ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

韓国が日中韓首脳会談の開催に言及。実現に向けて調整が始まっているが・・・

 

 約2年半ぶりに日中首脳会談が実現したことで、日中、日韓の外交が大きく動き出す可能性が高くなってきた。緊張関係の緩和は喜ばしいことだが、逆にこの2年半の対立は何だったのかという疑問も湧いてくる。

asean20141114

 安倍首相は2014年11月10日、中国の習近平国家主席と会談した。会談はAPEC(アジア太平洋経済協力会議)を利用して行われたもので、とりあえず両首脳が会談を行うこと自体を目的としている。形式的な会談であり、具体的な成果は当初から想定されていなかった。ただ、2年半も途絶していた日中の交流が再スタートした意味は大きく、米国政府も歓迎の意向を表明している。

 この動きにすばやく反応したのが韓国である。韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は13日、APECに続いてミャンマーで開催された東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議において「日中韓首脳会談を実現したい」と発言した。安倍首相も「外相会談を早期に開催し、首脳会談の開催につなげていきたい」と述べている。

 安倍首相と朴大統領は会議の場などで何回も笑顔で会話しており、その様子は何度も放映された。写真撮影でも隣り合わせて手をつなぎ、友好ムードを強調している。また中国の李克強首相とも短時間だが、友好的な会話があったとされている。
 国内でも、岸田外相や菅官房長官などから、こうした動きを歓迎する発言が相次いでいる。中国は基本的に日中韓首脳会談に応じる姿勢といわれており、政府内部ではその実現に向けて調整が始まっていると考えられる。

 個別の動きもスタートしている。太田国土交通相はすでに16日から中国を訪問している。観光担当の責任者と会談し、観光分野の関係強化について意見交換するほか、現地の博覧会を視察する。自民党の谷垣幹事長は17日、党本部で中国共産党の中央対外連絡部の幹部と会談し、今後の日中交流について意見を交わした。

 日中、日韓の対立が長引いたことで、国内では財界を中心に早期の関係改善を望む声が高まっていた。また米中交渉を有利に進めたい米国にとっても、日本と中国・韓国の対立は目の上のたんこぶであった。日中韓の関係改善が進むことのメリットは大きいだろう。

 一方、日本にとってみれば、以前とまったく状況は変わっていない。むしろ、日中交渉で、一定の譲歩をしてしまったことで、外交的には後退したと見ることもできる。財界や米国からの要請で、結局、関係改善を図ったということであれば、そもそも中韓と対立したことに、どんな意味があったのか分からなくなってしまう。単に中国側の挑発に乗ってしまっただけという厳しい評価も成立することになる。

 - 政治 ,

  関連記事

shirakawae
白川総裁も脱力?大企業の社長さん!成長戦略の意味を根本的に誤解してませんか?

 総選挙の結果をうけて日本経済新聞が実施した大手企業経営者に対するアンケート調査 …

icij
ジャーナリスト連合による衝撃の世界脱税者リスト。最終的な爆心地はEUの盟主ドイツ?

 国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)は4月3日、世界中のタックスヘイブン …

100jikan
残業上限は「100時間」それとも「100時間未満」?という不毛な議論

 政府が導入を検討している長時間労働の上限規制について、最終的に「月100時間未 …

shogaigenneki
厚労省が年金の維持可能性検証をスタート。全国民・生涯現役が必須要件か?

 厚生労働省は、長期間にわたって年金を維持することが可能なのかについての検証作業 …

rouhani201402
イランで革命35周年式典が開催。状況は様変わりし、反米スローガンは一掃

 イラン革命35周年を記念する式典が2014年2月11日、イランの首都テヘランで …

uenotizuko
上野千鶴子氏の発言をめぐって炎上騒ぎ。日本は本当に貧しくなってきたのかも・・・・

 日本におけるフェミニズムの先駆者の一人として知られる上野千鶴子氏の発言をめぐり …

kodomohinkon
子供の貧困対策。広告宣伝費に税金2億円をバラ撒き、集まった寄付はわずか2000万円

 子どもの貧困対策として政府が設立した基金が、予想通り、本末転倒な状態となってい …

shukinpeibaeikyu
中台首脳が66年ぶりの歴史的会談へ。だが台湾総統選挙には逆効果?

 中国の習近平国家主席と台湾の馬英九総統が2015年11月7日、シンガポールで会 …

abeaso
安倍政権が消費増税を最終決断。法人減税とセットで理解を得ようとの算段だが・・・

 安倍首相がとうとう消費税の増税を最終決断した。政府内部では消費税増税を前提に景 …

rig
シェールガス開発の是非をめぐってフランスが迷走。日本が学ぶべき点は多い

 フランスのモントブール生産回復相は2014年1月29日、フランスでは全面禁止さ …