ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

財務省が歳出削減に本腰?社会保障費に加えて文教費もその対象に

 

 財務省が歳出削減に本腰を入れ始めている。背景にあるのは日本の財政問題である。消費の低迷から、消費税増税を先送りしようという声も上がっているが、こうした動きとの関連性を指摘する声もある。

 mof03 財務省は社会保障費と文教費の削減を軸とした歳出見直し案をまとめ、財政制度審議会に提示した。財政負担がもっとも重い分野のひとつである年金については、現状のマクロ経済スライド制の撤廃、支給開始年齢の引き上げ、高所得者に対する給付の見直しなどが盛り込まれている。

 生活保護は、住宅扶助と医療扶助の二つで構成されているが、住宅扶助については地域ごとの特性を考慮して給付水準の見直しを行うことを提言している。また医療扶助については、ジェネリック医薬品の利用を促進することで歳出削減を目指す。

 文教費で焦点となっているのは、公立小学校の35人学級制である。財務省では、35人学級と40人学級で目立った成果の違いがないとして、40人学級に戻すことを提言している。40人に戻した場合、必要な教職員の数を4000人減らせるという。

 日本政府は2020年に基礎的財政収支を黒字にするという公約を掲げている。だが、この公約は、消費税を10%に増税しても達成が極めて難しいとされている。特に大きいのが年金と医療である。

 年金については、徴収額よりも給付額の方が圧倒的に多く、公的年金の運用原資を取り崩している状態にある。年金財政を破たんさせないためには、給付水準の見直しは必至の状況となっている。医療費も高齢化に伴って増加が顕著となっている。医療費には年金のような積立金はないので、経費の増大はその年の財政に直接影響してくる。

 これまでも財政健全化の観点から歳出削減については議論されてきた。だが、このところの財務省の動きはかなり積極的である。
 現在、日本の国債は量的緩和策で日銀が積極的に購入していることもあり、高値で安定的に推移している。だがこれは一種の国債バブルであり、いつかはこの状態が解消されることになる。日本の金利が数%に上昇するような事態となれば、税収の多くは利払いに消え、適正な予算が組めなくなってしまう。市場関係者の一部からは、財務省が財政健全化に向けて本腰を入れ始めたのではないかと見ている。

 このところ麻生財務大臣からは、消費税10%増税を前提とした発言が相次いでおり、スケジュール通りの増税を財務省が強く求めていることが分かる。財務省の歳出削減案は、消費税増税の決断にも影響を与えそうだ。

 - 政治 , ,

  関連記事

kitachosen
トランプ政権が思わずホンネ?核を放棄すれば北朝鮮の体制を維持するとのメッセージ

 米軍がアフガニスタンにMOAB(モアブ)と呼ばれる強力爆弾を投下した。あくまで …

ecb
EUが銀行監督一元化で合意。欧州は後戻りできない道に入った!

 欧州連合(EU)は13日に開いた財理事会で、ユーロ圏の銀行監督業務をECB(欧 …

wine02
貿易戦争?中国がEUの関税措置に対する報復として、欧州産ワインを標的に

 中国商務省は6月5日、欧州産ワインが中国で不当に安く売られているという業界から …

ogabamayosan2014
オバマ大統領が来年度予算案を提出。国債依存度は20%だが、米国では高いとの認識

 オバマ米大統領は4月10日、総額3兆7780億ドル(約370兆円)となる201 …

doparubyu
フランスの著名俳優が富裕層増税に反発してロシアに移住。著名人の国外脱出が相次ぐ

 ロシア政府は3日、フランスの著名俳優ジェラール・ドパルデュー氏にロシア国籍を付 …

yakuinousetsu
日本企業の経営環境が激変?金融庁と東証がまとめた統治指針案のインパクト

 金融庁と東京証券取引所は、上場企業に少なくとも2名以上の社外取締役の設置を求め …

f35
ステルス戦闘機の部品製造に日本企業が参入可能に。だが防衛産業の台所事情は苦しい

 政府は航空自衛隊の次期主力戦闘機として導入する米ロッキード・マーティン社製のス …

no image
ロムニー氏が弱者軽蔑発言。正論なのだが何が問題となっているのか?

 「米国民の47%は政府にタカっている」。共和党のロムニー大統領候補の弱者軽蔑と …

amazondrone
米国が無人機の商用利用ルールの原案を提示。本格普及に向けて動き出す

 米当局がとうとう無人機(ドローン)の商用利用に向けて本格的に動き始めた。実際に …

mof
10年後には国債1000兆円との財務省試算。だが前提条件が甘く、現実はもっと厳しい

 財務省は3月6日、国債の残高が10年後の2022年度末に1000兆円を超えると …