ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

お役所がなぜ「英断」できたのか?厚労省が厚生年金基金廃止に舵を切った本当の理由

 

 ファンド(投資信託)購入の見返りに現金100万円を受 け取ったとして、警視庁と福岡県警は11日、福岡県エルピーガス厚生年金基金・理事長の寺崎和典容疑者を収賄容疑で逮捕した。またファンドの販売を仲介したコン サルタント会社ソメヤキャピタルリサーチ社長の染谷訓容疑者も贈賄容疑で逮捕した。

 福岡県エルピーガス厚生年金基金は、福岡県内のLPガス販売会社が加入する厚生年金基金。寺崎容疑者は2010年3月、染谷容疑者の仲介で都内の投資顧問会社からファンドを2億円分購入し、その見返りに染谷容疑者から現金100万円w受け取っていたという。賄賂は複数の銀行口座を経由して、寺崎容疑者の経営する会社に振り込まれていた。
 この厚生年金基金は、年金基金から預かった資金の大半を消失させウソの報告をして詐欺事件に発展した「AIJ投資顧問」にも一時運用を委託していた。捜査の過程で今回の汚職が発覚したという。

 このほか多くの厚生年金基金において、運用の失敗で多額の損失を出すなどの不祥事が相次いでおり、今回の事件やAIJ問題は氷山の一角。この事態をうけて厚生労働省はすでに厚生年金基金制度を廃止する方針を打ち出している。

 ノンキャリの下級公務員がほとんどとはいえ、厚労省から厚生年金基金に対してはかなりの数の職員が天下っている。いわば厚労省の利権の巣窟である厚生年金基金を廃止すると厚労省自身が表明したことに、一部では賞賛の声があがっている。制度自体を廃止しないと解決できない状況にまで事態が悪化しており、やむを得ない決断だったとの指摘もある。

 だが厚労省がこのような「英断」を下した背景はもう少し複雑である。
 全国の厚生年金基金には700人もの公務員が天下りしている。本来であれば厚労省はどんなに批判されようとも、必死でこの天下り先を守るはずだ。だが今回そうしなかったのは、700人の天下り職員のほぼ全員が旧社会保険庁からの天下りだったからである。
 旧社会保険庁は年金問題の批判を受け、特殊法人の日本年金機構として独立した。厚労省から見れば、年金機構は格下の民間企業であり、職員はもはや公務員ではない。民間企業の職員などゴミ同然にしか思っていない本省の公務員からすれば保護する必要ななどまったくないのだ。

 公務員が国民のためになる政策を一生懸命に実施する時には何かウラがある。厚生年金基金制度の廃止は正しい選択だが、厚労省の決断を安易に評価してはいけない。

 - 政治, 社会

  関連記事

kankokugenpatu
韓国での原発トラブルが止まらない!本当にヤバイのでは?との声も

 韓国で原発のトラブルが相次いでいるが、このところその傾向に拍車がかかっている。 …

grillo
イタリア総選挙が大混乱。欧州危機が再燃するのか?それもと一時的なショックか?

 2月24日と25日に投票が行われたイタリア総選挙の結果が大混乱となり、世界の市 …

pakucongress
日本を批判したとされる朴槿恵大統領の議会演説はどう解釈すべきか?

 訪米中の韓国の朴槿恵大統領は5月8日、上下両院の合同会議で演説した。前日のオバ …

kousokumuryouka
GDP改定値は政府の目論見通り大幅上方修正。消費税増税はほぼ確実か?

 内閣府は2013年9月9日、4~6月期GDP(国内総生産)の改定値を発表した。 …

makuron
仏大統領選では独立候補のマクロン氏が勝利。欧州の景気拡大も後押しか

 フランス大統領選は事前の予想通り、中道系独立候補のエマニュエル・マクロン氏が極 …

win800
パソコンが消滅する?Windows8が示すパソコン時代の静かな終焉

 マイクロソフトは同社の基本ソフトの最新版である「Windows8」を26日、全 …

ishiba02
石破氏が安保担当相辞退の見込み。場合によっては秋の解散総選挙の可能性も

 自民党の石破幹事長が、9月3日に行われる内閣改造をめぐり、安倍首相が要望してい …

jinminkaihogun
中国人民解放軍が大規模な組織改編。軍の近代化と地域利権の排除が狙いか?

 中国人民解放軍は2016年2月1日、従来の軍区に代わり、新しく戦区という区域を …

nichigin04
日銀の政策委員会、積極緩和派の原田氏起用で黒田路線がより強固に

 政府は2015年2月5日、退任する日銀の宮尾龍蔵審議委員の後任に、積極的な金融 …

saitengai
中国の新駐米大使は駐日大使経験者。中国はいよいよ日米の分断作戦開始との噂

 中国政府は3月3日、前駐日大使の崔天凱外務次官を駐米大使に起用する人事を決めた …