ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米中間選挙は共和党勝利で驚きはなし。経済や株価にはプラスか?

 

 米国では2014年11月4日、中間選挙が実施され、大方の予想通り共和党の勝利となった。上下両院のねじれは解消するが、議会と大統領の対立はさらに激しくなり、オバマ政権のレームダック化が進むことになる。ただ経済面では共和党の意向が通りやすくなるため、プラスと見る関係者が多い。

uscapitol

 中間選挙とは大統領選挙の中間に行われる上下両院の選挙のこと。米国の上院は任期が6年で、2年ごとに3分の1が改選される。一方、下院は任期が2年で、選挙のたびに全員が改選される。2年に1回、議会選挙があるわけだが、大統領選挙がないタイミングで実施される選挙が中間選挙ということになる。

 選挙前は上院が民主党55議席、共和党45議席と民主党が過半数を占めていた。一方、下院は民主党が199議席、共和党が233議席と、こちらは共和党が過半数を占めていた。
 今回の選挙では、上院が民主党45議席、共和党52議席(日本時間6日午前)となり、民主党は上院での支配権を失った。下院は民主党180議席、共和党242議席となり、共和党の勢力がさらに拡大している。

 上下両院で支配政党が異なるという、いわゆる「ねじれ」は解消されることになるが、オバマ政権と議会の対立は決定的なものになる。政権は議会に影響力を行使できないので、政策の遂行はさらに困難になるだろう。 2期目の大統領の後半は、いわゆるレームダック化で動きが取れなくなることが多いが、今回もまさにそのような結果となった。

 オバマ大統領は共和党との妥協を模索しているが、それは通商政策やエネルギー政策などで具現化してくる可能性が高い。共和党は産業寄りの政治家が多いので、米国経済や株価にはプラスと見る市場関係者が多い。
 5日のニューヨーク株式市場は、ダウ平均株価が100ドル上昇し、1万7485ドルと史上最高値を更新した。また米国の石油輸出解禁が進むとの声があり、米国の貿易収支が改善するとの見方からドル高が進んでいる。

 議会と政権の対立は決定的となったが、以前からオバマ政権は実質的に議会に影響力を行使できない状態となっていた。また共和党の勝利はかなり前から予想されていたことであり、今回の選挙が政治や経済の状況を大きく変えることにはならないだろう。

 - 政治 , , , ,

  関連記事

abe
安倍総裁が2%の物価目標を日銀に要請。その結果、経済はどうなる?

 自民党の安倍総裁は18日午後、党本部で日銀の白川総裁と会談し、物価目標を2%と …

capitolhill
TPAがようやく可決。米議会はなぜ外国との通商権限を持っているのか?

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の交渉に重要な役割を果たす、米国の大統領 …

obamashori
一目瞭然!米国の得票地図で見る大統領選挙の結果。なぜオバマは勝てたのか?

 米国大統領選挙は、現職のオバマ大統領の勝利となった。この原稿を書いている時点で …

no image
受給ギャップ拡大などインチキ。そもそも想定された需要など、もはや存在していない

 内閣府は15日、7~9月期の需給ギャップが4~6月期に比べて5兆円拡大して15 …

tokyofukei001
日本人はもっとも市場メカニズムを信用していないが、富の再配分にも否定的

 日本人は先進国の中でもっとも市場メカニズムを信頼していないことが、米調査機関に …

obamacuba
米国とキューバが50年にわたる対立に終止符。仲介役はローマ法王庁

 オバマ米大統領は2014年12月17日、50年以上にわたって国交を断絶していた …

nichibeikokki
米国人の対日世論調査の結果。一般人と有識者で隔たりも

 外務省は2014年11月7日、米国における対日世論調査の結果を発表した。調査は …

obamaaquino201404
米国がフィリピンと新軍事協定。本格的な米軍駐留が再開されるが・・・

 米国政府とフィリピン政府は2014年4月28日、米軍のフィリピン展開を強化する …

nichushuhoukaidan201411
日中首脳会談が2年半ぶりに実現。今後の焦点は米中交渉の行方に

 安倍首相は2014年11月10日、中国の習近平国家主席と会談した。日中首脳会談 …

kokusaishushi201309
経常黒字のカギは海外投資の拡大。だが日本はこれ以上、投資収益を拡大できない?

 財務省は11月11日、9月の国際収支を発表した。最終的な国の利益を示す経常収支 …