ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

FRBが正式に量的緩和策の終了を決定。米国経済は新しい局面を迎えた

 

 FRB(連邦準備制度理事会)は2014年10月29日のFOMC(連邦公開市場委員会)において、10月いっぱいで量的緩和策を終了することを正式に決定した。量的緩和策が完全に終了したことで、米国の金融政策は新しい局面を迎えることになる。

frb

 FRBは今年1月から量的緩和策の縮小を開始。月あたり850億ドルだった資産購入額を100億ドルずつ段階的に縮小してきた。今回の決定により、10月いっぱい資産購入を完全に停止する。

 背景には米国経済の回復がある。米国経済は旺盛な個人消費に支えられ順調に回復してきた。大きな懸念材料だった雇用情勢が改善し、失業率が低下してきたことで、景気回復への信頼がさらに高まってきている。
 このところ世界景気の変調や米国の成長率鈍化が懸念されている。だが相対的にみて、米国経済がもっとも有利な状況にあることに変わりはない。

 一部からは、米国経済にもまだ不安な面があり、緩和的なスタンスを継続すべきという声もある。当初は緩和策終了後すぐにでも金利を引き上げるという観測があったが、当面、利上げは見送るだろうというのが市場のコンセンサスである。

 今回のFOMCでは、量的緩和終了後、どの程度の期間、ゼロ金利を維持するのかという表現について注目が集まっていた。結局のところ、「相当の期間」とする記述をそのまま踏襲しており、利上げについては慎重に判断する姿勢を改めて強調した。

 今後しばらくはゼロ金利を続け、米国経済が引き続き成長軌道を描くのか検証することになるだろう。もし労働市場がさらに回復してくるようなら、利上げの議論が再度浮上してくることになるかもしれない。一方、世界経済の悪化に引きずられて、米国経済も鈍化するようであれば、かなりの期間ゼロ金利が継続することになるだろう。

 ただ今回の量的緩和策の終了で、長く続いたドル安のフェーズは終了した可能性が高い。円安がかなり進んでおり、短期的にはその反動で円高に戻る可能性も指摘されている。だが長期的には、さらに円安になっていく可能性が高まったといえるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

casino
カジノ解禁をめぐって依存症の問題が急浮上。だが本質はそこではない

 現在、政府内部で検討が進むカジノ解禁をめぐって、ギャンブル依存症に関する話題が …

bitcoin
日本でもビットコインがようやく準通貨として認定。利用者保護や市場拡大に期待

 ビットコインなどインターネットで流通する仮想通貨について、「モノ」ではなく「通 …

barclay
LIBOR問題が刑事事件に発展。これは英国と米国の金融覇権をめぐる争いだ!

 英国の重大不正捜査局は11日、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR、通称ラ イボ …

dentaku
家計を助けるため一家総出で労働。日本人の経済状況はかなり苦しくなっている?

 日本の家計にちょっとした異変が起きている。世帯主の収入が減少する一方、配偶者や …

drugeconomy
麻薬や売春など地下経済をGDPにカウントする動き。ランキングに混乱も

 麻薬や売春など、いわゆる地下経済をGDP(国内総生産)に含めることに関する議論 …

no image
ミャンマーとの経済協力で日本は一歩リード。だが手放しでは喜べない

 民主化と経済開放が進みつつあるミャンマーとの経済協力について、日本が他国を一歩 …

no image
設備投資の先行指標である機械受注は2.7%減。消費増税の焦点は設備投資へ?

 内閣府は8月13日、6月の機械受注統計を発表した。機械受注統計は、民間設備投資 …

joseikatuyaku
政府が1億総活躍社会における経済効果を試算。個人消費は13.7兆増えるとしているが・・・

 政府は2016年4月18日、一億総活躍社会を目指す取り組みが実現した場合の経済 …

no image
日本は世界第2位の富裕層大国?そのワケは円高と高齢者優遇政策にあった

 日本の富裕層が増加しているという外資系金融機関のレポートに驚きの声が上がってい …

abetoranpu
トランプ政権のインフラ投資に日本の公的年金を活用との報道。政府は否定しているが・・・

 トランプ政権が掲げる総額1兆ドル(約113兆円)のインフラ投資について、その一 …