ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

与党内から年内解散論が浮上。野党に対する牽制か、今度は本気か?

 

 与党内部で年内解散論が囁かれている。背景には女性閣僚のダブル辞任による支持率の低下や消費増税の問題がある。ただ、解散論そのものは、以前からくすぶっており、今国会冒頭での解散説もあった。今後政治的にはよい材料がなく、なるだけ早期に解散した方が政権としてマイナスが少ないというのは事実である。

 abe20141030 安倍政権は今回の内閣改造を長期政権の布石とする戦略だったが、女性閣僚のダブル辞任でその見通しが狂ってしまった。目下最大の課題は消費税の増税をどう乗り切るかである。消費税を10%に増税するかどうかは、7~9月期のGDPで判断することになっている。

 今年4月の消費増税で消費は確実に低迷しており、再度増税に踏み切れば景気がさらに悪化するのは確実である。一方、10%への増税はすでに法律で決めてあることや、2020年までに基礎的財政収支を黒字化するという国際公約もあり、見送りを決めるのはそう容易ではない。このような状況で12月には増税を決断しなければならない。

 来年の政治日程を見ると状況はさらに悪い。春には統一地方選挙があり、9月には自民党の総裁選がある。増税の決定や景気のさらなる悪化といった状況を抱えたまま、統一地方選で負けるような事態となれば、総裁選にも影響が出てくる可能性がある。さらにこれを乗り切ったとしても、その次の年には参院選があり、年2回の国政選挙という重い負担に耐えなければならない。

 こうした事情から、早期解散論した方が有利という議論は以前から存在しており、野党側も常にこれを警戒してきた。安倍首相は年内解散はないと発言しているが、自民党の谷垣幹事長は、党内でそのような話が出ていること自体は認めている。
 ちなみに、7~9月期GDPの速報値は11月17日に発表になる。確定値の発表は12月8日である。だがその前に確定値の数字の材料となる法人企業統計の発表が12月1日にある。もし解散があるのだとすると、その日程はこれらGDPの発表スケジュールと大きく関係してくるだろう。

 安倍政権としては、こうした解散論が出ることで野党側を牽制することが可能となるので、必ずしも本気で解散を考えているとは限らない。ただ、政治日程の状況を考えれば、いつ解散を決断してもおかしくない状況であることは事実である。

 - 政治 , ,

  関連記事

toyotatranpu
トランプ氏がとうとう攻撃の矛先をトヨタにも。GMは今のところ従来路線の堅持を主張

 米国内の雇用を重視するトランプ氏による攻撃がとうとうトヨタにも向けられた。GM …

danjobyoudo
男女平等と経済成長の密接な関係。女性差別が激しいフランスから分かること

 フランス政府は30日、女性差別を解消するための対策を発表した。職場での女性差別 …

sheruidemitu
経産省の主導の「上から」の再編にノー。出光創業家が昭和シェルとの合併に反旗

 石油元売り大手である出光興産の創業家は2016年6月28日、同社の株主総会にお …

koyokeiyaku
現実味を帯びる同一労働、同一賃金。結局は若年層正社員の賃下げに?

 これまで導入が極めて難しいといわれてきた、同一労働、同一賃金が現実味を帯びてき …

3946377
最近注目を集める金本位制復活論。だが日本人にこれを導入する覚悟があるとは思えない

  米国大統領選挙が終了しオバマ大統領が再選されたことで、当面現状の金融政策が維 …

seifusenyouki
安倍首相が米国訪問に出発。日本側だけが大はしゃぎで米国側は無関心

 安倍首相は21日夕方、オバマ大統領との首脳会談を行うため、政府専用機で首都ワシ …

shoushika
少子化対策タスクフォースが提言書。だが対策を阻む本当の理由には触れずじまい

 政府の有識者会議「少子化危機突破タスクフォース」(座長・佐藤博樹東大大学院教授 …

kitachosen
トランプ政権が思わずホンネ?核を放棄すれば北朝鮮の体制を維持するとのメッセージ

 米軍がアフガニスタンにMOAB(モアブ)と呼ばれる強力爆弾を投下した。あくまで …

sakakibara
経団連が献金再開。表面的には関係修復が目的だが、もっと深刻な理由も

 経団連の榊原定征会長は2014年9月8日、政治献金を5年ぶりに再開する方針を明 …

kusuri02
混合診療拡大へ。金持ち優遇かどうかという単純論争は本質を見誤らせる可能性あり

 政府は規制改革の一貫として混合診療の拡大に乗り出す。現在、日本では公的保険を適 …