ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日テレ内定取り消し騒動。あらためて分かる日本における雇用の「重さ」

 

 日本テレビに内定していた女子大生が内定取り消しの撤回を求めた裁判が2014年11月14日に始まった。内定取り消しの是非をめぐって世間では様々な議論が沸き起こっているが、一連の騒ぎを通して浮き彫りになったのは、日本の雇用制度の「重さ」である。

nihontv

 訴えを起こしたのは、2015年春に日本テレビにアナウンサーとして入社する予定で内定をもらっていた東洋英和女学院大学4年生の笹崎里菜さん。
 日本テレビは、笹崎さんが、かつて銀座の小さなクラブでホステスのアルバイトをしていたことについて問題視、「高度の清廉性を求められるアナウンサーにふさわしくない」という理由で内定を取り消したという。笹崎さんはこれに納得せず東京地裁に提訴した。

 クラブでアルバイトしていたことを申告していなかったことや、クラブのアルバイトそのものについてそこまで否定的に評価されるべきではないという声がある一方、アナウンサーはタレント的な仕事であり、テレビ曲としては当然の措置であるなど、テレビ局側を擁護する声もある。

 ただ、倫理的にはともかくとして、法的には日テレ側が少々不利な状況にある。一般的に日本では「内定」が出された時点で労働契約が成立していると解釈されており、今回の日テレ側の措置は、正式採用前とはいえ、解雇に近い行為と見なされる可能性がある。

 日本では、原則として企業側の勝手な都合で従業員を解雇することはできないようになっている。中小企業などの現場では、こうした労働法制は有名無実だが、大企業の場合には、判例を無視することはできないため、一方的な解雇はほとんど行われていない。

 日テレ側は、正式採用前であることを前面に出して争うことになる可能性が高いが、その部分を司法がどう判断するのかということになる。

 安倍政権はこうした解雇規制を緩和し、企業都合での解雇を容易にしようとしたが、反対の声が大きく断念したという経緯がある。解雇規制は労働者の権利を守る役割を果たしているが、企業の体質改善が進まず、いわゆる「働かないオジサン」を大量生産する要因にもなっている。
 今回の一連の騒動は、日本の雇用は重いものであり、たとえ内定段階であっても企業側には大きな責任があることを、あらためて示したといってよいだろう。

 - 政治, 社会 , ,

  関連記事

shutoko
笹子トンネル事故が、抑制されてきた公共事業再開の大義名分になる可能性

 中央自動車道の笹子トンネル事故をきっかけに、これまで抑制されてきた公共事業がな …

nichigin02
円安をめぐって日銀と政府・財界に温度差。追加緩和か物価目標修正か?

 急激に進む円安をめぐって、日銀と政府・財界に温度差が出てきている。今後の金融政 …

beiyosan
米国の予算教書。税収増で財政赤字問題はほぼ解消。歳出拡大へ

 米大統領府(ホワイトハウス)は2015年2月2日、2016年会計年度(2015 …

nomikai
「飲みニケーション」に関する単純な是非論は、問題の本質を見誤らせる

 一時は姿を消していたと思われていた飲みニケーションという言葉が再び注目を集めて …

kyouin
心の病で休職する教員は民間企業の倍近く。教師の適性に問題があるのでは?

 文部科学省は24日、2011年度において心の病で休職した教員は5274人だった …

gendergap2014
世界男女平等ランキング。これまで下位をうろついていたフランスが順位を上げた理由

 ダボス会議で知られる世界経済フォーラムは2014年10月28日、世界男女平等ラ …

koureishasigoto
働く高齢者が1割を突破。だが一方で働かなくてよい人との格差は縮小せず

 働く高齢者の割合いが就労者全体の1割に達したことが総務省の労働力調査で明らかに …

isejingu
式年遷宮に現職首相が84年ぶりに参列。「私人」として参列しなければならない理由とは?

 20年に1度、伊勢神宮の社殿を造り替える式年遷宮のクライマックスとなる「遷御の …

katayama
PC遠隔操作事件の容疑者をようやく逮捕。だが事実上の自首に近く、警察の非力さが露呈

 遠隔操作PCを使った犯行予告事件で、警視庁などの合同捜査本部は10日、東京都江 …

jetstar
国内主要LCC3社がようやく黒字化。だが日本における空のガラパゴスは変わらず

 国内主要LCC(格安航空会社)の2015年度決算が出揃い、3社がすべて黒字化し …