ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

トヨタの絶好調決算から学ぶ、円安がもたらすメリットとデメリット

 

 トヨタ自動車は2014年11月5日、2014年9月中間決算を発表し、2015年3月期の通期決算において、純利益が2兆を突破する見通しを明らかにした。円安の進展によっては、さらに業績が上振れする可能性もある。

toyota02

 トヨタの中間決算は、売上高が約13兆円、営業利益が約1兆3000億円と増収増益であった。国内市場やアジア市場では苦戦しており、減収減益だが、経済が好調な北米市場と円安に支えられ、好決算となった。同社では通期の純利益が2兆円を超える見通しを示しているが、もし実現すれば、まさに前人未踏の業績ということになる。

 このところ日本では円安が急速に進んだことから、円安のデメリットが盛んに議論されるようになってきた。つい最近まで円高が諸悪の根源といわれていたことを考えると、まさに状況は180度変わったといってよい。
 円安待望論が盛んだった時期には、円安になれば、日本の輸出が増加して景気が回復すると信じられていた。しかし現実には、輸出金額は増えたものの、輸出数量はほとんど増えず、思ったような効果は得られていない。だが、円安が進んだからといって輸出数量が増えないのは、現在の製造業の事業構造を考えれば当たり前の話である。トヨタはこうした状況を理解する非常によいお手本といえる。

 この半期のトヨタの生産台数は約450万台だが、半分以上の240万台が海外で生産されている。販売台数に至っては約8割が海外となっている。半分以上を海外で作り、8割を海外に売るのが現在のトヨタのビジネス・モデルである。もっと分かりやすくいえば、経済が絶好調で今後も人口の伸びが期待できる米国で稼ぐのが当面の戦略ということである。

 トヨタでは、為替が変動するたびに生産体制を変更する予定はないとしている。事業は市場あってのものであり、為替が変動するたびに、生産体制や販売体制を変えていては、顧客に対して十分な対応ができなくなる。
 またトヨタの製品は、付加価値が高く、値下げしたからといって大量に売れるというものではない。これは逆も成立する話で、円高になったからといって一方的に値上げなどを行えば顧客からの信頼は低下する。日本企業は円安になっても現地の販売価格を引き下げていないが、これもビジネスの現場感覚では当たり前の話なのである。

 トヨタが好決算なのは、顧客が望む製品をもっとも最適な形で提供できたことによるものである。為替で業績が上振れするのは、リソースの最適配分の結果、海外比率が高まった結果にすぎない。

 日本企業は、代替可能な低付加価値の製品を作っているわけではない。通貨安で値引きが可能となり、輸出数量が大幅に増えるというのは、中国や韓国などの話である。トヨタが好決算でも、成熟国家である日本では、国内の産業や雇用への影響は限定的となる。輸出数量が増えて国内産業が活発になるという途上国的な発想ではなく、海外から投資収益の増加など、もっと大局的に円安のメリットについて議論するべきだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

paris
フランスで規制改革法案を大統領が強行採択。規制でがんじがらめの姿はまさに日本

 フランスで規制緩和の法案をめぐって議会が紛糾している。オランド大統領が提出した …

runesasu003
日本市場の公平性に重大な悪影響!ルネサスのハチャメチャ出資計画がまとまる

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスに対する政府系ファンドの出資計画 …

home02
米国の政府系住宅金融公社2社が業務縮小を決定。米国のバブル処理は完全終了へ

 オバマ米大統領は8月5日、住宅金融市場の改革案を発表した。政府系住宅金融機関で …

euwhitehouse
TPPも骨抜き?米欧FTAの交渉がいよいよスタート。米欧は妥結にかなり前向き

 米国と欧州の自由貿易協定である米欧FTAに関する第一回の交渉が7月8日、米国ワ …

soros02
ソロス氏が日銀の緩和策について、円崩壊につながると警告。我々はどう捉えるべきか?

 日銀による異次元の量的緩和の拡大は、円相場崩落と日本からの資本逃避の引き金にな …

tosho03
目立ってきた為替と日経平均の乖離。どちらが実体経済を表している?

 日経平均と為替相場の乖離が大きくなっている。量的緩和策の実施以降、基本的に日経 …

sumsung
大統領選挙でも争点に!韓国の財閥支配の温床「循環出資」とは?

 韓国は財閥が支配している国として有名である。韓国における財閥の影響力は極めて大 …

f15se
韓国が次期戦闘機としてF15を不採用。理由はステルス性能不足ということなのだが・・・・

 次期戦闘機の選定を行ってきた韓国政府は9月24日、最終選考に残っていた米ボーイ …

tokkyo
中国が特許出願で世界1位に。国際特許で見ると「まだまだ」だが躍進は時間の問題

 特許の出願件数で中国が米国を抜いて、はじめて首位に立ったことが明らかになった。 …

baidenindo
米国のバイデン副大統領がインドを訪問。意外に疎遠だった米国とインドの経済関係

 インドと米国があらたな経済連携に向けて対話を始めている。米国のバイデン副大統領 …