ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

フェイスブックの3Q決算はまずまず。今後は成長投資の加速で経費は増大

 

 SNS最大手の米フェイスブックは2014年10月28日、2014年7~9月期の決算を発表した。売上高は前年同期比59%増の32億300万ドル(約3459億円)、純利益は90%増の8億600万ドル(870億円)になった。成長率は多少鈍化したが、利用者数、収益ともまずますの伸びとなった。

facebookmobile

 9月末時点における月間利用者数は13億5000万人で昨年よりも13.4%増加した。モバイル端末経由の利用者は全体の83%となっており、こちらも増加傾向が続いている。フェイスブックはすでに完全にモバイル・ユーザーからの収益に支えられているといってよい。

 ただ、4~6月期に比べると利用者数の伸びや売上高の伸びが多少鈍化している。問題となるようなレベルではないが、伸びの鈍化が今後も継続するようだと、成長期待が薄れてくる可能性がある。
 また同社では、買収したチャットアプリ「ワッツアップ」について、利用者数を拡大するための投資を行うとしている。フェイスブック本体も成長拡大のために費用を上乗せする計画となっており、今後は経費の増加が予想されている。今後は、こうした成長への投資が収益にどのように貢献してくるのかに注目が集まってくるだろう。

 同社の利用者がもっとも多いのはアジア地域で全体の3割を占める。しかし、収益は完全に北米に依存しており、全体の約半分を稼ぎ出している(利用者数は15%程度)。北米依存の問題は以前から指摘されているが、今期の決算でもその傾向に変化はない。

 同じ成長投資を行うにしても、北米での収益力を強化するのと、グローバルな視点で収益化を目指すのとでは、やり方が大きく変わってくる。北米依存度をさらに高めてでも、収益化しやすい地域に重点投資するのか、大きなフロンティアを目指すのか、このあたりについても決断が迫られることになるだろう。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

girishagikai
ギリシャの国民投票は緊縮策にNo。約束手形の発行となれば、事実上のドラクマ復活?

 IMF(国際通貨基金)など国際機関に対する支払いができない状態にあるギリシャで …

herikomoney
ヘリコプターマネーを巡る首相官邸の危険な火遊び

 首相官邸周辺でヘリコプターマネー政策をめぐる危険な火遊びが進行している。今のと …

hasimoto2
維新の会が驚愕の選挙公約を明らかに。その恐ろしい内容とは?

 日本維新の会の次期衆院選に向けた驚くべき公約案が明らかになった。26日産経新聞 …

no image
スパイ企業?のファーウェイが英国本格進出。そのウラには何が?

 中国の通信機器メーカー大手、華為技術(ファーウェイ)が英国に6億ポンドを投資し …

bitcoin
ビットコイン消失事件をきっかけに、規制強化の動きが高まっているが・・・

 仮想通貨ビットコインが大量消失した事件に関し、取引所運営会社社長が逮捕されたこ …

businessman02
非正規社員の数が過去最多。このほかにも実質賃下げを示唆する出来事が増加中

 総務省は8月13日、4~6月期の労働力調査の結果を発表した。それによると、非正 …

matsuura
エイベックス松浦氏の富裕層イジメ発言を評価する際に注意すべき点とは?

 エイベックス・グループ・ホールディングス社長の松浦勝人氏による、日本は富裕層に …

fukusima03
事故後2年半で、すでにチェルノブイリ以上の発ガン率という調査結果をどう見るべきか?

 福島県は2013年11月12日、「県民健康管理調査」検討委員会において、福島原 …

tosho02
日経平均大暴落。常識で考えれば一時的な下落だが、そうとは言い切れない面も

 5月23日の日経平均株価は前日比1143円28銭安の1万4483円98銭と大幅 …

sumahokodomo
スマホが幼児に悪影響という小児科医会の主張。もっと具体的な情報が欲しい

 全国の小児科医などで作る日本小児科医会は、乳幼児にスマホやタブレットで長時間遊 …