ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

7~9月期のGDPは予想通り思わしくない可能性が大。増税スキップは政治判断へ

 

 11月17日に発表される7~9月期の実質GDPの数字が思わしくない可能性がさらに高まってきた。日本経済研究センターが民間エコノミスト42人の予測をまとめた調査では、年率換算で実質成長率がプラス2.4%程度にとどまる見通しとなっている。消費税先送りはまさに政治判断となりそうだ。

 abekaisan20141113 実質GDPの成長率(年率換算)は、2013年10~12月期がマイナス0.5%、2014年1~3月期はプラス6.0%、2014年4~6月期はマイナス7.1%となっている。2014年1~3月期は消費税前の駆け込み需要で、4~6月期はその反動である。7~9月期と10~12月期が大幅なプラスになれば、通年でもプラス成長が実現することになる。

 だがエコノミストの予測では、7~9月期については2.4%程度にとどまる見通しとなっている。この先についてエコノミストはさらに消極的で、2014年度通期では、実質成長率がプラス0.18%と、ゼロ成長に近い水準を見込んでいる。

 仮にプラス2.4%という数字が正しいとして、単純に7~9月期だけを見れば十分なプラス成長なので、増税に踏み切るという判断も可能かもしれない。しかし、増税という今後長期にわたって経済や財政に影響を与える政策についてひとつの四半期だけで判断するというのも非現実的である。前後の状況を考えれば、実質的にゼロ成長であり、増税は先送りすべきという議論も十分に成立するだろう。

 安倍政権は、GDPの速報値が発表になった後、解散に踏み切る意向を固めているといわれる。この段階になってしまうと、増税先送りの判断は完全に政局マターとなってしまっており、経済的な見地での議論は意味をなさないかもしれない。

 GDPの数字が悪く、増税先送りを決断したいので国民の信を問うと説明すれば、とりあえずの大義名分は立つことになる。一方、政府与党内にも増税延期に対する反対論は根強い。もはや政治的にどちらを優先するのかという状況であり、最終的には安倍首相の政治判断にかかっている。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

tsutusmiseiji
日本社会の成熟化を夢見たセゾングループの創設者、堤清二氏が死去。

 実業家でセゾングループ創業者の堤清二(つつみ・せいじ)氏が11月25日、東京都 …

kotori
消費税還元セールは禁止!政府与党の本当の狙いは何か?

 政府・自民党は、消費税の増税にあたって小売店が「消費税還元セール」を行うことを …

kourousho
労働者派遣法改正案が廃案。原因は何とコピペ?による法案の作成ミス

 派遣労働者の受け入れ期間の上限を撤廃する労働者派遣法の改正案が2014年6月2 …

chukounen
中高年は若者のことを考えているのか?いないのか?

 日本の政策のほとんどは中高年向けのものに偏っている。その際たるものは年金受給額 …

nomura
大リストラと収益貢献の優等生。野村と三菱の外銀買収で明暗を分けたのは?

 大手金融機関の海外展開力に大きな差が付き始めている。野村ホールティングスと三菱 …

kidera
中国大使の木寺氏が着任。真紀子大臣に責められ病気になっちゃった人だけど大丈夫?

 丹羽中国大使の事実上の後任となる木寺昌人駐新中国大使が25日着任した。木寺氏は …

softbanksprint
ソフトバンクが買収した米スプリントの業績に改善傾向。黒字化も見えてきた?

 ソフトバンクが216億ドル(約2兆2000億円)をかけて買収した米スプリントの …

wimbledon
自国選手優勝まで77年。ウィンブルドン方式(市場開放)は有効な経済政策になるか?

 テニスの世界4大大会であるウィンブルドン選手権(全英オープン)において、7月7 …

sharp
シャープがレノボにテレビ工場を売却。再建のカギである鴻海との提携は依然として進まず

 経営再建中のシャープが、中国のパソコン大手レノボ(聯想)に、中国のテレビ組立工 …

no image
ユーロ・ベガス計画がマドリードに決定。スペインの街にイタリア都市が出現?

 ユーロ・ベガスと呼ばれるスペインの超大型カジノ計画をめぐって、激しい誘致合戦を …