ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

まるで民主党の政策?緊急経済対策は商品券など直接支援が中心

 

 安倍首相は2014年11月18日、消費増税の先送りと衆議院の解散を発表すると同時に、緊急経済対策との取りまとめについて指示した。7~9月期のGDPが大幅に落ち込んだことを受けての措置。だがその内容はかなり場当たり的で、財政的な景気刺激策がもはや限界に来ていることを暗示している。

 abekaisan20141119 7~9月期のGDPは年率換算でマイナス1.6%と予想を超える下落となった。もっとも影響が大きかったのは在庫調整なので、来期以降の数値がどうなるのか現時点では予測が難しい。ただ、消費の低迷から企業が生産と在庫を抑制した可能性は高く、最終的には個人消費の弱さが数値に反映されていると考えるのが自然である。

 緊急経済対策の規模は、補正予算で数千億円、総額で2兆円から3兆円といわれている。具体的には地方自治体による地域商品券の配布やガソリンや灯油の購入支援策、住宅エコポイントなどが検討されている。一方、いわゆる公共事業については災害復旧の緊急対策に限定する意向を示している。
 これはGDPの結果を受け、脆弱な個人消費を刺激することを念頭に置いたものだからである。だが現実には、極端な人手不足から公共事業をこれ以上実施できないという切実な事情がある。

 安倍政権は積極的に公共事業を実施してきており、これまでGDPが比較的堅調に推移してきたのは、大型の公共事業による効果が大きい。だが国内の労働人口が激減しており、これ以上、建設労働者を確保するのは難しい状況にある。このため予算がついても執行できない案件が増えてきており、公共事業を通じた景気対策は限界となりつつある。

 そこで今回検討されたのが、商品券や燃料費補助といった直接的な支援である。しかし、同様の政策は1999年に地域振興券という形で実施されているが、ほとんど成果が上がらなかったという経緯がある。また民主党政権時代には、コンクリートから人へというスローガンのもと、子育て支援など、直接的な支援策を実施したが、こちらも効果はほとんどなかった。

 そもそも、量的緩和策といった金融政策が注目されたのは、公共事業を中心とする財政政策が限界に達し、直接的な支援策も効果がなかったことがきっかけである。今回のGDP下落によって、民主党政権を彷彿とさせるような直接的支援策に傾いているのは皮肉というよりほかない。

 少なくとも今期については、財政支出した分だけGDPのかさ上げが可能である。だが、この支出が来期以降の成長につながる可能性は極めて低い。来期以降は、いよいよ政策的な手詰まり感が顕著になってくるだろう。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

gwcvn73
握手と蹴り合い。防空識別圏をめぐる単純ではない米中交渉の行方

 米国のバイデン副大統領は日本訪問に引き続いて、12月4日から中国を訪問する。中 …

obamasiriakubaku
オバマ政権が圧力に抗しきれずシリア空爆を決断。次期大統領選にも影響

 米国のオバマ大統領は2014年9月10日、テレビ演説を行い、イラクとシリアで勢 …

nichigin02
マイナス金利政策になって突然、金融政策の効果が剥落した理由

 日銀のマイナス金利政策が逆風にさらされている。本来であれば、金融機関は融資拡大 …

factory01
製造業の就業者が減少との調査結果。だが減っているのは製造業だけではない

 総務省は2月1日、2012年12月分の労働力調査の結果を発表した。それによると …

Warren Buffett
バフェット氏の最新の保有銘柄状況が明らかに。金利上昇と景気拡大にシフト

 米国の著名投資家であるウォーレン・バフェット氏が、IBMやGM(ゼネラル・モー …

rud
総選挙を前にギラード首相が退陣しラッド元首相が復活。日本への対応は変わるのか?

 オーストラリアの与党労働党は6月26日、党首選を行い現党首のギラード首相がラッ …

merukerurainiti
ドイツの対日感情が悪化する中、メルケル首相が来日。関係再構築は可能か?

 ドイツのメルケル首相が2015年3月9日午前、羽田空港に到着した。メルケル氏の …

tenanmon
中国のジニ係数は依然として高水準。政府統計と実態の乖離も継続中

 中国の所得格差が依然として高い水準にあることが、北京大学やミシガン大学を中心と …

money009
日本全体のバランスシートを見ればお金が出回らない理由がよく分かる

 内閣府は2014年1月17日、2012年度の国民経済計算を発表した。資産から負 …

hoeness
税金を支払いさえすればOKという、脱税に対するドイツの考え方は正しいか?

 脱税には比較的寛容といわれてきたドイツで、脱税者の処罰をめぐって激論が戦わされ …