ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

東レが現地工場を建設しボーイングに炭素繊維を長期供給。製造業のモデルケースに

 

 東レは2014年11月17日、米ボーイング社から航空機向け炭素繊維複合材を長期にわたって受注すると発表した。総額は1兆円を超える見通しで、同社は1000億円を投じ米国内に専用工場を建設する予定。米国の航空機産業は長期にわたる市場拡大が見込まれており、同社のグローバル経営が加速することになる。

boeing777x

 現在、同社はボーイングに対して、最新機種ボーイング787向けの炭素繊維を供給している。ボーイングでは、現在の大型機の主力モデルであるボーイング777の次世代機「777X」の開発を進めている。東レとボーイングは、787向けの供給契約の延長と、あらたに777X向けの供給契約を組み合わせた包括契約を締結し、今後10年にわたって共同で事業を進めていく。

 航空機はこれまで機体の材料に長らく金属が使われてきたが、軽量化による燃費の向上が強く求められており、最新機種であるボーイング787からは炭素繊維が採用された。大型機である777Xにおいても炭素繊維が採用となれば、炭素繊維は今後の航空機における主要な素材として、航空機産業において重要な役割を果たすことになる。ボーイングと包括契約を交わした東レの炭素繊維事業は長期にわたって安定的な収益を見込めるだろう。

 現在、東レの売上高のうち炭素繊維が占める割合は、まだ6%と小さい。しかも炭素繊維はその材質の優秀さが指摘されていながらも、大口の顧客が少なく、過去40年間、売上げの低迷と赤字が続いてきた。今回のボーイングとの提携でようやく炭素繊維事業が花開くことになる。

 米国は好景気が続いており、人口の増加も見込まれるため、今後、長期にわたって航空機に対する需要が増大すると予想されている。東レは米国に工場を建設し、ボーイングと一体となって炭素繊維の開発と供給を行っていくことになる。好調な米国経済の利益をうまく取り込む仕組みであり、日本の製造業が今後目指すべきモデルケースのひとつとなるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

kousakukiki
7~9月期の設備投資の見通しはいまひとつ。10%増税の判断はいかに?

 内閣府は2014年8月14日、6月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

amari
7~9月期のGDPはかなり悪い?政府内部で経済対策に向けた動きが活発化

 政府内部で経済対策の実施に向けた動きが活発になってきた。背景には、7~9月期G …

sangyoukyousouyrokukaigi
産業競争力会議が初会合。だが官僚主導で従来型の陳腐な内容に終始する可能性大

 政府は23日、日本経済再生本部の下部組織となる産業競争力会議の初会合を開いた。 …

shalegas
米国が安価なシェールガスの日本輸出を解禁。だが長期的円安で効果は相殺か?

 東京電力は6日、米国産の安価なシェールガスを年間200万トン確保したと発表した …

orbital
日本の宇宙開発は、中韓との消耗戦を強いられている電機業界と同じ運命を辿る?

 日本では新型固形燃料ロケット「イプシロン」の打ち上げ成功が話題となったばかりだ …

abe20141117
消費増税延期で衆院解散へ。量的緩和策で当面不安はないが・・・

 安倍首相は衆議院の解散と来年10月に予定されている消費増税の延期を決断した。増 …

seirousikaigi201412
政労使会議で来春の賃上げを明記。だが他の要請事項は相互に矛盾している

 政府は2014年12月16日、政府、経済団体、労働団体の代表らが、雇用や賃金に …

googlehead
グーグルの決算から垣間見る、インターネット経済の近未来

 ネット検索最大手の米グーグルは2014年1月30日、2013年10~12月期の …

suga03
消費増税をにらんだ5.5兆円経済対策の効果は一時的

 政府は12月5日の臨時閣議において、消費増税に対応した5.5兆円の経済対策を決 …

businessman02
中小企業にも賃上げの動き?だが実態は弱肉強食が露骨になっているだけだった

 安倍政権が企業に対して異例の賃上げ要請を行う中、中小企業でも賃上げの動きが見ら …