ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀サプライズ追加緩和。長期金利を意識したものだった可能性も

 

 日銀は10月31日の金融政策決定会合において、追加の量的緩和策を決定した。追加緩和の実施そのものはある程度予想されていたものの、この時期での決定を予想していた市場関係者は少なく、市場にとってはサプライズとなった。当日の日経平均株価は一時800円以上も上昇した。

kuroda02 今回のタイミングでの追加緩和となった背景は、額面通りに受け止めれば、やはり物価の上昇スピードが鈍化してきたことだろう。
 同じ日の午前、9月の消費者物価指数が発表となったが、代表的な指数である「生鮮食料品を除く総合(コア指数)」は前年同月比3.0%の上昇にとどまった、日銀では消費税による物価上昇を2%程度と見ているので、消費税の影響を除いた物価上昇率は1.0%ということになる。このままでは1%を切る可能性も高くなってきており、物価目標の達成は相当困難な状況になりつつある。

 一方、米国の中央銀行にあたるFRB(連邦準備制度理事会)は10月29日、量的緩和策を終了することを正式に決定している。米国の量的緩和終了と日銀の追加緩和決定がほぼ同じタイミングになったことから、円安ドル高の進行が予想される。実際、ドルは急騰し、11月4日の段階で一時114円を付ける状況となった。もう一段の円安となれば、輸入物価がさらに上昇し、全体の物価も上がってくるだろう。

 ただ、このタイミングでの緩和となった理由はそれだけではない可能性もある。結果的にそうなってしまったのかもしれないが、奇しくも同じ日にGPIF(年金積立金管理運用 独立行政法人)の運用方針変更が発表になったからである。新しい運用方針では従来60%を占めていた国債を35%に、逆に12%だった株式を25%まで増やすとしている。
 実際には、すでに株式へのシフトが進んでおり、今年6月末時点において国債は54%、株式は17%になっている。GPIFの改革は株式市場では買い材料として話題になっているが、債券市場での売り材料でもある。

 現在、公的年金は130兆円の資金を運用している。国債が54%から35%に減るということになると、約25兆円の国債が売られる計算になる。今回の追加緩和策では、1年あたり60兆~70兆円のペースで増やすとしていたマネタリーベースを約80兆円まで拡大するとしており、10兆円から20兆円の国債を買い増すことになる。さらに、平均残存期間の延長も発表しており、主に長期債を購入することが明らかになっている。

 つまり、GPIFが売りに出す長期国債は、実質的に日銀が購入する形となる。現在、国債は短期債への借り換えが進んでおり、長期債を保有したがる投資家はあまりいない。結果的に、多くの人が保有したがらない長期債をすべて日銀が買い取るわけだ。量的緩和について批判的な人からみれば、これは財政ファイナンスと映るかもしれない。

 量的緩和策が財政ファイナンスなのかは、様々な議論があるだろう。また、今回の追加緩和のタイミングが、国債市場と関連しているのか検証のしようもない。だが、実は国債の入札市場の状況が芳しくなく、今回のタイミングが、金利の急騰を意識したものなのだったとしたら、あまりよい兆候とはいえない。

 - 経済 , ,

  関連記事

bouekitoukei201307
7月の貿易統計は赤字拡大。そろそろ貿易赤字を前提にした産業政策を議論すべき時

 財務省は8月19日、7月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

skymark
スカイマークの制服について組合が政府に指導を求めるってどういうこと?

 スカイマークが新型機就航のキャンペーンとして導入したスカート丈の短い制服が物議 …

tulip
欧州では移住する農業従事者が増加中。そう簡単ではない農業の競争力強化

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合で日米は合意に至らず、結論は再 …

no image
振るわない製造業の設備投資。アベノミクスは基本戦略そのものの見直しが必要?

 製造業の設備投資がなかなか回復しない。内閣府が2013年12月11日に発表した …

marugen
丸源ビルのオーナーが検察を徹底批判。死んだら全財産を国に寄贈の考えは変わったか?

 銀座などの歓楽街で「丸源ビル」を展開する不動産グループの経営者で、脱税容疑で逮 …

hakenhoukaisei
同一労働・同一賃金法案が衆院で可決。内容は骨抜きで格差は継続したまま

 正社員と派遣社員の格差を是正する「同一労働同一賃金推進法案」が2015年6月1 …

nyse03
ダウがとうとう1万7000ドルの大台を突破。今後は利上げをにらんだ駆け引きに

 ダウ平均株価が2014年7月3日、とうとう1万7000ドルの大台を突破した。同 …

baishuboueisaku
かつて導入された買収防衛策が次々と撤回。背景にあるのは株主のモノ言い

 かつて上場企業で導入が相次いだ買収防衛策について、撤回するケースが増えてきてい …

no image
日本の英語力は世界22番目でラテン諸国と同レベル。モノ作り大国ゲルマンとの差が際立つ

 教育大手EF Education First社が発表している2012年の世界英 …

cyprus2
キプロス問題でとうとうロシアが介入か?小さな島をめぐって地政学上の策略が渦巻く

 金融危機に陥ったキプロスの支援策をめぐって、とうとうロシアが本格的に動き始めた …