ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

JA全中が農協の自己改革案を提示。内容が不十分との声が出る可能性も

 

 全国農業協同組合中央会(JA全中)は2014年11月6日、JAグループの自己改革案を発表した。JA全中の各農協に対する指導・統制の権限は見かけ上廃止するものの、法的な権限を残す内容となった。政府内部からは、改革が不十分との声も上がりそうだ。

jazenchukaicho

 農業協同組合(JA)は、農業従事者や農業を営む法人によって組織された協同組合である。基本的には各地にある個別の農協組織の集合体だが、これらを取りまとめる全国組織がいくつかある。この中でもJA全中は、グループ全体の方針決定や地域農協の指導を行うための組織であり、強い政治力を持っている。

 政府の規制改革会議は今年5月、中央組織が地域の農協を指導する現在の体制を改める必要があるとの報告書を提出。政府はこれをうけて、この制度を廃止する方向で検討を開始していた。今回の自己改革案はJA側が策定したものである。

 改革案では、各地域の農協をJA全中が直接指導する体制を廃止するとしているが、社団法人化を見送っており、農協法による指導権限が残ることになる。また、改革案では、JA全中の監査権の維持を明確にうたっている。
 
 JA全中は強力な指導力を持っているというイメージがあるが、現実はそうでもない。JA全中は各地域の利害を調整する組織であり、トップダウンの指導力を発揮する状況には必ずしもなっていない。
 JA全中がそれでも強力な政治力を発揮できるのは、各地の農協に対してモノやカネの流れをコントールすることができるからである。そのひとつが監査権であり、今回それが明記されたということは、JA全中が実質的な統制力を維持する方針であると解釈することができる。

 さらにいえば農協改革はJA全中の問題だけではない。このほかにも、農産物の集荷や販売を一手に担う全国農業協同組合連合会(JA全農)、生命保険や損害保険のサービスを提供する全国共済農業協同組合連合会 (JA共済)といった組織もある。JA全農やJA共済は、実質的には巨大企業といってよい存在で、こうした組織をどのように扱うのかも、今後の農協のあり方に大きく関わってくる。

 農協法の改正案は来年の通常国会に提出される予定だが、JA全中側が示した自己改革案がそのまま法案化される可能性は低いだろう。

 - 政治 ,

  関連記事

pakucongress
日本を批判したとされる朴槿恵大統領の議会演説はどう解釈すべきか?

 訪米中の韓国の朴槿恵大統領は5月8日、上下両院の合同会議で演説した。前日のオバ …

obamacaretrump
トランプ大統領が目玉政策「オバマケア代替法案」の成立を断念。今後の政権運営に暗雲

 トランプ政権は、目玉政策のひとつであったオバマケアの代替法案について議会での成 …

higasi
東国原氏が下半身記事で週刊文春を提訴。今更名誉毀損でもないでしょ!

 東国原英夫・前宮崎県知事が、週刊文春の記事で名誉を傷つけられたとして、発行元の …

chinaminshu
習近平氏が、民主党派代表と相次いで会談。中国には建前上、共産党以外の政党もある。

 習近平中国共産党総書記は25日、中国民主同盟、中国民主建国会など、中国の各民主 …

saka
日本郵政の斉藤社長が退任。後任は竹中氏の天敵。郵政民営化見直しはこれで完成形?

 日本郵政は19日午前、臨時取締役会を開き、斎藤次郎社長の退任を決定した。後任に …

shogaigenneki
厚労省が年金の維持可能性検証をスタート。全国民・生涯現役が必須要件か?

 厚生労働省は、長期間にわたって年金を維持することが可能なのかについての検証作業 …

kerrykishida
岸田外相がケリー国務長官と会談。米国が日本の自制を強く望んでいることが明らかに

 安倍首相と共に訪米した岸田文雄外相は22日、ホワイトハウスで行われた日米首脳会 …

shujutsu
止まらない医療費の膨張が財政を圧迫。これは日本の中間層が抱える問題そのもの

 厚生労働省は11月14日、2011年度の国民医療費の概況を発表した。国民医療費 …

myanmer02
民主化に逆行?ミャンマーで仏教徒女性の異教徒との結婚を制限する法案が波紋を呼ぶ

 民主化と経済開放が続くミャンマーで、議会に提出が予定されているある法案をめぐっ …

nakamurashuji
中村修二氏のノーベル賞受賞であらためて問われる「発明の対価」

 今年のノーベル物理学賞は青色発光ダイオード(LED)を発明した名城大学の赤崎勇 …