ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

G20ではロシアへの批判が殺到。プーチン大統領は怒って途中帰国?

 

 オーストラリア・ブリスベンで開催されたG20(20カ国・地域首脳会合)において、ウクライナ問題に関するロシアへの批判が相次いだ。プーチン大統領は、すべての日程を終了する前に帰国してしまう事態となった。

puting20

 今回のG20の主な議題は経済問題であった。だが実際に会議が始まると、ウクライナ問題をめぐるロシアへの批判が各国から相次いだ。
 オバマ大統領は「ロシアの攻撃性に対して対抗する」とかなり強い調子でロシアを批判、ドイツのメルケル首相も「現状には満足していない」として、ロシアに対する制裁強化をほのめかした。カナダのハーパー首相に至っては、プーチン氏に対して「握手はしてもよいが、ウクライナから出るべきだ」と話したと報じられている。

 会合の合間に開催されたバーベキュー・パーティでは、プーチン大統領には誰も近づかず、欧米メディアでは、昼食を一人で食べるプーチン大統領の姿が何度も放映された。

 ホスト役であるオーストラリアのアボット首相は、本来の議題である経済問題を議論するよう促したといわれているが、アボット氏にもロシアに対して弱気に出られない事情がある。今年7月にウクライナ東部で発生したマレーシア航空機撃墜事件では多くのオーストラリア人が犠牲になっており、オーストラリアにおける反ロシア感情が高まっているからである。

 プーチン氏は今回のG20について、建設的だったとコメントしたものの、全日程が終了する前に帰国したと報じられている。その後の公務スケジュールから睡眠時間を確保する必要があるというのが表向きの理由だが、各国からの激しい批判に対する抗議である可能性は高い。

 首脳宣言では、G20全体のGDP(国内総生産)を2018年までに少なくとも2.1%引き上げると明記され、各国が成長戦略を推進することについて合意した。ただ、こうした経済的な目標も、ロシアに対する批判によって完全にかすんでしまった状況にある。

 ロシアの通貨ルーブルは、一連の経済制裁で大幅に下落しており、ロシア国内ではインフレが加速している。ロシアは経済的に苦しい状態に追い込まれているが、今回のG20で、政治的にも厳しい状況となってきた。
 各国のロシア批判が想像以上に大きかったことから、ロシアの対ウクライナ戦略も、今後、見直しが必要となるかもしれない。

 - 政治 , , ,

  関連記事

nichigin03
日銀が保有する国債は政府債務から切り離せるのか?

 日銀の量的緩和策の是非や政府債務をめぐる論争が活発になってきている。きっかけは …

no image
オスプレイの反対運動。危険だからダメというが安全ならOKなの?

 米軍の垂直離着陸輸送機オスプレイが沖縄の普天間飛行場に配備された。  沖縄県議 …

rikokyo
ヘッジファンドから軍人まで。米国が官民挙げて中国詣で。米中合同軍事演習も実現か?

 次期最高指導部が決まった中国に対して、米国側が官民ともに、猛烈なアプローチをか …

maduro
ベネズエラ総選挙で野党が勝利。ボリバル革命は原油安の直撃を受け瓦解

 反米主義を掲げ、社会主義的な政策を強引に推進してきた南米ベネズエラで総選挙が実 …

bunkaku
中国で腐敗撲滅隊なる政治ショーが流行。だが「文革」を連想させる光景に不安の声も

 権力者の腐敗が社会問題化している中国で、腐敗撲滅隊と呼ばれる政治ショーがインタ …

no image
アラブの春の副作用?イスラム圏で時代に逆行する出来事が連発

 アラブの春をきっかけに民主化運動が進んでいるかのよう見えるイスラム諸国で、時代 …

Zuckerberg
動き出した米国の移民制度改革。その影響はやがて日本や中国にも及んでくる

 米国社会が移民容認に向けて動き始めた。3月27日付けの米ウォールストリート・ジ …

furansisicohouou02
ローマ法王がトルコによるアルメニア人殺害を批判。EU加盟はさらに絶望的に?

 カトリック教会のフランシスコ法王が、オスマン・トルコ帝国で多数のアルメニア人が …

amari
概算要求への牽制?甘利氏が、社会保障費の自然増も聖域にすべきではないとコメント

 甘利経済財政相は2014年7月15日、来年度予算の概算要求に関し、社会保障費に …

kosobiru
日本の1人あたりGDPは14位を維持。だがこれは円高でかなりお化粧されている

 内閣府は25日、2011年度の国民経済計算確報を発表した。それによると2011 …