ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

G20ではロシアへの批判が殺到。プーチン大統領は怒って途中帰国?

 

 オーストラリア・ブリスベンで開催されたG20(20カ国・地域首脳会合)において、ウクライナ問題に関するロシアへの批判が相次いだ。プーチン大統領は、すべての日程を終了する前に帰国してしまう事態となった。

puting20

 今回のG20の主な議題は経済問題であった。だが実際に会議が始まると、ウクライナ問題をめぐるロシアへの批判が各国から相次いだ。
 オバマ大統領は「ロシアの攻撃性に対して対抗する」とかなり強い調子でロシアを批判、ドイツのメルケル首相も「現状には満足していない」として、ロシアに対する制裁強化をほのめかした。カナダのハーパー首相に至っては、プーチン氏に対して「握手はしてもよいが、ウクライナから出るべきだ」と話したと報じられている。

 会合の合間に開催されたバーベキュー・パーティでは、プーチン大統領には誰も近づかず、欧米メディアでは、昼食を一人で食べるプーチン大統領の姿が何度も放映された。

 ホスト役であるオーストラリアのアボット首相は、本来の議題である経済問題を議論するよう促したといわれているが、アボット氏にもロシアに対して弱気に出られない事情がある。今年7月にウクライナ東部で発生したマレーシア航空機撃墜事件では多くのオーストラリア人が犠牲になっており、オーストラリアにおける反ロシア感情が高まっているからである。

 プーチン氏は今回のG20について、建設的だったとコメントしたものの、全日程が終了する前に帰国したと報じられている。その後の公務スケジュールから睡眠時間を確保する必要があるというのが表向きの理由だが、各国からの激しい批判に対する抗議である可能性は高い。

 首脳宣言では、G20全体のGDP(国内総生産)を2018年までに少なくとも2.1%引き上げると明記され、各国が成長戦略を推進することについて合意した。ただ、こうした経済的な目標も、ロシアに対する批判によって完全にかすんでしまった状況にある。

 ロシアの通貨ルーブルは、一連の経済制裁で大幅に下落しており、ロシア国内ではインフレが加速している。ロシアは経済的に苦しい状態に追い込まれているが、今回のG20で、政治的にも厳しい状況となってきた。
 各国のロシア批判が想像以上に大きかったことから、ロシアの対ウクライナ戦略も、今後、見直しが必要となるかもしれない。

 - 政治 , , ,

  関連記事

ronaldreganyokosuka
米空母ロナルド・レーガンが横須賀に配備。海自の護衛艦いずもが先導

 米第七艦隊の主力空母として昨年5月まで横須賀基地に配備されていた「ジョージ・ワ …

hyuga02
憲法改正や集団的自衛権など安倍カラーがなぜか次々後退。求められる明確な方向性

 政府が集団的自衛権の行使に関する憲法解釈の見直しを先送りするとの報道が大きな波 …

lassen ddg82
米駆逐艦の南シナ海航行。妥協点を模索するも、英国が攪乱要因に?

 米海軍の駆逐艦が、中国が埋め立てを行う南シナ海の南沙諸島付近を航行したことで、 …

abesingapore
本心?それとも外国人向けポーズ?安倍首相がシンガポールで既得権益層との対決を宣言

 安倍首相は7月26日、シンガポールを訪問し、リー・シェンロン首相との会談を行っ …

kabuka
公的年金がリスクの高いアクティブ運用にシフト。背景には何が?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2015年4月1 …

hatake
農業の競争力強化を目指す政府系ファンドが開業。実態は衰退する農業への補償金?

 農業の競争力強化を目指す官民ファンド「農林漁業成長産業化支援機構」が1日開業し …

masuzoe
舛添知事の豪華旅行に批判殺到。だが公務員の厚遇は国民が求めてきた結果ともいえる

 舛添要一東京都知事の高すぎる海外出張経費が問題視されている。ファーストクラス利 …

merkeru
頑固なオバチャンのメルケル首相。そのルーツは東ドイツとサッカーにあり?

 18日からブリュッセルで開催されている、EU首脳会議で独メルケル首相と仏オラン …

nsa
米国の諜報機関は本当に全部の電話やメールの盗聴を実施できているのか?

 米国の諜報機関による盗聴問題が拡大する兆しを見せている。ドイツのマスコミが、米 …

maotai
中国共産党が腐敗撲滅の徹底を宣言。これを受けて酒造会社の株価は軒並み暴落!

 中国共産党の習近平総書記は22日、党中央規律検査委員会全体会議で演説し、高級幹 …