ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

政府が資産の海外移転に対する対策を強化。だが本当の解決策は別なところにある

 

 個人が保有する海外資産の課税について政府が本格的な対策に乗り出している。すでに、海外資産の申告義務は導入されているが、含み益を抱えた株式への課税について検討が進められている。

globalmoney

 株式は見かけ上、利益が出ていても実際に売却してその利益を実現しなければ課税の対象とはならない。含み益を抱えた状態の株式を海外の証券会社に移管した場合も同様で、売却しない限りは課税されない。
 日本に住む日本人で移管した国が租税条約を結んでいれば、原理的には国内で納税する義務が生じるが、海外での株式売却を100%捕捉することは現実的に難しい。また本人がキャピタルゲイン課税のない国に移住し、住民票も移してしまった場合には、株式の売却益を支払う必要はなくなる。今回の措置はこうした事態を回避するためのものである。

 もっとも、純粋な株式投資で含み益を確保し、そのまま海外に持ち込んで移住するという人はほとんどいない。この制度のターゲットとなっているのは、自らが事業オーナーとなって株式を上場している実業家である。
 例えばベネッセホールディングス創業一族の福武總一郎氏は、今後の相続などを考え、ニュージーランドに生活の拠点を移している。こうした人々の株式の含み益は、数百億、数千億になるケースもあり、税務当局としては無視できない存在となる。

 こうした事業オーナーの中には、子息を海外に移住させ、会社の事業を時間をかけて海外に移管し、相続税を軽減させるケースもある。こうしたことが背景となり、政府は昨年から5000万円以上の海外資産の保有については申告を義務付けている。

 国内の資産が海外に移転すれば当然、課税のチャンスを失うので、税収確保という点では必要な措置ということになる。ただこうした問題に対する最良の解決策は、日本にいることが投資家や実業家にとってもっともメリットが大きいという状態を構築することであり、資産移転に対する課税強化は対症療法に過ぎない。

 米国は先進国の中では、法人税が高い部類に入る。資産を海外に移す資産家や実業家も一部にはいるが、むしろ中国の資産家などがこぞって米国に資産を移しており、米国は資金の流出よりも流入が大きい。税金が多少高くても、市場として安全で魅力的であれば、お金は出ていかないのである。

 その意味で安倍政権が掲げる、外国からの投資拡大は理にかなっているが、実際に日本が魅力的な場所なのかはまた別の問題である。

 - 経済 , ,

  関連記事

lottehoteru
ロッテグループのお家騒動で再び注目される、韓国の循環出資構造

 経営をめぐって創業家内部の争いが続いていたロッテホールディングスは2015年8 …

eikokumei
英国がEU単一市場からの撤退を表明。予想の範囲内だが、今後の交渉は難航か?

 英国のメイ首相はEU(欧州連合)からの離脱をめぐり、EU域内の単一市場から完全 …

tosho03
公的年金が海外インフラ投資への参入を検討。国内の株式はどうするの?

 日本の公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が運用指針の …

shanhai
購買力平価を基準にしたGDPでは、2014年に中国が世界1位に

 世界銀行が発表した2011年における購買力平価をベースにすると、中国のGDP( …

usakoyoutoukei201508
8月の雇用統計は良好と解釈するのが自然。利上げの判断材料は市場の耐性のみ

 米労働省は2015年9月4日、8月の雇用統計を発表した。 非農業部門の雇用者数 …

lewzaimuchokan
財政再建にメドを付けた米国。財政が悪化する日本。すべては金利次第という驚愕の事実

 米財務省は10月30日、2013年度の財政収支を発表した。財政赤字の規模が当初 …

mof
2014年度予算編成がスタート。別枠のバラマキ予算があり、最終的には96兆円規模か?

 2014年度予算の概算要求基準が8月8日、閣議了解された。各省は8月末までに概 …

sharp
シャープが再び巨額損失を計上。資本政策をめぐって経営陣は右往左往

 経営再建中のシャープは2015年5月14日、注目の2015年3月期決算を発表し …

aso
麻生財務相が高橋是清の政策をモデルにと言及。その後の展開を知っての発言なのか?

 麻生財務相は2月3日、NHKの番組に出演し、デフレ対策として戦前の政治家である …

wakamono
2000年を境に若者の意識は急激に変化した。厚労白書が示す日本社会の本質的転換点

 若者の意識は社会の変化を敏感に反映するといわれている。最新の厚生労働白書を見る …