ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

国際的なジャーナリスト集団が、租税回避国活用企業リストを公表

 

 国際的な脱税や各国要人・富豪の海外隠し資産を追及している国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)は2014年11月5日、グローバル企業約340社が、ルクセンブルグと協定を結び、租税を回避していた事実を突き止めたと発表した。
 イケアやなど世界的ブランド企業が数多く含まれているほか、あおぞら銀行や日本板硝子など、グローバル経営で知られる日本企業の名前も上がっている。

sozeikaihilist

 ICIJは、各国のジャーナリストが集まり、国際的な租税回避などを調査するために作られた団体。今年の1月には海外に隠し資産を持つ中国の要人リストを公表したり、8月にはタックスヘイブン(租税回避地)における資産隠匿者リストを公表するなど、各国の政界や財界に衝撃を与えてきた。

 今回は、26カ国の記者約80人が動員され、約6カ月間の調査が行われた。2万8000ページの資料が分析され、その結果、飲料大手ペプシコ、家具のイケア、ドイツ銀行といった著名企業が、ルクセンブルクの課税回避措置を活用していたことが明らかとなった。またこれらの実施には、コンサルティング会社であるプライスウォーターハウスクーパースが深く関与していたという。

 各社の行った行為が、各国の税法上どのような扱いになるのかは分からないため、一概にこうした措置が批判されるべきものなのかは何ともいえない。ただ、いわゆるグローバル企業と呼ばれる企業が、ルクセンブルグのような国の制度をフル活用してきた実態は明らかになったといえるだろう。

 日本企業では、あおぞら銀行、日本板硝子、パロマ、日興コーディアル証券(現SMBC日興証券)などの名前があがっている。あおぞら銀行や日本板硝子は、経営陣に外国人も参加するグローバル企業として知られている。また金融機関は、日常的にこうした国との取引があるため、リストに名前が出ることは特に不思議ではない。

 一般的にこうしたリストに日本人や日本企業の名前が出るケースは少ない。これについては、日本企業のグローバル化が進んでいない結果と見ることもできるし、日本企業は徹底して租税回避を行っていないと見ることもできる。どちらと映るのかは、立場によって異なるかもしれない。

 - 社会, 経済 ,

  関連記事

venetian
世界のカジノ王が日本に1兆円投資の用意?白熱化する日本カジノ構想

 世界最大級のカジノ運営会社ラスベガス・サンズは2014年2月24日、日本でのカ …

seijouishii
マネーゲームの末、高級スーパー成城石井はローソンへ。相乗効果は未知数

 コンビニ大手のローソンが、首都圏を中心に高級スーパーを展開する成城石井を買収す …

intelbaytrail
米インテルの業績がプラス転換。スマホ・シフトの成否についてはまだおあずけ

 半導体世界最大手の米インテルは2014年1月16日、2013年10~12月期の …

takeshima
朴槿恵氏の大統領就任で韓国経済や日韓関係はどうなるか?

 与党セヌリ党の朴槿恵(パク・クネ)候補が大統領に選出されたことで、韓国はどのよ …

super01
日本の伝統工芸品も値上げ?インフレ経済はこうして始まっていく

 本格的な円安が始まってから1年が経過した。当初は灯油や衣類など、輸入品を中心と …

jinkochinoibm
メガバンクで人工知能の活用が本格化。新産業革命の時代はすぐそこ?

 メガバンクで人工知能を活用する動きが本格化している。制約条件の多い銀行業務での …

konamiruku
香港ママvs本土ママ。春節を前に香港で再び粉ミルク騒動が勃発

 中国で春節(旧正月)の休暇が近づいていることから、香港で再び粉ミルクの争奪戦が …

francisco1
バチカン銀行の改革でマフィアとトラブル?フランシスコ法王の改革は進むのか?

 フランシスコ新法王の下、バチカンでは金融システム改革が進められている。フランシ …

powerball
賞金470億円!夢の米国宝くじ。それに比べて日本の宝くじのお粗末さときたら・・・

 1等賞金が史上最高額となり全米の注目を集めていた宝くじ「パワーボール」の抽選が …

setubitousi
1月の機械受注はわずかに減少。1~3月期のGDPにはどう影響する?

 内閣府は2015年3月11日、1月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …