ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アジア人はしたたか。オバマ大統領アジア歴訪のウラでイランとの積極外交が展開中

 

 再選が決まったオバマ大統領が早速動き始めた。アジア重視の姿勢を強調するオバマ大統領は11月17からタイ、ミャンマー、カンボジアを訪問する。
 米大統領のミャンマー訪問は史上初めて。テインセイン大統領や、民主化運動指導者で最大野党・国民民主連盟の党首であるアウンサンスーチー氏と会談する予定。その後、カンボジアでは首都プノンペンで開催される東アジアサミットに出席する。
 日本のメディアは「オバマ大統領はアジア重視の姿勢」「米国のアジア外交に乗り遅れるな」といったいつものお気楽なトーンでの報道が目立つ。

 日本人は中国と韓国以外の国をアジアとしてひとくくりに論じる傾向があるが、それは大変危険だ。同じタイミングではまったく別の動きも見られる。
 米国がもっとも敵視している国のひとつであるイランのアフマディネジャド大統領が、現在アジア各国を歴訪中なのだ。アフマディネジャド大統領は9日、インドネシアのバリ島で行われた第5回「バリ民主主義フォーラム」に出席した後、ベトナムを訪問、チュオン・タン・サン国家主席らと相次いで会談した。

 ベトナムとイランは1973年から国交を結んでおり、ベトナムの国営石油会社ペトロベトナムはイランの油田開発プロジェクト(投資額1億1500万ドル)について同国と協力関係にある。
 米国のイラン制裁が強まる中、エネルギー需要が著しいアジア各国がイランに積極的に投資している構図が透けて見える。

 日本政府は東アジアサミットの会場で何とかオバマ大統領と首脳会談ができるよう調整中だという。だが政治混乱が続き、政権末期となっている日本の要人がオバマ大統領と会ったところで、先方が重要な話をするわけがない。

 日本はアジアに対してどのようなスタンスで接していくのか明確にしていない。アジア各国は帝国主義的な姿勢を強める中国を警戒しつつも、米国に対して必ずしも協力的とは限らない。ましてや大戦中の苦い経験を持つ日本に対してはなおさらである。列強からの侵略の歴史であった彼らは想像以上にしたたかである。

 日本は、かつてのような圧倒的な経済力を持った国とはみなされていない。自身のアジア戦略を明確にできなければ、日本は米国はおろか、アジア各国からまともに相手にされなくなるだろう。

 - 政治

  関連記事

euro02
キプロスが早くも資金不足。だがEUの官僚たちはそんなことは百も承知?

 総額100億ユーロ(約1兆3000億円)にのぼるユーロ圏からの支援が決定してい …

no image
党大会目前でも権力闘争が終結せず。中国は不安定な状態が継続か?

 中国の政権交代を間近に控えているにも関わらず、権力闘争がさらに激しさを増してい …

no image
中国初の空母、名前は「釣魚島」との噂は本当か?

  近く就航が予定されている中国初の空母に対して、沖縄・尖閣諸 島の中国名である …

kyuryo
給与増で法人税減税措置。だが多くの企業で給料が増えることはない

 自民党税制調査会は8日、給与を増額した企業に対して法人税を減額する新たな制度を …

s&p
EUがヒステリーを起こして格付会社に八つ当たり。規制強化を決定

 欧州において格付け会社に対する規制が大幅に強化されることになった。格付け会社へ …

sunnylands
米中首脳会談が行われるリゾート施設サニーランドとはどのような場所なのか?

 6月7日~8日の日程で、いよいよ米中首脳会談が開催される。今回の首脳会談は首都 …

abeshouhizei
法人減税の急浮上によって、政府内部の財政をめぐる綱引きが激化

  安倍政権が消費税の増税と、これに対応した総額5兆円の経済対策を発表したことで …

piketishasin
日本の所得上位1%が年収1300万円という識者の指摘は本当か?

 ピケティ・ブームが続く中、日本の所得上位1%は1300万円からという数字がネッ …

joumuinmember
完全保存版!習政権2期目、政治局常務委員メンバー相関図。習氏の3期続投が視野に

 習近平政権2期目の布陣が明らかとなった。後継候補となる若手は登用されず、習氏の …

titan
もはや紅白歌合戦?戦争の遺物となった研究所同士が争うスパコン計算速度

 世界のスーパーコンピューター性能ランキングが発表され、前回2位だった理化学研究 …