ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

原油価格の大幅下落で試される、アベノミクスと量的緩和策

 

 原油価格の下落がさらに進んでいる。ニューヨークの原油先物価格は2014年11月4日、およそ3年ぶりとなる77ドル台まで下落した。世界経済の減速懸念に加え、サウジアラビアが原油価格を引き下げたことが大きく影響した。原油価格の下落は世界経済にとってマイナスの影響が大きいが、米国と日本にとってはプラスの効果の方が大きくなる可能性が高い。だがそれは、アベノミクスの本質が試される局面であるともいえる。

 beikokuoil 原油価格はこのところ、110ドルと90ドルの間を行ったり来たりしていた。さらに長期で見れば、110ドルと80ドルの間で上下しており、振幅は縮小傾向にあった。テクニカル指標の用語で言えば三角持持ち合いの状態が続いてきたことになる。だが10月に入ってその均衡が崩れた。90ドルを割った原油価格は一気に80ドルとなり、10月後半には80ドルを割る事態となった。

 背景にあるのは、世界経済の減速懸念である。IMFなどの国際機関は相次いで世界経済の成長見通しを引き下げており、原油は供給過剰が意識され価格下落が進んでいる。
 米国はシェールガス革命によって、石油の消費国から産油国への転換が進んでおり、長期的にみても原油は生産過剰な状況にある。さらに産油国が大幅な減産に踏み切らないため、今のところ価格の上昇要因がみあたらない状況だ。

 今回の価格下落は世界経済の成長鈍化を背景にしたものであり、原油価格の下落は資源国の経済を直撃するので、全体としてはマイナスの影響が大きい。だが米国と日本については、そうはならない可能性が高い。

 米国は今のところ世界経済の減速見通しにおける唯一の例外となっている。米国は個人消費が強く、世界経済原則を受けにくい構造となっている。また米国人は世界でもっとも大量に石油を消費している。原油価格の下落は、米国人の可処分所得の増加につながるので、消費は拡大する可能性が高い。
 一方、日本はこのところの円安で輸入物価の上昇に悩まされている。ここ数年の貿易赤字の拡大は、原発停止が原因といわれているが実際はそうではない。日本は基本的に節電で対処しており、エネルギーの輸入量はそれほど増えていない。貿易赤字に大きな影響を与えたのは原油価格をはじめとするエネルギー価格の上昇であった。

 だがここで原油価格が大幅に下がることになると、時間差はあるものの、価格の抑制効果が出てくる。日銀の量的緩和策の目下最大の弊害が輸入物価の上昇であるならば、原油価格の下落は日本経済にとってプラスとなるはずだ。
 だが、量的緩和策発動後の物価上昇は、持続的な経済の拡大ではなく、輸入物価の上昇のみに依存してきたという側面も否定できない。原油価格の下落を生産や消費の拡大にうまく結びつけられなければ、今度は再びデフレ脱却ができなくなるというジレンマに陥る可能性もある。ここに対処するのが本来の成長戦略なはずだが、現状はどうだろうか?

 - 経済 , , ,

  関連記事

fanakku
秘密主義から一転、株主との対話路線に舵を切った「謎の会社」ファナック

 産業用ロボット大手ファナックの株価が急騰している。2月初旬には2万円前後だった …

twitter
ツイッターの第3四半期決算。内容はそこそこだったが、市場は敏感に反応

 短文投稿サイトの米ツイッターは2014年10月27日、2014年7~9月期の決 …

oecd
OECDが付加価値ベースで見た自国産出割合を発表。日本は世界1位なのだが・・・

 経済協力開発機構(OECD)は5月28日、世界貿易機関(WTO)と共同で、貿易 …

neet
ニートだけの会社が11月設立へ。批判の声は多いが、ガバナンス論に一石の可能性も

 メンバー全員がニートで、株主かつ取締役というまったく新しいコンセプトの会社が1 …

karyoku
原発再稼働をうたったエネルギー基本計画素案の前提条件は合っているのか?

 経済産業省は12月6日、総合資源エネルギー調査会の基本政策分科会を開き、「エネ …

chogin
赤プリに続いて旧長銀ビルも解体。不況の最中、新しいビルを次々と壊す異様な光景

 バブル崩壊の象徴であった旧長銀ビルが建て替えられることになった。日本政策投資銀 …

sagawa
今注目の佐川男子。だがヤマトのドライバーとはなぜキャラが違うのか?

 いま注目の佐川男子。だが運送大手でライバルのヤマト運輸のドライバーはなぜか「ヤ …

sumitomochiba
国内化学各社が相次いでエチレン生産から撤退。米国シェールガス革命のインパクト

 住友化学は2月2日、石油化学製品の原料であるエチレンの国内生産を停止すると発表 …

factory01
製造業の就業者が減少との調査結果。だが減っているのは製造業だけではない

 総務省は2月1日、2012年12月分の労働力調査の結果を発表した。それによると …

businessman02
このところ顕著になっている人手不足は景気拡大によるものなのか?

 このところ人手不足がより顕著になっている。人手不足は景気が良くなっている証拠と …