と回答しており、過去最高水準となった。与党内の一部からも、消費増税は先送りすべきとの声が出てきている。

 ただ増税先送りには課題も多い。もっとも影響が懸念されるのは財政である。
 日本政府は2020年までに基礎的財政収支を黒字にするという公約を掲げている。消費税を10%に増税してもその達成はかなり難しいといわれているが、増税を先送り、もしくは凍結してしまうと、その達成はほぼ不可能となる。

 最終的に財政を好転させる要因となるのは景気動向であり、景気が順調に回復すれば税収は増加し、財政も好転する。だが現状の日本経済では、消費税の増税を先送りしても、持続的な経済成長が実現できる保証はまったくない。増税先送りで財政問題が顕在化するくらいなら、増税を実施した方がまだマシというのが、増税派の見解である。

  税は中長期的に見れば景気に対して大きな影響を与えないはずである。増税で政府が得た所得は、最終的には政府支出という形で消費されるからだ。個人レベルで考えても、それは同じである。増税前に駆け込みでモノを購入しても、生活必需品は今後も買い続ける必要がある。増税前に駆け込みで購入することのメリットはそれほど大きくない。

 この理屈からすると、8%への増税でここまで消費が低迷するはずがないということになるが、現実は異なる。日本の家計はかなり弱体化しており、増税前のわずかなメリットを求めてあれだけの駆け込み需要が発生し、その反動で消費が低迷している。やはり日本の経済構造そのものに大きな問題があると考えた方がよさそうだ。

 日本の財政が問題視されたからといって、日本の国債が紙くずになる可能性は極めて低い。だが、財政に対する不信任から国債に対する売り圧力が高まり、金利が数%に上昇しただけでも、日本政府の利払いは税収を上回り、予算が組めなくなる可能性がある。国債が暴落するかどうかといった極論が戦わされてるが、問題の本質はそこではないのだ。

 財政リスクを最優先して増税をスケジュール通り実施するのか、増税先送りで目先の景気を取るのか、それとも痛みを伴う改革を実施するのか、進むも地獄、退くも地獄という状況となりつつある。

 - 政治, 経済 ,

  関連記事

yamasita
CDはボロボロ、ダウンロード販売も激減。音楽業界はもはやシニア向けビジネス?

 CDの販売不振で苦しめられてきた音楽業界がさらに苦境に立たされている。頼みの綱 …

suga20140204
今回の株価下落はアベノミクス失望売りなのか?という議論が不毛である理由

 ここ数日、株価が急落していることについて、アベノミクスに対する失望が原因なのか …

gabanansu
ないよりはマシ?安倍政権が成長戦略に企業統治を盛り込む方針を表明

 安倍首相は2014年6月3日、経団連の会合で講演し、コーポレートガバナンスを成 …

shukinpei07
中国政府がとうとう戸籍問題の改革に着手。中国の統治は大きな岐路に

 中国が長年の懸案事項であった戸籍改革に乗り出す。中国政府は2014年7月30日 …

yamatochina
ヤマトの新しいサービスは、日本のネット通販の中国販路拡大に寄与するか?

 宅配大手のヤマトホールディングスは2014年3月24日、日本のネット通販事業者 …

chinahodokan00
尖閣問題に関する玄葉外相の寄稿に中国女性報道官が反論。だが意外にもボロを出した

 尖閣諸島問題で中国にいいように振り回されてきた日本政府だが、久しぶりに中国側を …

viralmedia
今注目のバイラル・メディアは、ネット媒体の収益化に関する壮大な実験場

 米国でバイラル・メディアと呼ばれる新しいネット・メディアが急成長している。日本 …

yukashi03
このタイミングでアブラハム社が行政処分となった背景は何か?

 証券取引等監視委員会が投資助言会社アブラハム・プライベートバンクを行政処分する …

kanntei
薬のネット解禁判決に対抗して政府は薬事法改正を画策。日本に「法の支配」は存在しない

 一般用医薬品(大衆薬)のインターネット販売を禁止した厚生労働省令は違法だとして …

aseandefensemtng
ASEAN国防相会議で中国との衝突回避策が合意。アジア地域の米中主導色強まる

 東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国と日米中の国防相が参加する、ASEAN拡 …