ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

与党内から年内解散論が浮上。野党に対する牽制か、今度は本気か?

 

 与党内部で年内解散論が囁かれている。背景には女性閣僚のダブル辞任による支持率の低下や消費増税の問題がある。ただ、解散論そのものは、以前からくすぶっており、今国会冒頭での解散説もあった。今後政治的にはよい材料がなく、なるだけ早期に解散した方が政権としてマイナスが少ないというのは事実である。

 abe20141030 安倍政権は今回の内閣改造を長期政権の布石とする戦略だったが、女性閣僚のダブル辞任でその見通しが狂ってしまった。目下最大の課題は消費税の増税をどう乗り切るかである。消費税を10%に増税するかどうかは、7~9月期のGDPで判断することになっている。

 今年4月の消費増税で消費は確実に低迷しており、再度増税に踏み切れば景気がさらに悪化するのは確実である。一方、10%への増税はすでに法律で決めてあることや、2020年までに基礎的財政収支を黒字化するという国際公約もあり、見送りを決めるのはそう容易ではない。このような状況で12月には増税を決断しなければならない。

 来年の政治日程を見ると状況はさらに悪い。春には統一地方選挙があり、9月には自民党の総裁選がある。増税の決定や景気のさらなる悪化といった状況を抱えたまま、統一地方選で負けるような事態となれば、総裁選にも影響が出てくる可能性がある。さらにこれを乗り切ったとしても、その次の年には参院選があり、年2回の国政選挙という重い負担に耐えなければならない。

 こうした事情から、早期解散論した方が有利という議論は以前から存在しており、野党側も常にこれを警戒してきた。安倍首相は年内解散はないと発言しているが、自民党の谷垣幹事長は、党内でそのような話が出ていること自体は認めている。
 ちなみに、7~9月期GDPの速報値は11月17日に発表になる。確定値の発表は12月8日である。だがその前に確定値の数字の材料となる法人企業統計の発表が12月1日にある。もし解散があるのだとすると、その日程はこれらGDPの発表スケジュールと大きく関係してくるだろう。

 安倍政権としては、こうした解散論が出ることで野党側を牽制することが可能となるので、必ずしも本気で解散を考えているとは限らない。ただ、政治日程の状況を考えれば、いつ解散を決断してもおかしくない状況であることは事実である。

 - 政治 , ,

  関連記事

abeyosaniinkai201402
安倍政権が集団的自衛権に関する憲法解釈見直しを、昨年に引き続いて先送り

 集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈の見直しについて、安倍政権が今国会中の閣議 …

ur
URの杜撰な事業が浮き彫りにする、官に依存した日本経済の麻薬中毒的体質

 「日本経済の復活」「大胆な規制緩和」といった安倍政権の輝かしいキャッチフレーズ …

joumuiin02
完全保存版!中国共産党次期最高幹部7名の素顔と人物相関図

 中国の次期最高指導部である政治局常務委員7名が決定した。注目されていた胡錦濤グ …

minogamofuji
美濃加茂市長の無罪判決に検察側が控訴。弁護側は憲法違反と批判

 名古屋地方検察庁は2015年3月18日、岐阜県美濃加茂市の藤井浩人市長を無罪と …

sekitankaryoku
政府が石炭火力の増設に政策転換。今まで日本が世界からダマされていことが明らかに

 政府はこれまでの方針を見直し、石炭火力発電の新増設の推進にかじを切る。日本経済 …

boribia01
ボリビア大統領がスノーデン事件に関連して空港で足止め。仏など欧州各国を非難

 ロシアを訪問し、南米ボリビアに帰国途中だった同国のモラレス大統領が乗った専用機 …

saitengai2
崔天凱駐米中国大使が、尖閣問題で中国寄りの対応をするよう米国に要請

 尖閣諸島問題をめぐる小野寺防衛大臣の発言に対して、崔天凱駐米中国大使が強い口調 …

shupaku
北朝鮮大幅譲歩の背後にある中韓の蜜月関係と米国の影響力低下

 北朝鮮をめぐる国際情勢が大きく動き始めている。背景にあるのは、中国の台頭と米国 …

abekaiken
安倍首相が官僚人事で主導権を発揮。だが村木氏の次官抜擢には疑問の声も

 安倍政権が官邸主導人事の目玉として掲げた官僚人事が思いのほか不発となっている。 …

senkaku
米議会が尖閣諸島を安保対象とする法案を可決。だが日本にとっては大したメリットはない

 米上院は4日、本会議において、2013年度(2012年10月~13年9月)国防 …