ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍政権が来春の賃上げを経済界に要請。漂う政策の手詰まり感

 

 安倍首相は2014年11月19日に開催された政労使会議の場において、経済界に対し来春の賃上げを要請した。経済界はこれを受け入れる可能性が高い。

abe20141120

 政労使会議は、昨年度は5回開催され、最終的にはベースアップの実施など、賃上げと雇用拡大に関する合意文書が作成され、今年の春闘における賃上げの流れを作った。

 本来、従業員の待遇は労使間の交渉で決定すべきものだが、日本の企業や労働組合は完全に機能不全を起こしており、政府が介入しないと、意思決定ができない状態となっている。現在の日本では、政労使会議が実質的な労使交渉の場となっているといっても過言ではない。

 安倍氏は衆議院の解散と消費増税の延期を表明した直後、政労使会議の場において、早くも来年の賃上げについて言及した。経済界もこれを受け入れる可能性が高い。この背景にはアベノミクスにおける政策の手詰まり感がある。

 アベノミクスは当初、「3本の矢」をコンセプトとしていた。ひとつは財政、もうひとつは金融、最後は成長戦略である。だが痛みを伴う成長戦略に対しては反対の声が大きく、安倍政権はこの導入を断念している。このため、経済政策はもっぱら財政と金融に依存する形となった。
 安倍政権は大型の公共事業を実施し、これによってある程度、景気は下支えされてきた。だが極端な人手不足によって、これ以上公共事業を増やすことが現実的に難しくなっている。また日銀が追加緩和に踏み切ってしまったことから、金融面で、これ以上の大型政策を望むことは難しい。

 この状況で、当面の目標であるデフレ脱却を実現するには、政府からの強い要請で賃上げを実施し、個人消費を刺激するくらいしか残された方法はない。一部からは物価上昇分と同率の賃金引き上げを経済界に要請すべきという声も出ているようだ。

 政府からの要請で今年も賃上げが行われれば、労働者にとっては朗報に見えるが、必ずしもそうとは限らない。この経済状況で企業が賃上げを強行すると、インフレを加速させる危険性があるからだ。
 企業は、賃上げで減少した利益をカバーするため、値上げを実施する可能性が高い。追加緩和による円安がこれに加わるので、物価の上昇スピードは上がることになる。
 もしそうなれば、2%の物価目標の達成は思いのほか容易になるもしれない。だが、消費者の購買力の低下は、今後も解消されないままだろう。

 - 政治, 社会, 経済 , , ,

  関連記事

kokuzei
高額所得者の税負担が増加。今後もこの傾向が続くのか?

 政府は、来年度の税制改正において年収1000万円を超える会社員の給与所得控除を …

tosho02
上からの改革でROE向上を掲げる企業が急増。そのシワ寄せはどこに?

 ROE(株主資本利益率)の向上を経営目標に掲げる企業が急増している。これまで日 …

misutoraru
ロシアがフランスからの揚陸艦購入を正式に断念。北方領土付近は現状維持へ

 ロシアがフランスから購入する予定だったミストラル級強襲揚陸艦について、ロシア政 …

obama00002
財政の崖をギリギリで回避。だがマーケットはとっくに織り込み済みで驚きはなし

 オバマ大統領と与野党の指導部は、いわゆる「財政の崖」の回避に向けた協議でほぼ合 …

souzouteki
日本には創造性が求められる仕事などない、という若者の認識はかなり正確?

 日本の若年層の中で、自分のことを創造的だと考える人は8%しかおらず、創造性が求 …

okanekazoeru
大手メーカーによる下請けへの支払サイト延長措置。経済全体に悪影響はないか?

 大手電機メーカーの支払いサイト(下請けなどに代金を支払うまでの期間)が長くなっ …

George Washington
無意味な米兵の外出禁止令。問題の本質を隠す意図があるのでは?

 在日米軍兵士による事件が相次いでいることを受けて、在日米軍では外出禁止に加えて …

futenma
沖縄への基地集中は「差別」という調査結果がもたらす地政学的インパクト

 沖縄県が2012年に実施した県民意識調査において、米軍基地の多くが沖縄に集中し …

abeicshiba201409
地方創世の具体策検討開始。だが基本戦略でコンセンサスは得られているのか?

 政府は2014年9月19日、地方創世について有識者の意見を集める「まち・ひと・ …

beikokuoil
原油価格の大幅下落で試される、アベノミクスと量的緩和策

 原油価格の下落がさらに進んでいる。ニューヨークの原油先物価格は2014年11月 …