ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日テレ内定取り消し騒動。あらためて分かる日本における雇用の「重さ」

 

 日本テレビに内定していた女子大生が内定取り消しの撤回を求めた裁判が2014年11月14日に始まった。内定取り消しの是非をめぐって世間では様々な議論が沸き起こっているが、一連の騒ぎを通して浮き彫りになったのは、日本の雇用制度の「重さ」である。

nihontv

 訴えを起こしたのは、2015年春に日本テレビにアナウンサーとして入社する予定で内定をもらっていた東洋英和女学院大学4年生の笹崎里菜さん。
 日本テレビは、笹崎さんが、かつて銀座の小さなクラブでホステスのアルバイトをしていたことについて問題視、「高度の清廉性を求められるアナウンサーにふさわしくない」という理由で内定を取り消したという。笹崎さんはこれに納得せず東京地裁に提訴した。

 クラブでアルバイトしていたことを申告していなかったことや、クラブのアルバイトそのものについてそこまで否定的に評価されるべきではないという声がある一方、アナウンサーはタレント的な仕事であり、テレビ曲としては当然の措置であるなど、テレビ局側を擁護する声もある。

 ただ、倫理的にはともかくとして、法的には日テレ側が少々不利な状況にある。一般的に日本では「内定」が出された時点で労働契約が成立していると解釈されており、今回の日テレ側の措置は、正式採用前とはいえ、解雇に近い行為と見なされる可能性がある。

 日本では、原則として企業側の勝手な都合で従業員を解雇することはできないようになっている。中小企業などの現場では、こうした労働法制は有名無実だが、大企業の場合には、判例を無視することはできないため、一方的な解雇はほとんど行われていない。

 日テレ側は、正式採用前であることを前面に出して争うことになる可能性が高いが、その部分を司法がどう判断するのかということになる。

 安倍政権はこうした解雇規制を緩和し、企業都合での解雇を容易にしようとしたが、反対の声が大きく断念したという経緯がある。解雇規制は労働者の権利を守る役割を果たしているが、企業の体質改善が進まず、いわゆる「働かないオジサン」を大量生産する要因にもなっている。
 今回の一連の騒動は、日本の雇用は重いものであり、たとえ内定段階であっても企業側には大きな責任があることを、あらためて示したといってよいだろう。

 - 政治, 社会 , ,

  関連記事

monhiru
公的年金の損失5兆円は株価を考えれば妥当だが、本当にリスク運用でいいのか?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2016年7月2 …

abe20141118
志が低すぎ?与党が衆院選の勝敗ラインをめぐって混乱

 衆院選の勝敗ラインをめぐる与党内での意見の食い違いが表面化している。過半数を勝 …

portgal
プライドが許さない?旧植民地からの逆投資に反発するポルトガルは愚の骨頂?

 経済金融危機に陥っているスペインとポルトガルが、旧植民地との新しい経済関係の構 …

ryosinei
香港の民主化を求める抗議活動が拡大中。中国は一歩も引かない構えだが

 香港の選挙制度改革を求める抗議活動が予想外の広がりを見せている。当初、セントラ …

senkaku
中国の外交文書が尖閣は日本領土と記載。だが本質はそんなところにあるのではない

 中国が領有権を主張している尖閣諸島について、領有権を主張する中国側の根拠が揺ら …

sakakibara
経団連が献金再開。表面的には関係修復が目的だが、もっと深刻な理由も

 経団連の榊原定征会長は2014年9月8日、政治献金を5年ぶりに再開する方針を明 …

tunisia
アラブの春においてチュニジアだけがうまくいく理由は?

 チュニジア制憲議会は1月26日、基本的人権の尊重、表現や信教の自由、男女平等を …

abesingapore
大企業は実は法人税をあまり払っていない!安倍首相の法人減税見直し指示に異論

 安倍首相が法人税の引き下げを検討するよう関係府省に指示したとの報道が話題となっ …

bananki
本当ならまさに「ヤリ逃げ」。バーナンキ議長続投せずという驚愕報道

 米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長が、続投しない可能性が出てきた。 …

narouchiage
3度目の正直!韓国がロケット打ち上げにようやく成功。それが意味するものとは?

 韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老号(ナロ号)」が30日午後、羅老宇宙センター …