ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

FRBが正式に量的緩和策の終了を決定。米国経済は新しい局面を迎えた

 

 FRB(連邦準備制度理事会)は2014年10月29日のFOMC(連邦公開市場委員会)において、10月いっぱいで量的緩和策を終了することを正式に決定した。量的緩和策が完全に終了したことで、米国の金融政策は新しい局面を迎えることになる。

frb

 FRBは今年1月から量的緩和策の縮小を開始。月あたり850億ドルだった資産購入額を100億ドルずつ段階的に縮小してきた。今回の決定により、10月いっぱい資産購入を完全に停止する。

 背景には米国経済の回復がある。米国経済は旺盛な個人消費に支えられ順調に回復してきた。大きな懸念材料だった雇用情勢が改善し、失業率が低下してきたことで、景気回復への信頼がさらに高まってきている。
 このところ世界景気の変調や米国の成長率鈍化が懸念されている。だが相対的にみて、米国経済がもっとも有利な状況にあることに変わりはない。

 一部からは、米国経済にもまだ不安な面があり、緩和的なスタンスを継続すべきという声もある。当初は緩和策終了後すぐにでも金利を引き上げるという観測があったが、当面、利上げは見送るだろうというのが市場のコンセンサスである。

 今回のFOMCでは、量的緩和終了後、どの程度の期間、ゼロ金利を維持するのかという表現について注目が集まっていた。結局のところ、「相当の期間」とする記述をそのまま踏襲しており、利上げについては慎重に判断する姿勢を改めて強調した。

 今後しばらくはゼロ金利を続け、米国経済が引き続き成長軌道を描くのか検証することになるだろう。もし労働市場がさらに回復してくるようなら、利上げの議論が再度浮上してくることになるかもしれない。一方、世界経済の悪化に引きずられて、米国経済も鈍化するようであれば、かなりの期間ゼロ金利が継続することになるだろう。

 ただ今回の量的緩和策の終了で、長く続いたドル安のフェーズは終了した可能性が高い。円安がかなり進んでおり、短期的にはその反動で円高に戻る可能性も指摘されている。だが長期的には、さらに円安になっていく可能性が高まったといえるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

girishashusho
ギリシャ側が完全敗北。EUが主張する構造改革案をほぼ100%受け入れへ

 ギリシャの金融支援をめぐり、ギリシャ側が提出していた構造改革案についてEU(欧 …

nihondensan
シャープ元社長の片山氏が日本電産副会長へ。永守氏の後継者問題はどうなる?

 日本電産が、シャープの片山幹雄元社長を副会長執行役員として迎え入れる。日本電産 …

nichigin03
日銀が保有する国債は政府債務から切り離せるのか?

 日銀の量的緩和策の是非や政府債務をめぐる論争が活発になってきている。きっかけは …

rakutenamazonyusi
楽天、アマゾンの出店者向けローンが、地銀再編の起爆剤に?

 楽天やアマゾンなどネット通販各社が、自社サイト出店者向け事業者ローンの拡大を進 …

bukkajoushou
コアコア指数もとうとうプラス転換。輸入価格の上昇でとうとう本格的インフレがスタート?

 日本経済は長期にわたるデフレが終了し、インフレへの転換が始まった可能性が高い。 …

imd
世界競争力ランキングで日本は27位。上位常連の国と日本は何が違う?

 スイスのビジネススクールであるIMD(国際経営開発研究所)は2015年5月27 …

usabouekitoukei
米国の貿易収支改善が顕著に。世界経済の大きな枠組みが変わりつつある

 米商務省は2014年1月7日、2013年11月の貿易収支(季節調整済み、サービ …

tosho05
野村證券が最長70歳まで定年を延長した背景とは?

 野村証券は、国内営業を担当する正社員の定年を60歳から65歳に延長し、65歳以 …

sharp
綱渡り経営が続くシャープの決算。すべては銀行の方針次第

 経営再建中のシャープは5月14日、2013年3月期の決算を発表した。売上高は前 …

building03
GDP改定値は上ブレの可能性大。だが中身は公共事業と消費増税駆け込み需要?

 財務省は9月2日、4~6月期における法人企業統計を発表した。今回の数値は、消費 …