ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

政府が資産の海外移転に対する対策を強化。だが本当の解決策は別なところにある

 

 個人が保有する海外資産の課税について政府が本格的な対策に乗り出している。すでに、海外資産の申告義務は導入されているが、含み益を抱えた株式への課税について検討が進められている。

globalmoney

 株式は見かけ上、利益が出ていても実際に売却してその利益を実現しなければ課税の対象とはならない。含み益を抱えた状態の株式を海外の証券会社に移管した場合も同様で、売却しない限りは課税されない。
 日本に住む日本人で移管した国が租税条約を結んでいれば、原理的には国内で納税する義務が生じるが、海外での株式売却を100%捕捉することは現実的に難しい。また本人がキャピタルゲイン課税のない国に移住し、住民票も移してしまった場合には、株式の売却益を支払う必要はなくなる。今回の措置はこうした事態を回避するためのものである。

 もっとも、純粋な株式投資で含み益を確保し、そのまま海外に持ち込んで移住するという人はほとんどいない。この制度のターゲットとなっているのは、自らが事業オーナーとなって株式を上場している実業家である。
 例えばベネッセホールディングス創業一族の福武總一郎氏は、今後の相続などを考え、ニュージーランドに生活の拠点を移している。こうした人々の株式の含み益は、数百億、数千億になるケースもあり、税務当局としては無視できない存在となる。

 こうした事業オーナーの中には、子息を海外に移住させ、会社の事業を時間をかけて海外に移管し、相続税を軽減させるケースもある。こうしたことが背景となり、政府は昨年から5000万円以上の海外資産の保有については申告を義務付けている。

 国内の資産が海外に移転すれば当然、課税のチャンスを失うので、税収確保という点では必要な措置ということになる。ただこうした問題に対する最良の解決策は、日本にいることが投資家や実業家にとってもっともメリットが大きいという状態を構築することであり、資産移転に対する課税強化は対症療法に過ぎない。

 米国は先進国の中では、法人税が高い部類に入る。資産を海外に移す資産家や実業家も一部にはいるが、むしろ中国の資産家などがこぞって米国に資産を移しており、米国は資金の流出よりも流入が大きい。税金が多少高くても、市場として安全で魅力的であれば、お金は出ていかないのである。

 その意味で安倍政権が掲げる、外国からの投資拡大は理にかなっているが、実際に日本が魅力的な場所なのかはまた別の問題である。

 - 経済 , ,

  関連記事

yen
安倍首相が外債購入ファンドの具体的検討を指示。もたらすのは円安かインフレか?

 安倍首相は麻生太郎副総理兼財務相に対して、「必要に応じた為替介入」や「新たな官 …

autodrive
首相まで巻き込んだ自動運転技術のデモから垣間見える、日本のイノベーション事情

 トヨタ自動車、日産自動車、ホンダの3社は11月9日、国会周辺の公道で自動運転に …

imf201701
IMFが最新の経済見通しを発表。トランプ経済についてはプラス・マイナス両方

 IMF(国際通貨基金)は2017年1月16日、世界経済見通しの改定値を発表した …

fomc201604
米国が急激に利上げモードにシフト。日本の財政出動は完全にハシゴを外された状態に

 米国が急速に利上げモードにシフトしている。市場はまだ疑心暗鬼だが、地区連銀の各 …

abeamari
成長戦略への不評から首相サイドが大慌て。首相の本心はどこに?

 成長戦略に対する市場の失望が大きかったことで、首相サイドが慌ただしい動きを見せ …

keizaizaiseisimonkaigi
財政再建とバラマキ予算をいとも簡単に両立させてしまう、財務省のレトリックとは?

 政府は8月2日、経済財政諮問会議を開催し、財政健全化の道筋となる中期財政計画の …

samsungjp
韓国企業や中国企業への人材流出が加速。だがこれを懸念しても何の解決にもならない

 韓国企業や中国企業に日本人が転職するケースが増えてきており、一部から技術流出な …

sangyokyosoryokukaigi
政府の新成長戦略で飛び出した小中プログラミング教育の「今更感」

 安倍政権は、名目GDP(国内総生産)600兆円の目標を達成するため「第4次産業 …

PHM11_0589
いくら緩和しても経済成長なんてムリ!日銀のホンネが聞こえてくる

 2014年度の消費者物価指数(CPI)上昇率見通しが日銀の目標値である1%に届 …

super01
大手小売の決算見通しから、消費増税の影響を予想すると?

 小売各社の来期の決算見通しが出揃ったことで、消費増税の景気への影響が少しずつ見 …