ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

G20ではロシアへの批判が殺到。プーチン大統領は怒って途中帰国?

 

 オーストラリア・ブリスベンで開催されたG20(20カ国・地域首脳会合)において、ウクライナ問題に関するロシアへの批判が相次いだ。プーチン大統領は、すべての日程を終了する前に帰国してしまう事態となった。

puting20

 今回のG20の主な議題は経済問題であった。だが実際に会議が始まると、ウクライナ問題をめぐるロシアへの批判が各国から相次いだ。
 オバマ大統領は「ロシアの攻撃性に対して対抗する」とかなり強い調子でロシアを批判、ドイツのメルケル首相も「現状には満足していない」として、ロシアに対する制裁強化をほのめかした。カナダのハーパー首相に至っては、プーチン氏に対して「握手はしてもよいが、ウクライナから出るべきだ」と話したと報じられている。

 会合の合間に開催されたバーベキュー・パーティでは、プーチン大統領には誰も近づかず、欧米メディアでは、昼食を一人で食べるプーチン大統領の姿が何度も放映された。

 ホスト役であるオーストラリアのアボット首相は、本来の議題である経済問題を議論するよう促したといわれているが、アボット氏にもロシアに対して弱気に出られない事情がある。今年7月にウクライナ東部で発生したマレーシア航空機撃墜事件では多くのオーストラリア人が犠牲になっており、オーストラリアにおける反ロシア感情が高まっているからである。

 プーチン氏は今回のG20について、建設的だったとコメントしたものの、全日程が終了する前に帰国したと報じられている。その後の公務スケジュールから睡眠時間を確保する必要があるというのが表向きの理由だが、各国からの激しい批判に対する抗議である可能性は高い。

 首脳宣言では、G20全体のGDP(国内総生産)を2018年までに少なくとも2.1%引き上げると明記され、各国が成長戦略を推進することについて合意した。ただ、こうした経済的な目標も、ロシアに対する批判によって完全にかすんでしまった状況にある。

 ロシアの通貨ルーブルは、一連の経済制裁で大幅に下落しており、ロシア国内ではインフレが加速している。ロシアは経済的に苦しい状態に追い込まれているが、今回のG20で、政治的にも厳しい状況となってきた。
 各国のロシア批判が想像以上に大きかったことから、ロシアの対ウクライナ戦略も、今後、見直しが必要となるかもしれない。

 - 政治 , , ,

  関連記事

kimujonun04
北朝鮮が核実験を強行した本当の理由とは?水面下で米朝交渉が進展?

 北朝鮮が3回目の核実験に踏み切ったことで、周辺諸国や国連は北朝鮮に対する制裁に …

abe20140213
「改憲論者」安倍首相の憲法解釈見直し論に対し、党内「改憲論者」から反発の声

 安倍首相の集団的自衛権行使に関する憲法解釈見直しについて、与党内部から批判の声 …

shukinpeihoubei2015
習近平国家主席の米国訪問始まる。ビル・ゲイツ氏は何と自宅で直接もてなし

 中国の習近平国家主席は2015年9月22日から、2回目となる米国訪問を行ってい …

shukinpei06
中国で習近平国家主席への権力集中が進む。安定化なのか政情不安なのか?

 中国共産党指導部で、習近平国家主席への権力集中が進んでいる。習政権の権力基盤は …

no image
日本は世界第2位の富裕層大国?そのワケは円高と高齢者優遇政策にあった

 日本の富裕層が増加しているという外資系金融機関のレポートに驚きの声が上がってい …

kyousho
自信を深めたオバマ大統領。二期目最初の一般教書演説は強烈な独自色

 オバマ大統領は12日(日本時間13日)、政権二期目最初の一般教書演説を行った。 …

mizunomaki
水野真紀が夫の後藤田議員と離婚寸前?確かに2人はスタート時点から躓きの連続

 女優の水野真紀が着々と離婚の準備を進めているとの噂が広がっている。よく知られて …

trumpanpo
共和党トランプ候補がとうとう日米安保を糾弾。米国は変わりつつある?

 放言を繰り返し、米国の大統領選を大混乱させているドナルド・トランプ氏が、とうと …

bukkajoushou
デフレ脱却が鮮明になってきた7月の消費者物価指数。だが内実は輸入インフレ?

 総務省は8月30日、7月の全国の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「 …

obamaimin
米国で移民の国外退去を猶予する政策が不調。すでに時代は次のフェーズに進んでいた

 オバマ大統領が選挙対策の目玉として発表した不法移民の強制送還を猶予する政策が思 …