ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

すでに中東戦争?イスラエルとシリアが一部交戦状態に

 

 シリア内戦が引き金となり、中東では事実上「中東戦争」が始まったかのような状況となりつつある。

 シリア内戦の影響でイスラエル領内にシリアからの着弾が相次いでいることから、イスラエル軍は11日午前、「警告」のためにミサイル攻撃を行ったことを明らかにした。またシリア領内でイスラエル軍の戦車が装甲車を攻撃したことも判明している。
 イスラエル軍がシリア側に攻撃するのは、1974年以来の出来事。激化するシリア内戦が、イスラエルを巻き込んだ中東戦争に発展する可能性が懸念される。

 イスラエル側は、シリアからの着弾がシリア内戦における「流れ弾」であり、シリアがイスラエルを攻撃する意図はないということを強調している。だがイスラエル国内には、すでにイスラエルを見捨てつつある米国に反発し、中東戦争の実施も辞さないという勢力が多数存在するのも事実である。強硬派にとっては今回の衝突がひとつの大きな材料となる可能性もある。

 周辺をすべて敵国に囲まれるイスラエルがこれまで存在してこれたのは、米国という後ろ盾があったから。だが在米ユダヤ人の意識の変化や中東問題に対する米政府内のスタンスの変化によって、イスラエルは米国にとって「目の上のたんこぶ」になりつつある。
 一方、イランなど公然とイスラエルを敵視する国も現れてきており、イスラエル国内の右派勢力はイランに対する空爆を実施し、一気に状況を打開すべきという主張を強めている。
 また大幅な軍事費の削減で窮地に立たされている米国の軍産複合体の一部には、中東戦争による戦争特需を期待する向きもある。

 イスラエルと中東諸国が戦争に突入する条件はかなり揃ってきており、偶発的な衝突がそのまま戦争へと拡大してしまうリスクが高まっている。
 イスラエルとシリアは敵対しつつも、紛争を回避してきた間柄であるだけに、今回の散発的な衝突が示す意味は大きい。

 - 政治

  関連記事

haken
まとまりつつある派遣制度改正の具体案。背景には派遣会社と労働組合の事情?

 労働者派遣制度の改正に向けた具体的な動きが出てきた。これまで特定業種以外では3 …

koutaishidenka
歴史は繰り返す!皇太子さまへの退位要求と転落の昭和史の類似性

 月刊誌新潮45に掲載された皇太子さまに退位を迫る論文が波紋を呼んでいる。論文を …

sikeisikkou
世界の死刑執行数。中国がダントツのトップで、イスラム圏を圧倒

 国際的な人権団体アムネスティ・インターナショナルは2015年4月1日、2014 …

abeobama
安倍首相が米議会で演説。なぜ今まで長期にわたって実現しなかったのか

 安倍首相は2015年4月29日、米議会の上下両院合同会議で演説を行った。米議会 …

shutoko
笹子トンネル事故が、抑制されてきた公共事業再開の大義名分になる可能性

 中央自動車道の笹子トンネル事故をきっかけに、これまで抑制されてきた公共事業がな …

tppabe
TPPの影響試算を政府が公表。だが一般均衡モデルを使った試算にはほとんど意味がない

 政府は3月15日、安倍首相によるTPP参加表明を受けて、その経済効果に関する影 …

hanedanarita
羽田・成田の地下鉄建設に年金と生保資金を活用。本当に大丈夫なのか?

 国土交通省は2020年代の開業を目指している羽田・成田を結ぶ地下鉄路線の建設に …

kanntei
政府、財界、労組による賃上げ協定構想が浮上。だが内容は賃下げを狙ったものだ

 労働者の賃上げが実現できるように、政府、経済界、労働組合の3者で協定を結ぶ構想 …

shukinpei04
習主席の米国訪問日程が近付く。ささやかれ始めた首脳会談の本当のテーマ

 中国の習近平国家主席は、5月31日から6月6日の日程で、トリニダード・ドバゴ、 …

tokyofukei001
政府が対日投資拡大を議論する有識者会議をスタート。最大の課題は?

 政府は2014年2月27日、海外から国内への直接投資を拡大させるための具体策を …