ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

財務省が歳出削減に本腰?社会保障費に加えて文教費もその対象に

 

 財務省が歳出削減に本腰を入れ始めている。背景にあるのは日本の財政問題である。消費の低迷から、消費税増税を先送りしようという声も上がっているが、こうした動きとの関連性を指摘する声もある。

 mof03 財務省は社会保障費と文教費の削減を軸とした歳出見直し案をまとめ、財政制度審議会に提示した。財政負担がもっとも重い分野のひとつである年金については、現状のマクロ経済スライド制の撤廃、支給開始年齢の引き上げ、高所得者に対する給付の見直しなどが盛り込まれている。

 生活保護は、住宅扶助と医療扶助の二つで構成されているが、住宅扶助については地域ごとの特性を考慮して給付水準の見直しを行うことを提言している。また医療扶助については、ジェネリック医薬品の利用を促進することで歳出削減を目指す。

 文教費で焦点となっているのは、公立小学校の35人学級制である。財務省では、35人学級と40人学級で目立った成果の違いがないとして、40人学級に戻すことを提言している。40人に戻した場合、必要な教職員の数を4000人減らせるという。

 日本政府は2020年に基礎的財政収支を黒字にするという公約を掲げている。だが、この公約は、消費税を10%に増税しても達成が極めて難しいとされている。特に大きいのが年金と医療である。

 年金については、徴収額よりも給付額の方が圧倒的に多く、公的年金の運用原資を取り崩している状態にある。年金財政を破たんさせないためには、給付水準の見直しは必至の状況となっている。医療費も高齢化に伴って増加が顕著となっている。医療費には年金のような積立金はないので、経費の増大はその年の財政に直接影響してくる。

 これまでも財政健全化の観点から歳出削減については議論されてきた。だが、このところの財務省の動きはかなり積極的である。
 現在、日本の国債は量的緩和策で日銀が積極的に購入していることもあり、高値で安定的に推移している。だがこれは一種の国債バブルであり、いつかはこの状態が解消されることになる。日本の金利が数%に上昇するような事態となれば、税収の多くは利払いに消え、適正な予算が組めなくなってしまう。市場関係者の一部からは、財務省が財政健全化に向けて本腰を入れ始めたのではないかと見ている。

 このところ麻生財務大臣からは、消費税10%増税を前提とした発言が相次いでおり、スケジュール通りの増税を財務省が強く求めていることが分かる。財務省の歳出削減案は、消費税増税の決断にも影響を与えそうだ。

 - 政治 , ,

  関連記事

abe20140213
安倍政権が河野談話を巡り迷走。欧州最強国家となったドイツとの違いは歴然

 安倍首相は2014年3月14日、従軍慰安婦の強制について認めた1993年のいわ …

chinahodokan00
尖閣は「核心的利益」との中国側発言は確信犯か勇み足か?

 中国外交部(外務省)の華春瑩報道官は4月26日、定例記者会見において、尖閣諸島 …

ishiba03
石破氏が一転して入閣を受諾。ポスト安倍は遠のいたのか?

 内閣改造の最大の焦点となっていた石破幹事長の処遇は、石破氏が幹事長を辞任し、重 …

kousokumuryouka
GDP改定値は政府の目論見通り大幅上方修正。消費税増税はほぼ確実か?

 内閣府は2013年9月9日、4~6月期GDP(国内総生産)の改定値を発表した。 …

abekaiken
安倍政権が閣議決定で憲法解釈見直しを行う理由とその影響

 安倍首相は2014年2月20日の衆院予算委員会において、集団的自衛権の行使容認 …

takeshima
朴槿恵氏の大統領就任で韓国経済や日韓関係はどうなるか?

 与党セヌリ党の朴槿恵(パク・クネ)候補が大統領に選出されたことで、韓国はどのよ …

chinasinkubo
中国が初の国産空母を旧ピッチで建造中。問題はその次の国産空母

 中国が初の国産空母の建造を急ピッチで進めている。今のペースが維持された場合、2 …

abeobana201404002
政権内部から相次ぐオバマ大統領への批判。中国への意図せざるサインになる可能性も

 日米首脳会談終了後、とりあえず共同宣言をまとめることができたものの、日米間のギ …

mof
日銀総裁の交代とTPPで財務省人事に動き。ただ次官レースには大きな影響はない

【本記事は2013年3月のものです。財務省の最新の人事情報記事はこちらです】「木 …

sharp
シャープがまさの赤字転落。だがこの事態は昨年からすでに予想されていた

 業績回復のメドが立ったと思われていたシャープに再び暗雲が漂っている。2015年 …