ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アジア人はしたたか。オバマ大統領アジア歴訪のウラでイランとの積極外交が展開中

 

 再選が決まったオバマ大統領が早速動き始めた。アジア重視の姿勢を強調するオバマ大統領は11月17からタイ、ミャンマー、カンボジアを訪問する。
 米大統領のミャンマー訪問は史上初めて。テインセイン大統領や、民主化運動指導者で最大野党・国民民主連盟の党首であるアウンサンスーチー氏と会談する予定。その後、カンボジアでは首都プノンペンで開催される東アジアサミットに出席する。
 日本のメディアは「オバマ大統領はアジア重視の姿勢」「米国のアジア外交に乗り遅れるな」といったいつものお気楽なトーンでの報道が目立つ。

 日本人は中国と韓国以外の国をアジアとしてひとくくりに論じる傾向があるが、それは大変危険だ。同じタイミングではまったく別の動きも見られる。
 米国がもっとも敵視している国のひとつであるイランのアフマディネジャド大統領が、現在アジア各国を歴訪中なのだ。アフマディネジャド大統領は9日、インドネシアのバリ島で行われた第5回「バリ民主主義フォーラム」に出席した後、ベトナムを訪問、チュオン・タン・サン国家主席らと相次いで会談した。

 ベトナムとイランは1973年から国交を結んでおり、ベトナムの国営石油会社ペトロベトナムはイランの油田開発プロジェクト(投資額1億1500万ドル)について同国と協力関係にある。
 米国のイラン制裁が強まる中、エネルギー需要が著しいアジア各国がイランに積極的に投資している構図が透けて見える。

 日本政府は東アジアサミットの会場で何とかオバマ大統領と首脳会談ができるよう調整中だという。だが政治混乱が続き、政権末期となっている日本の要人がオバマ大統領と会ったところで、先方が重要な話をするわけがない。

 日本はアジアに対してどのようなスタンスで接していくのか明確にしていない。アジア各国は帝国主義的な姿勢を強める中国を警戒しつつも、米国に対して必ずしも協力的とは限らない。ましてや大戦中の苦い経験を持つ日本に対してはなおさらである。列強からの侵略の歴史であった彼らは想像以上にしたたかである。

 日本は、かつてのような圧倒的な経済力を持った国とはみなされていない。自身のアジア戦略を明確にできなければ、日本は米国はおろか、アジア各国からまともに相手にされなくなるだろう。

 - 政治

  関連記事

puting20
G20ではロシアへの批判が殺到。プーチン大統領は怒って途中帰国?

 オーストラリア・ブリスベンで開催されたG20(20カ国・地域首脳会合)において …

siozakinenkin201410
なかなか出てこない年金運用改革案。すでにタイミングを逸したとの声も

 公的年金の運用方針見直しが大幅に遅れている。当初は9月にも新しい方針を打ち出す …

asean20141114
韓国が日中韓首脳会談の開催に言及。実現に向けて調整が始まっているが・・・

 約2年半ぶりに日中首脳会談が実現したことで、日中、日韓の外交が大きく動き出す可 …

hakukirai02
薄熙来被告の初公判が始まる。公判では検察と全面対決の様相だが・・・・

 中国共産党の最高指導部入りが確実視されながら権力闘争で失脚し、収賄や横領の罪に …

wine02
日本産ワインのブランド力強化法案は効果を発揮するのか?

 国産ワインのブランド力を強化するため、自民党が「ワイン法案」について検討してい …

obamasyria
オバマ大統領がシリアへの軍事介入について議会承認を求めたことの本質的意味

 オバマ米大統領は8月31日、ホワイトハウスで声明を発表し、シリアに対して軍事介 …

ecb
失業率の悪化で国民の不満が爆発。欧州で緊縮策の一時棚上げが急浮上

 景気低迷と失業率の低下に歯止めがかからない欧州で、緊縮策を一時棚上げし、景気対 …

江沢民
中国の前国家エネルギー局長の汚職事件。江沢民グループの影響力排除が目的か?

 新華社通信や中国中央電視台など中国の国営メディアは、中国共産党中央規律検査委員 …

no image
スノーデン氏は米国の不手際?で香港を出国。アイスランドではなくエクアドルに亡命?

 米国家安全保障局(NSA)による国民監視システム「PRISM」の存在を暴露し、 …

obamaegypt02
デモ排除で多数の死者が出ても、米国がエジプトへの軍事支援を簡単にやめられないワケ

 エジプトのモルシ前大統領を支持するデモ隊に対してエジプト軍が強制排除を行い多数 …