ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

東レが現地工場を建設しボーイングに炭素繊維を長期供給。製造業のモデルケースに

 

 東レは2014年11月17日、米ボーイング社から航空機向け炭素繊維複合材を長期にわたって受注すると発表した。総額は1兆円を超える見通しで、同社は1000億円を投じ米国内に専用工場を建設する予定。米国の航空機産業は長期にわたる市場拡大が見込まれており、同社のグローバル経営が加速することになる。

boeing777x

 現在、同社はボーイングに対して、最新機種ボーイング787向けの炭素繊維を供給している。ボーイングでは、現在の大型機の主力モデルであるボーイング777の次世代機「777X」の開発を進めている。東レとボーイングは、787向けの供給契約の延長と、あらたに777X向けの供給契約を組み合わせた包括契約を締結し、今後10年にわたって共同で事業を進めていく。

 航空機はこれまで機体の材料に長らく金属が使われてきたが、軽量化による燃費の向上が強く求められており、最新機種であるボーイング787からは炭素繊維が採用された。大型機である777Xにおいても炭素繊維が採用となれば、炭素繊維は今後の航空機における主要な素材として、航空機産業において重要な役割を果たすことになる。ボーイングと包括契約を交わした東レの炭素繊維事業は長期にわたって安定的な収益を見込めるだろう。

 現在、東レの売上高のうち炭素繊維が占める割合は、まだ6%と小さい。しかも炭素繊維はその材質の優秀さが指摘されていながらも、大口の顧客が少なく、過去40年間、売上げの低迷と赤字が続いてきた。今回のボーイングとの提携でようやく炭素繊維事業が花開くことになる。

 米国は好景気が続いており、人口の増加も見込まれるため、今後、長期にわたって航空機に対する需要が増大すると予想されている。東レは米国に工場を建設し、ボーイングと一体となって炭素繊維の開発と供給を行っていくことになる。好調な米国経済の利益をうまく取り込む仕組みであり、日本の製造業が今後目指すべきモデルケースのひとつとなるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

no image
遺伝子組み換え食品に発ガンの可能性と仏が報道。米モンサント社への攻撃か?

 遺伝子組み換え飼料で飼育されたラットは、通常のラットに比べて早く死に、ガンにな …

okane003
日本の対外純資産が円安で大幅増大。今後の課題は投資利回りの向上だ

 財務省は5月28日、2012年末の対外資産・負債残高を発表した。それによると日 …

amakudari
公務員の天下りが大復活。日本経済の貧困化が進行している証拠?

 一時は癒着の温床として批判されてきた公務員の天下りが復活している。背景にあるの …

imf201401
IMFの経済見通しを見れば、消費税10%増税を年内に決定する理由が分かる

 IMF(国際通貨基金)は2014年1月21日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

toshiba03
もはや制御不能。東芝が米国原子力事業で再び巨額損失。債務超過の可能性も

 経営再建中の東芝は2016年12月27日、米国原子力事業において数千億円規模の …

uschinadialog
米中戦略対話がワシントンでスタート。表向きはサイバーセキュリティが話題だが・・・

 第5回米中戦略経済対話が7月10日から米国の首都ワシントンで始まった。中国側か …

shutoko
笹子トンネル事故が、抑制されてきた公共事業再開の大義名分になる可能性

 中央自動車道の笹子トンネル事故をきっかけに、これまで抑制されてきた公共事業がな …

orando
仏オランド政権が政策を180度転換。企業優遇と福祉削減にとうとう舵を切った!

 富裕層や大企業に対する増税など、反企業的な公約を掲げて大統領に就任したフランス …

jimbeam
サントリーが米ビーム社を1兆6500億円で買収。金額はかなり割高だが・・・・

 サントリーホールディングスは2014年1月13日、米ウイスキー大手のビーム社を …

tosho05
公的年金はアクティブ運用へ。だが肝心の運用手法については疑問の声も

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、本格的な運用の …