ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国がエネルギーの完全自給が可能に。世界的な安全保障の枠組みに変化の可能性

 

 国際エネルギー機関(IEA)は12日、米国が近い将来、世界最大のエネルギー産出国になる見通しだと発表した。
 同機関が作成した 「世界エネルギー見通し」によると、シェールガス(地下の岩盤から取り出す石油ガス)の開発が進展することによって米国が2020年半ば頃までに世界最大の石油生産国となる見通しだという。米国は世界最大のエネルギー消費国であり、現在全体の20%を輸入しているが、ほぼすべてのエネルギーを自給自足できることになる。

 米国が石油を完全に自給できるようになることの意味は大きい。米国が覇権国家として強大な軍事力を維持してきたのは以下の二つの理由からだ。

 ①石油の安定的な供給源を確保するため
 ②米国企業が世界の主導権を握る石油産業を通じて世界に影響力を行使するため

 米国がエネルギーを完全自給できるとなると、①の理由は必要なくなる。イラク戦争はイラクの石油資源を確保する目的があったといわれているが、②だけの理由ならばあれだけの戦争を起こすメリットは少なくなってしまう。

 オバマ大統領が再選されたことで、米国の軍事費削減と世界の警察官からの「撤退」はさらに加速すると考えられる。ここで石油の自給が可能になれば、この動きに弾みをつけるだろう。

 日本の石油自給はほぼゼロであり、すべてを海外からの輸入に頼っている。軍隊を持たずに石油の安定供給を確保するというのは本来不可能なことだが、米国の石油政策や安全保障政策と相乗りすることでこれを実現してきた。日米安保体制が維持できたのも米国の石油政策によるところが大きい。
 だが米国が石油を自給できてしまうと、日本と安全保障条約を結んでおくメリットはさらに減少する。すでに日米安保体制は崩壊しつつあるが、米国の石油自給はこれをさらに加速させる可能性がある。

 今の米国を見ていると信じられないかもしれないが、以前の米国は「引きこもり政策」を実施していた。1823年当時のモンロー大統領はモンロー宣言を発表し、欧州(外国)の問題には一切関与しない代わりに欧州からの不干渉を求めた。米国がこの国是を180度転換させたのは、太平洋戦争における日本からの真珠湾攻撃であった。
 米国が突如、国際政治の安定化におけるリーダーシップを放棄する可能性は十分あり得るのだ。米国が中東からアジアへ政治的関心をシフトさせているのは、その兆候かもしれない。

 シェールガスの増産は石油の枯渇という問題にとっては朗報だが、いずれにせよすべてのエネルギーを輸入しなければならない日本にとって、米国が自給可能になるというのは悪いニュースでしかない。

 - 政治, 経済

  関連記事

seirousikaigi201412
政労使会議で来春の賃上げを明記。だが他の要請事項は相互に矛盾している

 政府は2014年12月16日、政府、経済団体、労働団体の代表らが、雇用や賃金に …

sinise
来年100周年を迎える企業が1425社。このニュースの意味分かります?

 来年に創業100周年を迎える企業が全国で1425社に上ることが帝国データバンク …

mama
子供がいると女性は不幸?内閣府の調査結果は日本社会の現状をよく表している

 内閣府経済社会総合研究所は、幸福度が子供の存在によってどのような影響を受けてい …

nichigin
日銀が3年分の物価見通しを初めて発表。本当ならかなりのインフレになるぞ!

 日銀は4月26日、金融政策決定会合を開催し、日本経済の見通しを示す、「経済・物 …

sharp
シャープが公募増資を検討中。金額は1000億円と中途半端でやはり抜本解決にならず

 経営再建中のシャープが2013年春にも公募増資に踏み切る可能性が高くなってきた …

laferrari
景気低迷でもフェラーリやランボルギーニの限定モデルが飛ぶように売れるワケ

 世界経済の回復を先取りしているのか、欧州で超高級車が飛ぶように売れている。イタ …

hatarakumama
日本の「働くママ」の環境は最悪とのOECD報告。男女平等論で欠落している視点とは?

 OECD(経済協力開発機構)は17日、子供を持つ女性の給与格差に関する国際的な …

zenjindai2014
中国で全人代が開催。中国が抱える問題はバブル後の日本にさらに酷似

 中国における今後1年間の重要政策を議論する全人代(全国人民代表大会)が2014 …

koubunshokan
日本の秘密保持、公文書管理、情報公開はそもそもどのような体系になっているのか?

 政府は秋の臨時国会に特定秘密保護法案を提出する。この法案に対しては知る権利をめ …

uiguru
新疆ウイグル自治区でまた衝突が発生。取材制限で実態は闇に包まれたまま

 中国国営の新華社通信は6月26日、中国北西部の新疆ウイグル自治区で「ナイフで武 …