ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

東レが現地工場を建設しボーイングに炭素繊維を長期供給。製造業のモデルケースに

 

 東レは2014年11月17日、米ボーイング社から航空機向け炭素繊維複合材を長期にわたって受注すると発表した。総額は1兆円を超える見通しで、同社は1000億円を投じ米国内に専用工場を建設する予定。米国の航空機産業は長期にわたる市場拡大が見込まれており、同社のグローバル経営が加速することになる。

boeing777x

 現在、同社はボーイングに対して、最新機種ボーイング787向けの炭素繊維を供給している。ボーイングでは、現在の大型機の主力モデルであるボーイング777の次世代機「777X」の開発を進めている。東レとボーイングは、787向けの供給契約の延長と、あらたに777X向けの供給契約を組み合わせた包括契約を締結し、今後10年にわたって共同で事業を進めていく。

 航空機はこれまで機体の材料に長らく金属が使われてきたが、軽量化による燃費の向上が強く求められており、最新機種であるボーイング787からは炭素繊維が採用された。大型機である777Xにおいても炭素繊維が採用となれば、炭素繊維は今後の航空機における主要な素材として、航空機産業において重要な役割を果たすことになる。ボーイングと包括契約を交わした東レの炭素繊維事業は長期にわたって安定的な収益を見込めるだろう。

 現在、東レの売上高のうち炭素繊維が占める割合は、まだ6%と小さい。しかも炭素繊維はその材質の優秀さが指摘されていながらも、大口の顧客が少なく、過去40年間、売上げの低迷と赤字が続いてきた。今回のボーイングとの提携でようやく炭素繊維事業が花開くことになる。

 米国は好景気が続いており、人口の増加も見込まれるため、今後、長期にわたって航空機に対する需要が増大すると予想されている。東レは米国に工場を建設し、ボーイングと一体となって炭素繊維の開発と供給を行っていくことになる。好調な米国経済の利益をうまく取り込む仕組みであり、日本の製造業が今後目指すべきモデルケースのひとつとなるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

it02
ITが仕事を奪うとの書籍が話題に。だが現実のIT化はもっとイヤラシイかもしれない

 コンピュータによって人々の仕事が奪われ、最終的にはごく一部の知的エリートと、肉 …

yawata
大手企業が相次いでTV通販業界を侵食。背景にはガラパゴス大企業の甘えが・・・

 これまで地方に拠点を置く企業が中心となっていたテレビ通販業界に、著名な大手企業 …

no image
アメリカで起業熱が再沸騰。シリコンバレーでは洋上インキュベーション施設まで登場

 米国のシリコンバレーでユニークなベンチャー企業が登場し注目を集めている。  会 …

wallst02
米独の金利が急上昇。とうとう超低金利時代が終了するサインなのか?

 このところ米国と欧州の金利が急上昇している。極限まで進んでいた低金利に対する一 …

Kissingershukinpei
習近平主席が米国のキッシンジャー元国務長官らと相次いで会談。進む米中関係の再構築

 中国の習近平国家主席が、米国の政界を引退した親中国派の大物政治家と次々に会談し …

setsubitousi
5月の機械受注は大幅減。民間は資金を遊ばせており、官需依存がさらに高まる

 内閣府は2014年7月10日、5月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

tosho02
上からの改革でROE向上を掲げる企業が急増。そのシワ寄せはどこに?

 ROE(株主資本利益率)の向上を経営目標に掲げる企業が急増している。これまで日 …

brasil
インフレによる不満から大規模デモとなったブラジル。アベノミクスの悪いシナリオを暗示?

 サッカーのコンフェデレーションズ杯が開催されているブラジルで、公共料金の値上げ …

asakusa02
五輪で高まる外国人観光客への期待。だが日本は本当に観光立国を望んでいるのか?

 日本政府観光局(JNTO)は9月18日、8月の訪日外国人客数を発表した。日本を …

thanksgiving01
七面鳥そっちのけ。感謝祭セールに殺到する米国人が支える底堅い個人消費

 米国は現在、感謝祭休日の真っ最中。日本のお盆や正月と同様、実家に帰って家族と過 …