ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アジア人はしたたか。オバマ大統領アジア歴訪のウラでイランとの積極外交が展開中

 

 再選が決まったオバマ大統領が早速動き始めた。アジア重視の姿勢を強調するオバマ大統領は11月17からタイ、ミャンマー、カンボジアを訪問する。
 米大統領のミャンマー訪問は史上初めて。テインセイン大統領や、民主化運動指導者で最大野党・国民民主連盟の党首であるアウンサンスーチー氏と会談する予定。その後、カンボジアでは首都プノンペンで開催される東アジアサミットに出席する。
 日本のメディアは「オバマ大統領はアジア重視の姿勢」「米国のアジア外交に乗り遅れるな」といったいつものお気楽なトーンでの報道が目立つ。

 日本人は中国と韓国以外の国をアジアとしてひとくくりに論じる傾向があるが、それは大変危険だ。同じタイミングではまったく別の動きも見られる。
 米国がもっとも敵視している国のひとつであるイランのアフマディネジャド大統領が、現在アジア各国を歴訪中なのだ。アフマディネジャド大統領は9日、インドネシアのバリ島で行われた第5回「バリ民主主義フォーラム」に出席した後、ベトナムを訪問、チュオン・タン・サン国家主席らと相次いで会談した。

 ベトナムとイランは1973年から国交を結んでおり、ベトナムの国営石油会社ペトロベトナムはイランの油田開発プロジェクト(投資額1億1500万ドル)について同国と協力関係にある。
 米国のイラン制裁が強まる中、エネルギー需要が著しいアジア各国がイランに積極的に投資している構図が透けて見える。

 日本政府は東アジアサミットの会場で何とかオバマ大統領と首脳会談ができるよう調整中だという。だが政治混乱が続き、政権末期となっている日本の要人がオバマ大統領と会ったところで、先方が重要な話をするわけがない。

 日本はアジアに対してどのようなスタンスで接していくのか明確にしていない。アジア各国は帝国主義的な姿勢を強める中国を警戒しつつも、米国に対して必ずしも協力的とは限らない。ましてや大戦中の苦い経験を持つ日本に対してはなおさらである。列強からの侵略の歴史であった彼らは想像以上にしたたかである。

 日本は、かつてのような圧倒的な経済力を持った国とはみなされていない。自身のアジア戦略を明確にできなければ、日本は米国はおろか、アジア各国からまともに相手にされなくなるだろう。

 - 政治

  関連記事

kennedy05
ケネディ次期駐日大使の議会公聴会は、まるでセレブの記者会見?

 ケネディ大統領の長女で、次期駐日大使に指名されているキャロライン・ケネディ氏は …

northkorea
北朝鮮問題とイランの核問題はリンクしている。日本人に求められる複眼的見方とは?

 北朝鮮と米韓の緊張が高まる中、米海軍が中東で展開していた空母「ジョン・C・ステ …

saieibun201601
台湾総統選挙で民進党が圧勝。議会も過半数となるのは分離以後初めて

 台湾で2016年1月16日、総統(大統領)選挙が行われ、野党・民進党の蔡英文主 …

siriakougeki
米国第一主義を掲げる保守強硬派がシリア攻撃をめぐりトランプ政権内で孤立

 米国がシリアの軍事施設を攻撃したことで、市場にはちょっとした動揺が広がっている …

jieiken
集団的自衛権行使容認に向けた実務作業がスタート。憲法改正論議に与える影響は?

 安倍政権が集団的自衛権行使を容認するための本格的な作業に着手した。半年以上開催 …

nichigin04
家計の金融資産は過去最高。だがその恩恵のほとんどは以前からの株式所有者?

 日銀は2014年12月18日、2014年7~9月期の資金循環統計を発表した。9 …

whitecolorexe
残業代ゼロ政策の導入が現実味。職種限定だが、年収制限はなくなる可能性も

 労働時間に関わらず賃金を一定にする、いわゆる残業代ゼロ政策の導入が現実味を帯び …

jieitai
自国のため戦うという日本人の割合は世界最低。だが、見方を変えてみると・・・・

 WIN―ギャラップ・インターナショナルは2015年3月18日、「自国のために戦 …

hoikuen
都が子どもの声を騒音条例から除外との報道。正論だが手続きに問題はないのか?

 このところ保育園などにおける子供の声をめぐる議論が活発になっているが、東京都は …

cameron2
英国でEU離脱を主張する政党が大躍進。EU問題が再び炎上か?

 英国でEU離脱をめぐる動きが再び活発化している。5月2日に統一地方選挙が実施さ …