ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

東レが現地工場を建設しボーイングに炭素繊維を長期供給。製造業のモデルケースに

 

 東レは2014年11月17日、米ボーイング社から航空機向け炭素繊維複合材を長期にわたって受注すると発表した。総額は1兆円を超える見通しで、同社は1000億円を投じ米国内に専用工場を建設する予定。米国の航空機産業は長期にわたる市場拡大が見込まれており、同社のグローバル経営が加速することになる。

boeing777x

 現在、同社はボーイングに対して、最新機種ボーイング787向けの炭素繊維を供給している。ボーイングでは、現在の大型機の主力モデルであるボーイング777の次世代機「777X」の開発を進めている。東レとボーイングは、787向けの供給契約の延長と、あらたに777X向けの供給契約を組み合わせた包括契約を締結し、今後10年にわたって共同で事業を進めていく。

 航空機はこれまで機体の材料に長らく金属が使われてきたが、軽量化による燃費の向上が強く求められており、最新機種であるボーイング787からは炭素繊維が採用された。大型機である777Xにおいても炭素繊維が採用となれば、炭素繊維は今後の航空機における主要な素材として、航空機産業において重要な役割を果たすことになる。ボーイングと包括契約を交わした東レの炭素繊維事業は長期にわたって安定的な収益を見込めるだろう。

 現在、東レの売上高のうち炭素繊維が占める割合は、まだ6%と小さい。しかも炭素繊維はその材質の優秀さが指摘されていながらも、大口の顧客が少なく、過去40年間、売上げの低迷と赤字が続いてきた。今回のボーイングとの提携でようやく炭素繊維事業が花開くことになる。

 米国は好景気が続いており、人口の増加も見込まれるため、今後、長期にわたって航空機に対する需要が増大すると予想されている。東レは米国に工場を建設し、ボーイングと一体となって炭素繊維の開発と供給を行っていくことになる。好調な米国経済の利益をうまく取り込む仕組みであり、日本の製造業が今後目指すべきモデルケースのひとつとなるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

redbull
超音速ダイビングを主導したレッドブル社。最終的な狙いは宇宙ビジネス?

 オーストリア人のスカイダイバーであるフェリックス・バウムガルトナーさんが14日 …

caterpillar002
世界経済を反映する米キャタピラーの決算。2014年の成長は穏やかになる見込み

 米建設機械大手のキャタピラーは2014年1月27日、2013年10~12月期の …

kuroda02
黒田日銀総裁が、現在の政府債務は持続不可能と財務官僚らしい発言。その背景とは?

 日銀の黒田総裁は3月28日、参院財政金融委員会において、「政府債務のGDP費が …

no image
韓国から通貨スワップ延長の申請未だなし。協定が終了した場合の影響は?

 日本と韓国で締結されている通貨スワップ協定が延長されない可能性が高くなってきた …

winefund
国内唯一のワインファンド会社が破産。投資家には虚偽報告の可能性

 ワイン投資ファンドを運営する株式会社ヴァンネットが東京地裁に自己破産を申請した …

oilpump
原油価格が50ドル割れ。マクロ的な状況を考えると急上昇リスクへの警戒も必要

 原油価格の下落が止まらない。ギリシャの政情不安が重なったことで投資家の心理は冷 …

no image
石油で世界制覇を目論むロシア。危険なゲームに乗り出す英国。日本も巻き込まれるゾ!

 ロシアの国策石油会社の存在感が高まっている。  ロシアの国営石油最大手ロスネフ …

mama
子供がいると女性は不幸?内閣府の調査結果は日本社会の現状をよく表している

 内閣府経済社会総合研究所は、幸福度が子供の存在によってどのような影響を受けてい …

setsubitousi
11月の機械受注は回復見られず。10~12月のGDPも厳しい状況か?

 内閣府は2015年1月15日、11月の機械受注統計を発表した。主要指標である …

abeaso
形骸化が進む成長戦略の議論。法人税減税はもはや無意味になりつつある

 成長戦略に関する議論の形骸化がさらに進みつつある。政府は2014年1月20日、 …