ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

東レが現地工場を建設しボーイングに炭素繊維を長期供給。製造業のモデルケースに

 

 東レは2014年11月17日、米ボーイング社から航空機向け炭素繊維複合材を長期にわたって受注すると発表した。総額は1兆円を超える見通しで、同社は1000億円を投じ米国内に専用工場を建設する予定。米国の航空機産業は長期にわたる市場拡大が見込まれており、同社のグローバル経営が加速することになる。

boeing777x

 現在、同社はボーイングに対して、最新機種ボーイング787向けの炭素繊維を供給している。ボーイングでは、現在の大型機の主力モデルであるボーイング777の次世代機「777X」の開発を進めている。東レとボーイングは、787向けの供給契約の延長と、あらたに777X向けの供給契約を組み合わせた包括契約を締結し、今後10年にわたって共同で事業を進めていく。

 航空機はこれまで機体の材料に長らく金属が使われてきたが、軽量化による燃費の向上が強く求められており、最新機種であるボーイング787からは炭素繊維が採用された。大型機である777Xにおいても炭素繊維が採用となれば、炭素繊維は今後の航空機における主要な素材として、航空機産業において重要な役割を果たすことになる。ボーイングと包括契約を交わした東レの炭素繊維事業は長期にわたって安定的な収益を見込めるだろう。

 現在、東レの売上高のうち炭素繊維が占める割合は、まだ6%と小さい。しかも炭素繊維はその材質の優秀さが指摘されていながらも、大口の顧客が少なく、過去40年間、売上げの低迷と赤字が続いてきた。今回のボーイングとの提携でようやく炭素繊維事業が花開くことになる。

 米国は好景気が続いており、人口の増加も見込まれるため、今後、長期にわたって航空機に対する需要が増大すると予想されている。東レは米国に工場を建設し、ボーイングと一体となって炭素繊維の開発と供給を行っていくことになる。好調な米国経済の利益をうまく取り込む仕組みであり、日本の製造業が今後目指すべきモデルケースのひとつとなるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

no image
ミャンマーとの経済協力で日本は一歩リード。だが手放しでは喜べない

 民主化と経済開放が進みつつあるミャンマーとの経済協力について、日本が他国を一歩 …

shanhai
購買力平価を基準にしたGDPでは、2014年に中国が世界1位に

 世界銀行が発表した2011年における購買力平価をベースにすると、中国のGDP( …

gpif201306
年金運用改革の最終報告書まとまる。国内の景気対策に年金が利用される危険性も

 公的年金の運用改革を議論する政府の有識者会議は11月20日、国債を中心とした従 …

toshiba03
東芝が決算発表を再度延期。第三者委員会も機能していないことが露呈

 不正会計が問題となっている東芝は2015年8月31日、同日に行う予定だった20 …

kanntei
政府が解雇要件を緩和する方向で検討を開始。だが公務員だけは例外という大矛盾

 政府はこれまで法律や判例で手厚く保護されてきた労働者の解雇要件を大幅に見直す方 …

no image
フィリップスのAV機器事業部を買収した船井電機ってどんな会社?

 船井電機は29日、オランダの電機大手フィリップスから、AV機器事業を買収すると …

gun02
銃乱射犯の父親が勤務する会社が、銃砲店に対して融資を一方的に打ち切り

 米国コネティカット州で発生した銃乱射事件が思わぬ波紋を引き起こしている。米ゼネ …

no image
経済誌のスクープ記事で、アップルの奴隷に成り下がった日本メーカーの実態が明らかに

 週刊ダイヤモンドのアップル特集が話題となっている。iPhoneに部品を供給する …

alstom
重電分野で世界規模の再編?原子力依存の日本勢の立場は苦しくなるばかり

 重電の分野で、世界規模の再編が進められようとしている。フランスの重電大手アルス …

abeseichou02
成長戦略に関する議論を大胆に整理してみると・・・・話は意外と簡単だった

 アベノミクスにおける3本目の矢である成長戦略の迷走が続いている。当初、成長戦略 …