ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

韓国が日中韓首脳会談の開催に言及。実現に向けて調整が始まっているが・・・

 

 約2年半ぶりに日中首脳会談が実現したことで、日中、日韓の外交が大きく動き出す可能性が高くなってきた。緊張関係の緩和は喜ばしいことだが、逆にこの2年半の対立は何だったのかという疑問も湧いてくる。

asean20141114

 安倍首相は2014年11月10日、中国の習近平国家主席と会談した。会談はAPEC(アジア太平洋経済協力会議)を利用して行われたもので、とりあえず両首脳が会談を行うこと自体を目的としている。形式的な会談であり、具体的な成果は当初から想定されていなかった。ただ、2年半も途絶していた日中の交流が再スタートした意味は大きく、米国政府も歓迎の意向を表明している。

 この動きにすばやく反応したのが韓国である。韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は13日、APECに続いてミャンマーで開催された東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議において「日中韓首脳会談を実現したい」と発言した。安倍首相も「外相会談を早期に開催し、首脳会談の開催につなげていきたい」と述べている。

 安倍首相と朴大統領は会議の場などで何回も笑顔で会話しており、その様子は何度も放映された。写真撮影でも隣り合わせて手をつなぎ、友好ムードを強調している。また中国の李克強首相とも短時間だが、友好的な会話があったとされている。
 国内でも、岸田外相や菅官房長官などから、こうした動きを歓迎する発言が相次いでいる。中国は基本的に日中韓首脳会談に応じる姿勢といわれており、政府内部ではその実現に向けて調整が始まっていると考えられる。

 個別の動きもスタートしている。太田国土交通相はすでに16日から中国を訪問している。観光担当の責任者と会談し、観光分野の関係強化について意見交換するほか、現地の博覧会を視察する。自民党の谷垣幹事長は17日、党本部で中国共産党の中央対外連絡部の幹部と会談し、今後の日中交流について意見を交わした。

 日中、日韓の対立が長引いたことで、国内では財界を中心に早期の関係改善を望む声が高まっていた。また米中交渉を有利に進めたい米国にとっても、日本と中国・韓国の対立は目の上のたんこぶであった。日中韓の関係改善が進むことのメリットは大きいだろう。

 一方、日本にとってみれば、以前とまったく状況は変わっていない。むしろ、日中交渉で、一定の譲歩をしてしまったことで、外交的には後退したと見ることもできる。財界や米国からの要請で、結局、関係改善を図ったということであれば、そもそも中韓と対立したことに、どんな意味があったのか分からなくなってしまう。単に中国側の挑発に乗ってしまっただけという厳しい評価も成立することになる。

 - 政治 ,

  関連記事

clinton
岸田外相の訪米が決定。だが米国側の最大の関心事は何と慰安婦問題?

 岸田文雄外相は8日、クリントン米国務長官と電話会談を行い、今月18日にワシント …

beikan
韓国における米軍からの指揮権移管延期問題は、日本にとって他山の石

  米国のヘーゲル国防長官と韓国の金寛鎮国防相は10月2日、ソウルで米韓安保会議 …

abe
安倍総裁が景気が悪い場合の消費増税中止を示唆。狙いは予算バラマキの継続的な拡大

 自民党の安倍総裁は、2014年4月に実施される消費税増税について、GDPの数字 …

kyouin
心の病で休職する教員は民間企業の倍近く。教師の適性に問題があるのでは?

 文部科学省は24日、2011年度において心の病で休職した教員は5274人だった …

beichushunoukaidan20141113
APEC終了後、米中が長時間の首脳会談を実施。米中関係はより実務的な段階へ

 米国のオバマ大統領と中国の習近平国家主席は2014年11月11日、北京で開催さ …

no image
アラブの春の副作用?イスラム圏で時代に逆行する出来事が連発

 アラブの春をきっかけに民主化運動が進んでいるかのよう見えるイスラム諸国で、時代 …

mof02
2015年度予算の概算要求がまとまる。100兆円を突破し過去最大規模の要求額

 財務省は2014年9月3日、2015年度予算の概算要求額を公表した。一般会計は …

eikokulondon
市場は過剰反応?英国のEU離脱が決議されても、現実はそう簡単には進まない

 英国のEU(欧州連合)残留を問う国民投票が23日に迫っているが、最新の世論調査 …

no image
維新ガタガタ!問題公約案を橋下代表や松井幹事長が相次いで批判

 国軍の創設や在日米軍の撤廃、アジア通貨圏の構築など、極右政党丸出しの公約案を明 …

no image
新しい中国大使は有能な実務官僚。だが田中真紀子大臣からツメられ入院したひ弱な面も

 政府は22日午前の閣議で、急死した西宮伸一中国大使の後任として木寺昌人官房副長 …