ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

岩田日銀副総裁が物価目標実現の時期について実質的に前言撤回

 

 日銀の岩田総裁は2014年10月28日の参議院財政金融委員会で、物価目標の実現時期について「電車の時刻表のようにはできない」と延べ、当初の目標を達成することは簡単ではないとの認識を示した。

iwatakikuo

 日銀では2年で2%という物価目標を掲げて量的緩和策を実施してきた。だが足元の消費者物価指数は伸び悩みが顕著となっており、エコノミストの一部からは目標達成は難しいとの声が上がり始めている。
 物価上昇の具体的な時期を詳細に特定すること自体がナンセンスであり、その点において岩田氏の発言は間違っていないだろう。ただ、黒田総裁や岩田氏は、かなり明示的に、かつ人口に膾炙する形で物価目標に言及してきたのは事実である。
 特に岩田副総裁は2年で2%が達成できなかったら辞任するとまで明言しているが(この発言については説明責任を果たすという意味だったとしている)、こうした消費者の心理に訴えかける戦術には限界も見え始めている。

 量的緩和策は市場にインフレ期待を発生させることで、実質金利を低下させようという政策である。このため、ある程度、消費者の心理に訴えかけることは重要な戦術となる。
 量的緩和策への期待から日本では円安が進み、実質的にはこの円安によって物価上昇が進んできた。その意味では、心理的な効果はあったということになるが、高いインフレ期待による内需の拡大という状況にはなっていない。

 10月31日に発表になった9月の消費者物価指数(総合)は、代表的な指数である「生鮮食料品を除く総合(コア指数)」が前年同月比3.0%の上昇にとどまった。6月が 3.3%、7月が3.3%、8月が3.1%なので伸び率は着実に低下している。日銀では消費税による物価上昇を2%程度と見ているので、消費税の影響を除いた物価上昇率は 1.0%ということになる。このままでは物価目標の達成は難しい。

 日銀は徐々に物価目標の修正に動いており、今回の岩田氏の発言もその延長線上に位置付けられる。とりあえず2年という縛りは外れる可能性が高いが、逆に具体的な目標がなくなると、市場の期待が弱まるリスクもある。今後の舵取りはさらに難しくなったと考えるべきだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

runo
ルノーが往年の名車の復刻版を投入。これは自動車コモディティ化の予兆か?

 仏自動車大手のルノーが、往年の名車と呼ばれた「アルピーヌ」の復刻モデルを発売す …

recruit02
新卒採用で成績を重視する企業が増加。採用基準が迷走する理由とは?

 企業の新卒採用における選考基準が再び迷走を始めている。人物本位に傾いてた採用基 …

shanhai
過大な期待や悲観は無用!中国市場に対する3つの誤解を解く

 近年、日本は中国という存在に振り回される状況が続いてきた。当初は巨大市場に乗り …

nitibeigikai
日本と米国の政府予算を比較。米国は財政再建にほぼ道筋

 米国では予算教書が発表され、来年度の予算に関する議論が始まった。日本では1月に …

sangyoukyousouryoku
手詰まり感が出てきた新しい成長戦略。素案には抽象的なキーワードが並ぶ

 政府は2015年6月22日、産業競争力会議を開催し、今月末にまとめる成長戦略の …

kokuritsukyogijo
創造か破壊か?新国立競技場のあまりの奇抜さと巨大さに各方面から異論噴出

 2020年の東京オリンピック開催が正式決定したことで、メイン会場となる新国立競 …

toyotamatuda
トヨタとマツダが資本提携。中堅自動車メーカーはすべてトヨタ系列に?

 トヨタとマツダが資本提携することになった。相互に約500億円を出資し、共同で新 …

beikokuoil
原油価格の暴落で反米産油国が大打撃。地政学上のバランスは激変か?

 原油価格の下落が止まらない。背景には米国のシェールガス革命という供給要因があり …

mof03
特定業種だけを優遇する租税特別措置は、法人税減税の効果を半減させてしまう

 財務省は2014年2月、特定業種の税金を優遇する「租税特別措置」の適用件数が2 …

tokyotower
デフレにも関わらず東京の物価は世界1位。改革を先送りしたツケは大きい

 英経済誌エコノミストの調査部門であるエコノミスト・インテリジェンス・ユニット( …