ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ツイッターの第3四半期決算。内容はそこそこだったが、市場は敏感に反応

 

 短文投稿サイトの米ツイッターは2014年10月27日、2014年7~9月期の決算を発表した。予想よりも弱めの数字だったことから、同社の株価は時間外取引で10%以上も下落した。ただ、決算内容はある程度予想されたものであり、決算に対する大きな失望という解釈は、売るための材料であったと考える方が自然である。

twitter

 今期の売上高は3億6127万ドル(約389億円)で前年同期比で約2倍。最終損益は1億7546億ドル(約189億円)の赤字。研究開発費や広告宣伝費の増大で赤字額が増えた。
 平均月間利用者数は2億8400万人となり前年同期比で23%増加した。このうちモバイル端末からの利用者数は全体の8割を占めている。タイムライン閲覧数は1810億回で前年同期比で14%増だった。

 当初、同社は利用者数の増加に応じてタイムライン閲覧数も伸びていたが、2013年10~12月期の決算で状況が変わった。月間利用者数が伸びているにもかかわらず、タイムライン閲覧数が前期比でマイナスに転じたのである。
 その後、2014年1~3月決算ではタイムライン閲覧数の伸びが前期比プラス6.1%に回復、4~6月期の決算ではプラス10.2%と持ち直した。ただ、今期は4.6%と伸びがやや鈍化している。利用者数の伸びもほぼ同程度なので、収益力という点で変化はなかったことになる。1人の利用者から得られる収益は一定レベルに収束しつつあり、今後、同社の業績は利用者数に依存する可能性が高くなってきた。

 今年の1月には70ドルを突破していた同社の株価は、収益の不透明性から急落し、一時は30ドル前後まで売られていた。だが、閲覧数が回復に転じたことで現在は50ドル前後まで回復している。このところ米国の株式市場は、世界経済の動向をめぐって神経質な展開となっており、同社のような成長期待銘柄は、ちょっとしたことで売られやすい環境にある。

 今回、閲覧数の伸びが鈍化したからといって、今後の成長に急ブレーキがかかるかどうかは分からない。だが、以前に期待されていたような高い利益成長を望むが困難になっているのは確かである。今後、同社の適正な株価水準をめぐっては、しばらく市場において試行錯誤が続くことになるだろう。

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

sonyenergy
もはやゴミ箱?産業革新機構が今度は爆発事故の前歴があるソニーの電池事業を救済

 ソ ニーが政府系ファンドの産業革新機構と電池事業の売却交渉に入った。22日の日 …

jinkousinzo
体内埋め込み型の人工心臓が仏で臨床試験開始。実用化できれば画期的

 フランスの医療器具メーカーであるCarmat社は2013年12月20日、体内埋 …

softbankpepason
四半期決算好調も株価が冴えないソフトバンク。重しはやはり米国事業

 ソフトバンクの米国事業が同社の株価の重しとなっている。足元の業績は好調だが、本 …

Thatcher
構造改革路線の生みの親、英国のサッチャー元首相が死去

 英国の元首相で「鉄の女」ともいわれたマーガレット・サッチャー氏が4月8日、脳卒 …

nanba
DeNA創業者の南場智子氏が現場復帰。社長復帰説がくすぶっているが

 夫の看病を理由にDeNAの社長を退任し、近頃、フルタイムの場復帰を宣言した南場 …

ieren02
米FRB利上げにさらに一歩踏み込むも、緩和スタンス継続にも言及

 米FRB(連邦準備制度理事会)は2014年12月17日、FOMC(連邦公開市場 …

beijing
中国経済の実態を表す「本物」の経済統計が発表。格差は世界最悪の水準

 中国経済の本当の姿を示す調査結果が市場で話題となっている。四川省の大学が失業率 …

reitbuild
マイナス金利政策唯一の成果?低迷する日経平均を尻目にREITが絶好調

 日経平均株価の低迷が続く中、REIT(不動産投資信託)が好調に推移している。日 …

kurodashirakawa
実は似た者同士?正反対といわれる黒田、白川両総裁には共通の目的があった?

 従来の日銀とはまったく異なる異次元の金融政策を打ち出した黒田総裁は、前総裁の白 …

no image
株式投資を促す私的年金制度を検討へ。だが現在の日本で「貯蓄から投資」はムリ

 1600兆円にのぼる個人金融資産の活用について議論する、財務省・金融庁の金融・ …