ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国人の対日世論調査の結果。一般人と有識者で隔たりも

 

 外務省は2014年11月7日、米国における対日世論調査の結果を発表した。調査は一般人と、各界で指導的立場にある人を分けて実施しているが、このところ両者の違いが鮮明になる傾向が見られる。

nichibeikokki

 この調査は、外務省が1960年から継続して実施しているものである。18歳以上の約1000名を対象とした「一般の部」と、政官財、学術、マスコミなどで指導的立場にある200名を対象とした「有識者の部」に分かれている。

  日本は信頼できる友邦かとの質問に対して、信頼できると回答した一般人は73%だったが、有識者では90%にのぼっている。信頼できるとの回答は有識者では以前から高水準だったが、一般人では90年代に入ってから上昇している(95年は50%)。しかし、2012年の84%をピークに下落に転じ、2013年には76%に、今回は73%になっている。また信頼できないという人も18%存在している。
 また日米協力関係一般に対する質問でも、「良好」「極めて良好」と答えた人の割合が、一般の部で低下傾向がより顕著に見られる。

 一方、日米安全保障条約が、地域の平和と安定に貢献しているかという質問に対しては、全体的な低下傾向は見られるものの、一般と有識者との間で大きな違いはない。
 ただ、日米安保を維持すべきと回答した人の割合については、2013年に急低下(一般人が89%から67%に、有識者が93%から77%に)しており、2014年には回復したものの(一般人が81%、有識者は85%)以前の水準までは戻っていない。

 このところ、日米同盟にすきま風が吹いているともいわれているが、世論調査全体を見れば、米国人は引き続き、日本について重要で信頼できるパートナーと認識しているのは間違いない。
 ただ、ここ2~3年の間で、こうした信頼関係が全体的に低下傾向にあることや、特に一般人の印象が低下しているのも事実である。また、日米同盟を質的に変えていくべきだという潜在的な要望があるとも解釈できる。

 日米同盟を外交の基軸とするのであれば、有識者だけでなく、一般的な米国人が持つ対日イメージというものも、もう少し考慮した方がいいのかもしれない。また日米同盟の質的な変化というものは、やはり時代の要請とj考えるべきだろう。

 - 政治, 社会 ,

  関連記事

shukinpei06
中国で習近平国家主席への権力集中が進む。安定化なのか政情不安なのか?

 中国共産党指導部で、習近平国家主席への権力集中が進んでいる。習政権の権力基盤は …

obamasyria02
オバマ政権の目論見通り?シリアの化学兵器廃棄で攻撃回避の可能性が高まる

 シリアが保有する化学兵器を国際管理下に置くというロシア提案をシリア政府が受け入 …

jieitai
自国のため戦うという日本人の割合は世界最低。だが、見方を変えてみると・・・・

 WIN―ギャラップ・インターナショナルは2015年3月18日、「自国のために戦 …

chousahogei
調査捕鯨中止の判決は、ムラ社会型日本外交の完全な敗北

 国際司法裁判所は2014年3月31日、南極海で行われている日本の調査捕鯨を中止 …

joseikatuyaku
政府が1億総活躍社会における経済効果を試算。個人消費は13.7兆増えるとしているが・・・

 政府は2016年4月18日、一億総活躍社会を目指す取り組みが実現した場合の経済 …

Thatcher
構造改革路線の生みの親、英国のサッチャー元首相が死去

 英国の元首相で「鉄の女」ともいわれたマーガレット・サッチャー氏が4月8日、脳卒 …

businessman
2014年度の実質成長率見通しは1.3%に下落。その理由は消費増税ではない?

 政府の2014年度における経済成長見通しがほぼ固まった。物価変動の影響を除いた …

dna
ゲノム研究の進展が切り開く?病気に対する総合的アプローチ

 ゲノム関連の研究が進んでいることで、病気に対する新しいアプローチ方法が見え始め …

ryounei
中国初の空母「遼寧」が青島に配備。地政学的にそれが意味すること

 中国海軍は27日、中国初の空母「遼寧」の母港を青島とし、同艦の着岸を完了したと …

kaisatu
イマドキの新社会人の価値観は、実はバブル世代上司とそっくり

 人並みに働けば十分と考える新入社員が過去最高水準になったことが、日本生産性本部 …