ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

増配など株主還元策が顕著に。背景には円安と公的年金改革が

 

 企業が得た利益を株主に還元する動きが顕著になってきている。企業における資本効率改善に対する意識が高まってきていることが直接の要因だが、背景には円安と公的年金の株式シフトがある。

 tosho02 2014年11月21日、カシオが来期の配当を大幅に増やすとの報道があった。同社は正式発表ではないとしたものの、増配を検討していること自体は認めた。
 同社の2014年3月期決算における配当は25円の配当を行ったが、来期はこれを30円に引き上げることが検討されている。同社の発行済み株式数は約2億7000万株なので、実際に30円に増配されれば、来期の配当総額は80億円を超えることになる。

  同社は今期、120億円を超える自社株買いを実施しており、これを合わせると株主還元額は200億円を超える。来期の同社の純利益見通しが230億円であることを考えると、非常に大胆な株主還元策であることが分かる。

 日本企業はこれまで、株式の持ち合いなどに代表されるように、株主に対する利益還元の意識が薄かった。これは過去何度も指摘されてきたことだが、従業員から持ち上がりで取締役に就任するサラリーマン経営者が主体の日本企業では、株主還元策に焦点が当たることはほとんどなかった。

 カシオ以外でも配当や自社株買いを強化する会社は増えているが、そのきっかけのひとつになっているのが、一気に進んだ円安である。
 日本は国内市場が縮小しており、企業は海外に活路を求める以外に選択肢がなくなりつつある。円安による輸入物価の上昇で苦境に立たされる企業がある一方、グローバル展開ができている企業は業績も好調となっている。

 こうした企業は当然、海外投資家からの注目度も高く、企業側もグローバルな投資家を意識するようになる。グローバルな投資家は当然、高い資本効率を求めるので、企業側もそれに応じた経営を行うようになる。

 この動きをさらに後押ししているのが、日本の公的年金改革である。年金財政の逼迫から、公的年金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)は今後、企業に対して高いROE(株主資本利益率)を求めていく方針を明らかにしている。

 今後は、こうした投資家の目線を意識した経営を行う企業と、そうでない企業の株価が二極分化する可能性が高くなってきた。世界に遅れること20年、追い込まれての決断ではあるが、日本の株式市場がようやく動き出したのかもしれない。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

kuroda02
日銀サプライズ追加緩和。長期金利を意識したものだった可能性も

 日銀は10月31日の金融政策決定会合において、追加の量的緩和策を決定した。追加 …

detroit
米自動車産業は奇跡の復活を遂げたのに、なぜデトロイト市は破綻したのか?

 GM(ゼネラル・モーターズ)やフォードなどが本拠を構える自動車の街、米デトロイ …

cybermonday
米国経済を占う感謝祭セール。失業率の低下と原油安で出足は絶好調

 米国経済の先行きを占う年末商戦がスタートした。今年の年末商戦は米国景気の回復に …

no image
人民元が対ドルでじわじわ上昇。中国当局が米側に譲歩か?

 この1ヶ月、対ドルでの人民元の上昇が続いている。7月に1ドル=6.3967元の …

ieren201409
FRBが量的緩和終了をあらためて確認。利上げによる円安が加速か?

 FRB(連邦準備制度理事会)は2014年9月17日、FOMC(連邦公開市場委員 …

merukeru03
ドイツの輸出超過に批判の声が高まる。だがこれはEUの自己矛盾を露呈しかねない

 好調な経済を背景に、欧州経済を支えてきたドイツに対して批判の声が高まっている。 …

nikkeifinancialtimes
日経によるFT買収。読者層が異なる媒体でシナジー発揮できるのか?

 日本経済新聞社は2015年7月23日、英国の経済紙フィナンシャル・タイムズ(F …

wakamono
2000年を境に若者の意識は急激に変化した。厚労白書が示す日本社会の本質的転換点

 若者の意識は社会の変化を敏感に反映するといわれている。最新の厚生労働白書を見る …

nichigin03
国債市場の大混乱は日銀官僚による黒田総裁への嫌がらせというのは本当か?

 日銀による「異次元」の金融緩和策は国債市場の大混乱をもたらした。緩和策発表翌日 …

factoryline
全世界的に製造業が回復基調。9月の量的緩和縮小の可能性が高まる?

 全世界的に製造業の景況感が改善してきている。米供給管理協会(ISM)が発表した …