ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

7~9月期GDPは何とマイナス1.6%。エコノミストの予想はなぜこうも当たらないのか?

 

 内閣府は2014年11月17日、7~9月期のGDP(国内総生産)速報値を発表した。物価の影響を除いた実質でマイナス1.6%(年率換算)と大幅な下落となった。予想を超えた悪い数字に市場では驚きが広がっている。

 economistataranai エコノミストなどによる事前予想の多くはプラス2%台であった。日本経済研究センターが民間エコノミスト42人の予測をまとめた調査では、年率換算で実質成長率がプラス2.4%となっていた。だが実際にフタを開けてみると、プラス2%どころか、マイナス1.6%と大幅なマイナスであった。

 為替市場ではGDPの発表と同時に、一気に円安が進み、一時1ドル=117円を突破した(その後値を戻している)。東京株式市場も100円以上値を下げて取引がスタートしている。

 GDPの内訳で影響が大きかったのは住宅で前期比マイナス6.7%と大幅な下落となっている。個人消費も弱くプラス0.4%にとどまった。消費増税の影響で消費が脆弱になっていることがよりはっきりしてきたといえるだろう。民間の設備投資もマイナス0.2%となっており、政府による公共事業以外は総崩れといった状況である。

 これまでの各四半期における実質GDP成長率(年率換算)は、2013年10~12月期がマイナス1.6%、2014年1~3月期はプラス6.7%、2014年4~6月期はマイナス7.3%だった。4~6月期が消費増税の駆け込み需要に対する反動なのだとすると、7~9月期は大幅なプラスとなるはずである。  
 実際、安倍政権は7~9月期のGDPが大きくプラスになることを見越して、このタイミングでの消費増税の決断を目論んでいた。だが実際には、4~6月期を下回る結果となり、景気の腰折れが想像以上であることが明らかになってしまった。

 それにしても、エコノミストの予想があまりにも当たらないため、個人投資家などからは、エコノミストの予想を批判する声も上がっている。

 だがエコノミストが、正確にGDPを予想するのは難しいというのが現実だ。彼等の多くは証券会社や銀行など金融機関に属しており、当局に先んじて市場にインパクトを与える予想を出せる立場にはない。過去の予想を眺めてみても、その時点でのGDP水準の近傍に予測が集中する傾向がはっきりみて取れる。

 エコノミストといっても、所詮はただの商売であるということを理解した上で、彼等の分析結果を参考にするという、冷静な態度が必要だろう。

 - 経済 ,

  関連記事

sangyokyosoryokukaigi
政府の新成長戦略で飛び出した小中プログラミング教育の「今更感」

 安倍政権は、名目GDP(国内総生産)600兆円の目標を達成するため「第4次産業 …

nichigin04
審議委員候補は積極緩和派で黒田総裁はマンションを購入。まだまだ量的緩和は続く?

 マイナス金利政策の継続をめぐって日銀の周辺が騒がしい。日銀の審議委員人事では、 …

bouekitoukei201403
3月の貿易赤字は1兆4463億円。赤字拡大のトレンドは継続している

 財務省は2014年4月21日、3月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

nenkin
年金運用益が過去最高。だが運用原資は毎年4兆円ずつ減少しているという事実

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は7月2日、2012年度の運用状況を …

wakamono
2000年を境に若者の意識は急激に変化した。厚労白書が示す日本社会の本質的転換点

 若者の意識は社会の変化を敏感に反映するといわれている。最新の厚生労働白書を見る …

intelbaytrail
インテル1~3月期決算。データセンター好調も、IoTはまだまだ途上

 半導体世界最大手の米インテルは2015年4月14日、2015年1~3月期の決算 …

abe20141229
政府の予算と決算には乖離がある。経済対策3.5兆円を額面通りに評価してはいけない

 政府は2014年12月27日、臨時閣議を開き、総額3兆5000億円の経済対策を …

gdp2013q1
1~3月期のGDPは、個人消費が好調で年率3.5%成長に。ただし設備投資は低調なまま

 内閣府は5月16日、2013年1~3月期の国内総生産(GDP)を発表した。物価 …

no image
税収上振れで1兆5000億円近い剰余金。使い道をめぐって攻防が激化?

 財務省は2014年7月3日、2013年度決算概要を発表した。それによると、一般 …

no image
マネー誌の予想的中ランキング。予想通り日経マネーが最下位

 マネー誌の中でどの雑誌の株価予想が一番当たるのかを検証したプレジデントの記事が …