ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

7~9月期のGDPは予想通り思わしくない可能性が大。増税スキップは政治判断へ

 

 11月17日に発表される7~9月期の実質GDPの数字が思わしくない可能性がさらに高まってきた。日本経済研究センターが民間エコノミスト42人の予測をまとめた調査では、年率換算で実質成長率がプラス2.4%程度にとどまる見通しとなっている。消費税先送りはまさに政治判断となりそうだ。

 abekaisan20141113 実質GDPの成長率(年率換算)は、2013年10~12月期がマイナス0.5%、2014年1~3月期はプラス6.0%、2014年4~6月期はマイナス7.1%となっている。2014年1~3月期は消費税前の駆け込み需要で、4~6月期はその反動である。7~9月期と10~12月期が大幅なプラスになれば、通年でもプラス成長が実現することになる。

 だがエコノミストの予測では、7~9月期については2.4%程度にとどまる見通しとなっている。この先についてエコノミストはさらに消極的で、2014年度通期では、実質成長率がプラス0.18%と、ゼロ成長に近い水準を見込んでいる。

 仮にプラス2.4%という数字が正しいとして、単純に7~9月期だけを見れば十分なプラス成長なので、増税に踏み切るという判断も可能かもしれない。しかし、増税という今後長期にわたって経済や財政に影響を与える政策についてひとつの四半期だけで判断するというのも非現実的である。前後の状況を考えれば、実質的にゼロ成長であり、増税は先送りすべきという議論も十分に成立するだろう。

 安倍政権は、GDPの速報値が発表になった後、解散に踏み切る意向を固めているといわれる。この段階になってしまうと、増税先送りの判断は完全に政局マターとなってしまっており、経済的な見地での議論は意味をなさないかもしれない。

 GDPの数字が悪く、増税先送りを決断したいので国民の信を問うと説明すれば、とりあえずの大義名分は立つことになる。一方、政府与党内にも増税延期に対する反対論は根強い。もはや政治的にどちらを優先するのかという状況であり、最終的には安倍首相の政治判断にかかっている。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

joseikatuyaku
政府が1億総活躍社会における経済効果を試算。個人消費は13.7兆増えるとしているが・・・

 政府は2016年4月18日、一億総活躍社会を目指す取り組みが実現した場合の経済 …

runo
ルノーが往年の名車の復刻版を投入。これは自動車コモディティ化の予兆か?

 仏自動車大手のルノーが、往年の名車と呼ばれた「アルピーヌ」の復刻モデルを発売す …

choukikinri
デフレは構造的要因と譲らなかった白川前総裁はやはり正しかったのか?

 日本の長期金利低下が加速している。10月2日の債権市場では10年物国債の利回り …

oilpump
米国がエネルギーの完全自給が可能に。世界的な安全保障の枠組みに変化の可能性

 国際エネルギー機関(IEA)は12日、米国が近い将来、世界最大のエネルギー産出 …

bouekitoukei 201503
貿易収支は2年9カ月ぶりに黒字。長期的に赤字傾向は変わらない可能性が高い

 財務省は2015年4月22日、3月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

son
ソフトバンクの孫社長が次々と巨大豪邸を建設。その真意は?

 ソフトバンクの孫正義社長が、最近次々と豪邸を建てている。短期間に3つも豪邸を建 …

doragi02
欧州の長期金利上昇が日本にも波及。日銀に残された時間は少ない

 欧州の長期金利が上昇している。ECB(欧州中央銀行)が量的緩和策の縮小を検討し …

toyotaeco
トヨタが戦略を大転換。2020年までに電気自動車量産開始でガラパゴス化を回避

 トヨタが2020年までに電気自動車(EV)を量産する方向で検討を開始したことが …

akafuku
「外国人お断り」という赤福前社長の発言は、日本人の優柔不断さの象徴?

 伊勢神宮の銘菓「赤福」の前社長による「外国人には来て欲しくない」という発言が波 …

no image
ロムニー氏が弱者軽蔑発言。正論なのだが何が問題となっているのか?

 「米国民の47%は政府にタカっている」。共和党のロムニー大統領候補の弱者軽蔑と …