ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

すでに中東戦争?イスラエルとシリアが一部交戦状態に

 

 シリア内戦が引き金となり、中東では事実上「中東戦争」が始まったかのような状況となりつつある。

 シリア内戦の影響でイスラエル領内にシリアからの着弾が相次いでいることから、イスラエル軍は11日午前、「警告」のためにミサイル攻撃を行ったことを明らかにした。またシリア領内でイスラエル軍の戦車が装甲車を攻撃したことも判明している。
 イスラエル軍がシリア側に攻撃するのは、1974年以来の出来事。激化するシリア内戦が、イスラエルを巻き込んだ中東戦争に発展する可能性が懸念される。

 イスラエル側は、シリアからの着弾がシリア内戦における「流れ弾」であり、シリアがイスラエルを攻撃する意図はないということを強調している。だがイスラエル国内には、すでにイスラエルを見捨てつつある米国に反発し、中東戦争の実施も辞さないという勢力が多数存在するのも事実である。強硬派にとっては今回の衝突がひとつの大きな材料となる可能性もある。

 周辺をすべて敵国に囲まれるイスラエルがこれまで存在してこれたのは、米国という後ろ盾があったから。だが在米ユダヤ人の意識の変化や中東問題に対する米政府内のスタンスの変化によって、イスラエルは米国にとって「目の上のたんこぶ」になりつつある。
 一方、イランなど公然とイスラエルを敵視する国も現れてきており、イスラエル国内の右派勢力はイランに対する空爆を実施し、一気に状況を打開すべきという主張を強めている。
 また大幅な軍事費の削減で窮地に立たされている米国の軍産複合体の一部には、中東戦争による戦争特需を期待する向きもある。

 イスラエルと中東諸国が戦争に突入する条件はかなり揃ってきており、偶発的な衝突がそのまま戦争へと拡大してしまうリスクが高まっている。
 イスラエルとシリアは敵対しつつも、紛争を回避してきた間柄であるだけに、今回の散発的な衝突が示す意味は大きい。

 - 政治

  関連記事

kannsimaera
監視カメラの是非に関する議論。プライバシーが問題なのではない!

 単純に画像を撮影するだけなく、被写体の顔を自動判別する機能を搭載した新しいカメ …

cross
米大統領選挙に見る政治と宗教。米国社会は想像以上に変化が進んでいる

 日本ではあまり報道されないが、米国の政治は宗教によって動く側面が強い。言うまで …

pakukune
韓国における中国の存在感が急上昇。まるで「冊封」時代に逆戻りとの声も

 中国の台頭と日韓関係の悪化によって、韓国における中国の扱いが急激に変化している …

jieiken
集団的自衛権行使容認に向けた実務作業がスタート。憲法改正論議に与える影響は?

 安倍政権が集団的自衛権行使を容認するための本格的な作業に着手した。半年以上開催 …

kuroda
日銀による国債の「大人買い」で、大量のマネーはどこへ向かう?

 日銀は4月4日、これまでとは規模感の異なる大胆な金融緩和策を打ち出したが、市場 …

no image
自民党の次期衆院選候補者は2世だらけ。でも有権者は大喜び?

 次期衆院選を前に候補者の顔ぶれが徐々に明らかになってきているが、自民党の候補者 …

romarosiakaidan
ローマ法王とロシア正教トップが1000年ぶりの会談。米国とロシアの仲介が狙い?

 カトリック教会のフランシスコ法王は2016年2月12日、ロシア正教会のトップで …

Thatcher
構造改革路線の生みの親、英国のサッチャー元首相が死去

 英国の元首相で「鉄の女」ともいわれたマーガレット・サッチャー氏が4月8日、脳卒 …

chinaoillig
中国が南シナ海での石油掘削装置を撤去。中国の態度軟化は一時的の見方

 中国が南シナ海に設置を強行し、アジア太平洋地域に緊張をもたらす原因になっていた …

sbtakasago
再生可能エネ普及策が頓挫?誰も責任を負わない中途半端な政策のツケ

 再生可能エネルギーの普及策が暗礁に乗り上げようとしている。電力各社は、再生可能 …