ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

政府が資産の海外移転に対する対策を強化。だが本当の解決策は別なところにある

 

 個人が保有する海外資産の課税について政府が本格的な対策に乗り出している。すでに、海外資産の申告義務は導入されているが、含み益を抱えた株式への課税について検討が進められている。

globalmoney

 株式は見かけ上、利益が出ていても実際に売却してその利益を実現しなければ課税の対象とはならない。含み益を抱えた状態の株式を海外の証券会社に移管した場合も同様で、売却しない限りは課税されない。
 日本に住む日本人で移管した国が租税条約を結んでいれば、原理的には国内で納税する義務が生じるが、海外での株式売却を100%捕捉することは現実的に難しい。また本人がキャピタルゲイン課税のない国に移住し、住民票も移してしまった場合には、株式の売却益を支払う必要はなくなる。今回の措置はこうした事態を回避するためのものである。

 もっとも、純粋な株式投資で含み益を確保し、そのまま海外に持ち込んで移住するという人はほとんどいない。この制度のターゲットとなっているのは、自らが事業オーナーとなって株式を上場している実業家である。
 例えばベネッセホールディングス創業一族の福武總一郎氏は、今後の相続などを考え、ニュージーランドに生活の拠点を移している。こうした人々の株式の含み益は、数百億、数千億になるケースもあり、税務当局としては無視できない存在となる。

 こうした事業オーナーの中には、子息を海外に移住させ、会社の事業を時間をかけて海外に移管し、相続税を軽減させるケースもある。こうしたことが背景となり、政府は昨年から5000万円以上の海外資産の保有については申告を義務付けている。

 国内の資産が海外に移転すれば当然、課税のチャンスを失うので、税収確保という点では必要な措置ということになる。ただこうした問題に対する最良の解決策は、日本にいることが投資家や実業家にとってもっともメリットが大きいという状態を構築することであり、資産移転に対する課税強化は対症療法に過ぎない。

 米国は先進国の中では、法人税が高い部類に入る。資産を海外に移す資産家や実業家も一部にはいるが、むしろ中国の資産家などがこぞって米国に資産を移しており、米国は資金の流出よりも流入が大きい。税金が多少高くても、市場として安全で魅力的であれば、お金は出ていかないのである。

 その意味で安倍政権が掲げる、外国からの投資拡大は理にかなっているが、実際に日本が魅力的な場所なのかはまた別の問題である。

 - 経済 , ,

  関連記事

keizaihakusho2015
経済財政白書が指摘する、日本の労働生産性とイノベーションの問題

 政府は2015年8月14日、2015年度の経済財政報告(経済財政白書)をまとめ …

nyse
ダウの高値更新でバブル論。だが、米国がバブルだというなら、日本はもっとバブルだ!

 3月6日のニューヨーク株式市場は、前日に続いて史上最高値を更新した。雇用指標が …

orand
仏オランド大統領が掲げる反企業政策が早くも行き詰まり

 フランスのオランド大統領が掲げる「反企業政策」がはやくも行き詰まりつつある。 …

jutakugai
再来年に迫った相続税増税で住宅保有者は大慌て。だが今後も資産課税強化は続く

 2015年1月に迫った相続税の増税が住宅保有層における懸案事項になってきている …

no image
日本の男女平等ランキングは人権抑圧国家並み。だが本当の問題はもっと深刻だ!

 ダボス会議で知られる世界経済フォーラムは24日、世界男女平等ランキング(The …

abenomics600cho
首相がブチ上げたGDP600兆円という目標は、すでに出ている数字の言い換え

 自民党は2015年9月24日、両院議員総会を開き、安倍首相の党総裁続投を無投票 …

chogin
赤プリに続いて旧長銀ビルも解体。不況の最中、新しいビルを次々と壊す異様な光景

 バブル崩壊の象徴であった旧長銀ビルが建て替えられることになった。日本政策投資銀 …

nichigin
マネタリーベースは順調に増加。実体経済への効果については依然として不透明

 日銀は12月3日、11月のマネタリーベースが前年同月比52.5%増の189兆7 …

buffett
著名投資家バフェット氏の書簡から読み解く、彼の自信とその限界

 米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が2012年12月期の最終決算について …

tulip
欧州では移住する農業従事者が増加中。そう簡単ではない農業の競争力強化

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合で日米は合意に至らず、結論は再 …