ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

7~9月期のGDPは予想通り思わしくない可能性が大。増税スキップは政治判断へ

 

 11月17日に発表される7~9月期の実質GDPの数字が思わしくない可能性がさらに高まってきた。日本経済研究センターが民間エコノミスト42人の予測をまとめた調査では、年率換算で実質成長率がプラス2.4%程度にとどまる見通しとなっている。消費税先送りはまさに政治判断となりそうだ。

 abekaisan20141113 実質GDPの成長率(年率換算)は、2013年10~12月期がマイナス0.5%、2014年1~3月期はプラス6.0%、2014年4~6月期はマイナス7.1%となっている。2014年1~3月期は消費税前の駆け込み需要で、4~6月期はその反動である。7~9月期と10~12月期が大幅なプラスになれば、通年でもプラス成長が実現することになる。

 だがエコノミストの予測では、7~9月期については2.4%程度にとどまる見通しとなっている。この先についてエコノミストはさらに消極的で、2014年度通期では、実質成長率がプラス0.18%と、ゼロ成長に近い水準を見込んでいる。

 仮にプラス2.4%という数字が正しいとして、単純に7~9月期だけを見れば十分なプラス成長なので、増税に踏み切るという判断も可能かもしれない。しかし、増税という今後長期にわたって経済や財政に影響を与える政策についてひとつの四半期だけで判断するというのも非現実的である。前後の状況を考えれば、実質的にゼロ成長であり、増税は先送りすべきという議論も十分に成立するだろう。

 安倍政権は、GDPの速報値が発表になった後、解散に踏み切る意向を固めているといわれる。この段階になってしまうと、増税先送りの判断は完全に政局マターとなってしまっており、経済的な見地での議論は意味をなさないかもしれない。

 GDPの数字が悪く、増税先送りを決断したいので国民の信を問うと説明すれば、とりあえずの大義名分は立つことになる。一方、政府与党内にも増税延期に対する反対論は根強い。もはや政治的にどちらを優先するのかという状況であり、最終的には安倍首相の政治判断にかかっている。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

ibukibunmei
伊吹議長の発言に首相周辺が不快感との報道に見る、マスコミと権力の複雑な癒着関係

 政府主催の「東日本大震災三周年追悼式」において、伊吹文明衆議院議長による脱原発 …

hotelohkura
ホテルオークラ東京がとうとう建て替えを発表。同社が決断した背景を探る

 ホテルオークラは2014年5月23日、同社の旗艦ホテルであるホテルオークラ東京 …

keitairyoukin
迷走する携帯料金引き下げ問題。日本の劣化を示す象徴的な事例

 携帯料金の見直しに関する議論が激しさを増している。高市早苗総務大臣は、記者団に …

carnival
洋上火災を起こした大型クルーズ船の姉妹船で、今度は乗客が行方不明

 オーストラリアのクルーズ船で乗客2名が行方不明になっている。5月9日午前、10 …

apple2016q3
iPhoneを特別視しているのはもはや日本人だけ。IT業界で進むコモディティ化の波

 米国のITビジネスが大きな転換点を迎えようとしている。米アップルの決算は2四半 …

greekyogur
EUなんて幻想?ギリシャの有力企業が相次いで本社を国外に移転し、空洞化が加速

 経済危機が続くギリシャで有力企業の本社を国外に移す動きが出てきている。10月に …

chogin
赤プリに続いて旧長銀ビルも解体。不況の最中、新しいビルを次々と壊す異様な光景

 バブル崩壊の象徴であった旧長銀ビルが建て替えられることになった。日本政策投資銀 …

bouekitoukei 201409
貿易赤字は一定水準でほぼ安定。やはり円安は輸出増加に寄与せず

 財務省は2014年10月22日、9月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差 …

usakoyoutoukei201409
9月の米雇用統計は予想以上。ただし、世界経済は減速懸念でディスインフレ?

 米労働省は2014年10月3日、9月の雇用統計を発表した。非農業部門の雇用者数 …

newspicks
NewsPicksを運営するユーザベースが上場。本業はまずまずだが上場を急いだ印象は拭えない

 ニュース・アプリ「NewsPicks」を運営するユーザベースが2016年10月 …