ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

FRBが正式に量的緩和策の終了を決定。米国経済は新しい局面を迎えた

 

 FRB(連邦準備制度理事会)は2014年10月29日のFOMC(連邦公開市場委員会)において、10月いっぱいで量的緩和策を終了することを正式に決定した。量的緩和策が完全に終了したことで、米国の金融政策は新しい局面を迎えることになる。

frb

 FRBは今年1月から量的緩和策の縮小を開始。月あたり850億ドルだった資産購入額を100億ドルずつ段階的に縮小してきた。今回の決定により、10月いっぱい資産購入を完全に停止する。

 背景には米国経済の回復がある。米国経済は旺盛な個人消費に支えられ順調に回復してきた。大きな懸念材料だった雇用情勢が改善し、失業率が低下してきたことで、景気回復への信頼がさらに高まってきている。
 このところ世界景気の変調や米国の成長率鈍化が懸念されている。だが相対的にみて、米国経済がもっとも有利な状況にあることに変わりはない。

 一部からは、米国経済にもまだ不安な面があり、緩和的なスタンスを継続すべきという声もある。当初は緩和策終了後すぐにでも金利を引き上げるという観測があったが、当面、利上げは見送るだろうというのが市場のコンセンサスである。

 今回のFOMCでは、量的緩和終了後、どの程度の期間、ゼロ金利を維持するのかという表現について注目が集まっていた。結局のところ、「相当の期間」とする記述をそのまま踏襲しており、利上げについては慎重に判断する姿勢を改めて強調した。

 今後しばらくはゼロ金利を続け、米国経済が引き続き成長軌道を描くのか検証することになるだろう。もし労働市場がさらに回復してくるようなら、利上げの議論が再度浮上してくることになるかもしれない。一方、世界経済の悪化に引きずられて、米国経済も鈍化するようであれば、かなりの期間ゼロ金利が継続することになるだろう。

 ただ今回の量的緩和策の終了で、長く続いたドル安のフェーズは終了した可能性が高い。円安がかなり進んでおり、短期的にはその反動で円高に戻る可能性も指摘されている。だが長期的には、さらに円安になっていく可能性が高まったといえるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

frb
予想外に好調だった米雇用統計で、9月緩和縮小の声が高まる

 米労働省は7月5日、6月の雇用統計を発表した。失業率は7.6%と横ばいだったも …

peugeot
政府主導なのにお金を出すのは中国企業?日本が学んではいけない仏プジョー救済劇

 経営不振に陥っているフランスの自動車大手プジョーシトロエングループは2014年 …

trybol
スイスで経営者の高額報酬を制限する国民投票を実施。立役者の主張とは?

 企業幹部が受け取る高額報酬の制限をめぐってスイスで国民投票が実施される見込みと …

setsubitousi
需給ギャップが3期連続で縮小。日本経済復活なのか単なるバラマキなのか?

 内閣府は2013年12月16日、7~9月期の日本経済における需給ギャップがマイ …

nucleayankey
コスト高から原発撤退が相次ぐ米国。簡単に原発からの撤退を決められるのはナゼ?

 米国で原子力発電からの撤退が相次いでいる。理由は安全性への懸念ではなくコスト。 …

kanntei
2020年度の財政黒字化は困難との内閣府試算。消費税15%以外に方法はないのか?

 政府は8月8日、閣議を開催し財政健全化の道筋を示す「中期財政計画」を閣議了解し …

usagdp20150730
まずまずだった米4~6月期GDP。実質的に利上げは始まっている

 米商務省は2015年7月30日、4~6月期のGDP(国内総生産)速報値を発表し …

shoten
出版取次の太洋社が自己破産。出版市場の縮小はどこまで続くのか

 出版取次の太洋社が2016年3月15日、東京地方裁判所に自己破産を申請した。出 …

building
アベノミクスの本質は資産バブル。多くの国民がそう理解している?

 「アベノミクスの効果は不動産に顕著に反映される」-多くの国民がそう考えているこ …

shukinpei03
中国経済への自信?それとも強権発動覚悟?中国指導部の強硬姿勢がより鮮明に

 中国国営の新華社通信は7月7日、中国財政部(財政省)が緊縮財政措置の一環として …