ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

すでに中東戦争?イスラエルとシリアが一部交戦状態に

 

 シリア内戦が引き金となり、中東では事実上「中東戦争」が始まったかのような状況となりつつある。

 シリア内戦の影響でイスラエル領内にシリアからの着弾が相次いでいることから、イスラエル軍は11日午前、「警告」のためにミサイル攻撃を行ったことを明らかにした。またシリア領内でイスラエル軍の戦車が装甲車を攻撃したことも判明している。
 イスラエル軍がシリア側に攻撃するのは、1974年以来の出来事。激化するシリア内戦が、イスラエルを巻き込んだ中東戦争に発展する可能性が懸念される。

 イスラエル側は、シリアからの着弾がシリア内戦における「流れ弾」であり、シリアがイスラエルを攻撃する意図はないということを強調している。だがイスラエル国内には、すでにイスラエルを見捨てつつある米国に反発し、中東戦争の実施も辞さないという勢力が多数存在するのも事実である。強硬派にとっては今回の衝突がひとつの大きな材料となる可能性もある。

 周辺をすべて敵国に囲まれるイスラエルがこれまで存在してこれたのは、米国という後ろ盾があったから。だが在米ユダヤ人の意識の変化や中東問題に対する米政府内のスタンスの変化によって、イスラエルは米国にとって「目の上のたんこぶ」になりつつある。
 一方、イランなど公然とイスラエルを敵視する国も現れてきており、イスラエル国内の右派勢力はイランに対する空爆を実施し、一気に状況を打開すべきという主張を強めている。
 また大幅な軍事費の削減で窮地に立たされている米国の軍産複合体の一部には、中東戦争による戦争特需を期待する向きもある。

 イスラエルと中東諸国が戦争に突入する条件はかなり揃ってきており、偶発的な衝突がそのまま戦争へと拡大してしまうリスクが高まっている。
 イスラエルとシリアは敵対しつつも、紛争を回避してきた間柄であるだけに、今回の散発的な衝突が示す意味は大きい。

 - 政治

  関連記事

hoikuen
保育園の騒音を巡る裁判。試される価値観多様化の社会

 神戸市で保育園の「騒音」をめぐって裁判となっている。保育園の近くに住む70代の …

weibo2014
中国政府が、ネットでの言論の自由が保障されているとする白書を公表

 中国国務院(中国政府)の新聞弁公室(報道監督を担当する部署)は2014年5月、 …

buffett
著名投資家のバフェット氏が訪中。改革派のホープ汪洋副総理と会談

 国営新華社など中国のメディアは、米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が5月 …

George Washington02
米経済誌が在日米軍の段階的撤退論を掲載。内容は冷静で、かなり客観的

 米経済誌ウォール・ストリート・ジャーナルは5月10日、「米軍は日本からの撤退を …

lng2
米国が天然ガスの日本輸出を許可。これが経済や政治にもたらすインパクトは大きい

 米エネルギー省は5月17日、日本に対する天然ガスの輸出を許可すると発表した。テ …

kurodashirakawa
黒田総裁らしからぬ中途半端な補完措置。白川時代を彷彿とさせるという声も

 日銀が打ち出した「補完措置」をめぐって市場の混乱が続いている。追加緩和なのかそ …

obama20130303
米国で歳出の自動カットがスタート。オバマ大統領がこれを強行する真の狙い

 オバマ大統領は3月1日、米政府の財政支出を自動的にカットする大統領令に署名し、 …

shukinpei07
中国が今後の改革における主要項目を発表。あまりにも多い日本との共通点

 中国共産党は、党の重要な会議である第18期中央委員会第3回全体会議(3中全会) …

kabuka
公的年金がリスクの高いアクティブ運用にシフト。背景には何が?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2015年4月1 …

mikitani
三木谷氏が規制強化を批判して委員辞任を示唆。安倍政権はなぜ態度を決められない?

 楽天の三木谷社長は11月6日、都内で記者会見を行い、政府が大衆薬のネット販売を …