ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

生活は良くならず努力しても報われないが、心は豊かという調査結果をどう見る?

 

 「努力しても報われない」が「心が豊かである」と考える日本人の割合が急増している。こんな傾向が統計数理研究所の調査で明らかになった。生活水準が変わらないと感じている人の割合も急増しており、景気低迷が長引くと、現状に合わせて精神的満足度が上がる傾向が見て取れる。

businessman

 この調査は同研究所が5年に1回実施しているもので、20歳以上の男女6400人に対して個別面接を行ってデータを収集している。今回発表となった調査結果は2013年のものである。

 この中で、心の豊かさに関する4段階の評価では、「非常によい」あるいは「ややよい」と回答した人の割合が前回調査(2008年)の28%と比較して47%に急増した。また、「もう一度生まれ変わるとしたら日本に生まれてきたい」と回答した人も、前回の77%から83%に上昇している。特に20代の男性の増加が著しく、前回は54%だったが、今回は74%となっている。日本人の自身に対する精神的な満足度はかなり高くなっていることが分かる。

 一方、自身の生活水準については、「変わらない」という人が44%から53%に増加している。悪くなったと回答した人は、日本が金融危機寸前まで追い込まれた2003年には急増しているが、その後、減少している。全体的には、小康状態で生活水準は低位で安定しているということになるだろう。
 将来について「努力しても報われない」と考えている人は、前回の17%から26%に増加している。自身の将来について期待できないと考えている人が増えていることになる。

 この結果を総合すると、生活水準は低位で安定し、将来の展望はないが、精神的な満足度は向上しているということになる。一見矛盾しているように見えるが、そうでもない。

 人間は経済的な生活水準が高いほど満足度が高くなると考えられるが、やはりそこには限界がある。また生活水準が下がると、それを受け入れ、その中で満足度を高めようという動きも出てくる。
 日本経済が長期低迷する中、精神的満足度が上がっているというのは、多くの人が、物理的な水準向上はあきらめ、現状を受け入れ始めていると解釈することができる。

 こうした結果が出ること自体はまったく不思議ではないが、政策的観点で考えると非常に微妙である。日本人自身が満足しているので、金銭的な生活水準を無理に向上させる必要はないのか、それとも、この結果は、あくまで物理的な貧しさから来る、自己防衛本能であると解釈し、物理的な水準向上を目指すべきなのか、という議論が出てくることになる。従来からの常識で考えれば、当然、後者ということになるのだが、はたしてどうだろうか?

 - 政治, 社会 , ,

  関連記事

shuraisukaidan
習近平国家主席と米ライス補佐官が会談。オバマ大統領訪中の準備が進む

 中国の習近平国家主席と米国のライス大統領補佐官は2014年9月9日、北京で会談 …

teinensaikoyou
定年後再雇用の賃金格差は違法との判決。司法判断定着なら、現役世代の年収が減少?

 定年退職後の再雇用において年収を引き下げることは違法だとする東京地裁の判決が下 …

seiyujo02
政府による上からの構造改革がスタート。弊害はないのか?

 茂木経済産業大臣は2014年6月10日、石油業界の再編を促すため、産業競争力強 …

piketishasin
ピケティが主張する資産格差拡大は日本でも発生しているのか?

 フランスの経済学者トマ・ピケティが話題となっている。ピケティの著作である「21 …

bukkajoushou
デフレ脱却が鮮明になってきた7月の消費者物価指数。だが内実は輸入インフレ?

 総務省は8月30日、7月の全国の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「 …

nichibeikokki
米国人の対日世論調査の結果。一般人と有識者で隔たりも

 外務省は2014年11月7日、米国における対日世論調査の結果を発表した。調査は …

toppage
オバマ大統領夫人らの個人情報が流出!だが実際はあまり大した話ではなかった

 米連邦捜査局(FBI)は3月12日、ミシェル・オバマ大統領夫人やバイデン副大統 …

shukinoeisai
訪中した金正恩氏の特使が帰国ギリギリで習近平主席と会談。垣間見える中国側の苛立ち

 北朝鮮の金正恩第1書記の特使として中国を訪問している朝鮮人民軍総政治局長の崔竜 …

snowden
米当局がスノーデン氏を正式訴追。本人はアイスランドへ亡命申請?

 米検察当局は、米国家安全保障局(NSA)による国民監視システム「PRISM」の …

chousahogei
調査捕鯨中止の判決は、ムラ社会型日本外交の完全な敗北

 国際司法裁判所は2014年3月31日、南極海で行われている日本の調査捕鯨を中止 …