ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

7~9月期のGDPは予想通り思わしくない可能性が大。増税スキップは政治判断へ

 

 11月17日に発表される7~9月期の実質GDPの数字が思わしくない可能性がさらに高まってきた。日本経済研究センターが民間エコノミスト42人の予測をまとめた調査では、年率換算で実質成長率がプラス2.4%程度にとどまる見通しとなっている。消費税先送りはまさに政治判断となりそうだ。

 abekaisan20141113 実質GDPの成長率(年率換算)は、2013年10~12月期がマイナス0.5%、2014年1~3月期はプラス6.0%、2014年4~6月期はマイナス7.1%となっている。2014年1~3月期は消費税前の駆け込み需要で、4~6月期はその反動である。7~9月期と10~12月期が大幅なプラスになれば、通年でもプラス成長が実現することになる。

 だがエコノミストの予測では、7~9月期については2.4%程度にとどまる見通しとなっている。この先についてエコノミストはさらに消極的で、2014年度通期では、実質成長率がプラス0.18%と、ゼロ成長に近い水準を見込んでいる。

 仮にプラス2.4%という数字が正しいとして、単純に7~9月期だけを見れば十分なプラス成長なので、増税に踏み切るという判断も可能かもしれない。しかし、増税という今後長期にわたって経済や財政に影響を与える政策についてひとつの四半期だけで判断するというのも非現実的である。前後の状況を考えれば、実質的にゼロ成長であり、増税は先送りすべきという議論も十分に成立するだろう。

 安倍政権は、GDPの速報値が発表になった後、解散に踏み切る意向を固めているといわれる。この段階になってしまうと、増税先送りの判断は完全に政局マターとなってしまっており、経済的な見地での議論は意味をなさないかもしれない。

 GDPの数字が悪く、増税先送りを決断したいので国民の信を問うと説明すれば、とりあえずの大義名分は立つことになる。一方、政府与党内にも増税延期に対する反対論は根強い。もはや政治的にどちらを優先するのかという状況であり、最終的には安倍首相の政治判断にかかっている。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

caterpilar
世界経済の映し鏡である米キャタピラーの決算。中国景気失速の影響で売上は大幅減

 米建設機械大手のキャタピラーは10月23日、7~9月期の決算を発表した。キャタ …

frbieren201407
FRBがとうとう量的緩和を終了。米国経済は完全復活し、今後の焦点は金利へ

 FRB(連邦準備制度理事会)は2014年7月9日、6月のFOMC(連邦公開市場 …

uiguru
新疆ウイグル自治区で警官とウイグル族住民が衝突。中国政府はテロと説明

 中国国営新華社通信は、中国北西部の新疆(しんきょう)ウイグル自治区で4月23日 …

androidTV
グーグルが着々と進める家電のネットワーク化と人工知能化

 ネット検索最大手の米グーグルが、家電の人工知能化を急ピッチで進めている。同社が …

kousai20130513
日米で金利が急上昇。米国は景気拡大を反映しているが、日本はどう解釈すべきか?

 日米で長期金利が上昇傾向を見せ始めている。米国の金利上昇についは、市場関係者の …

mama
子供がいると女性は不幸?内閣府の調査結果は日本社会の現状をよく表している

 内閣府経済社会総合研究所は、幸福度が子供の存在によってどのような影響を受けてい …

sharp
シャープがLIXILなどに出資要請との報道。シャープペンシルの時代に逆戻り?

 経営再建中のシャープが、複数の事業会社に対して出資要請を検討していることが明ら …

pakucongress
無罪を勝ち取った産経前ソウル支局長の手記から日本人は何を感じるべきか

 韓国の朴槿恵大統領に対する名誉毀損容疑で起訴され、1年半にわたる法廷闘争の末、 …

yosankyosho2015
オバマ政権が2015年度予算教書を発表。米国の財政収支改善がより明確に

 米大統領府(ホワイトハウス)は2015年会計年度(2014年10月~2015年 …

kakugi02
緊急経済対策が正式に閣議決定。内容は経済産業省の意向を強烈に反映している

 政府は11日午前の閣議において緊急経済対策を正式決定した。地方自治体や民間企業 …