ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

増配など株主還元策が顕著に。背景には円安と公的年金改革が

 

 企業が得た利益を株主に還元する動きが顕著になってきている。企業における資本効率改善に対する意識が高まってきていることが直接の要因だが、背景には円安と公的年金の株式シフトがある。

 tosho02 2014年11月21日、カシオが来期の配当を大幅に増やすとの報道があった。同社は正式発表ではないとしたものの、増配を検討していること自体は認めた。
 同社の2014年3月期決算における配当は25円の配当を行ったが、来期はこれを30円に引き上げることが検討されている。同社の発行済み株式数は約2億7000万株なので、実際に30円に増配されれば、来期の配当総額は80億円を超えることになる。

  同社は今期、120億円を超える自社株買いを実施しており、これを合わせると株主還元額は200億円を超える。来期の同社の純利益見通しが230億円であることを考えると、非常に大胆な株主還元策であることが分かる。

 日本企業はこれまで、株式の持ち合いなどに代表されるように、株主に対する利益還元の意識が薄かった。これは過去何度も指摘されてきたことだが、従業員から持ち上がりで取締役に就任するサラリーマン経営者が主体の日本企業では、株主還元策に焦点が当たることはほとんどなかった。

 カシオ以外でも配当や自社株買いを強化する会社は増えているが、そのきっかけのひとつになっているのが、一気に進んだ円安である。
 日本は国内市場が縮小しており、企業は海外に活路を求める以外に選択肢がなくなりつつある。円安による輸入物価の上昇で苦境に立たされる企業がある一方、グローバル展開ができている企業は業績も好調となっている。

 こうした企業は当然、海外投資家からの注目度も高く、企業側もグローバルな投資家を意識するようになる。グローバルな投資家は当然、高い資本効率を求めるので、企業側もそれに応じた経営を行うようになる。

 この動きをさらに後押ししているのが、日本の公的年金改革である。年金財政の逼迫から、公的年金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)は今後、企業に対して高いROE(株主資本利益率)を求めていく方針を明らかにしている。

 今後は、こうした投資家の目線を意識した経営を行う企業と、そうでない企業の株価が二極分化する可能性が高くなってきた。世界に遅れること20年、追い込まれての決断ではあるが、日本の株式市場がようやく動き出したのかもしれない。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

matsuishouken
松井証券がとうとう金利も手数料もゼロ円という自爆価格を設定。どうやって儲けるの?

 信用取引に関する来年1月の規制緩和をうけて、ネット証券業界では自爆テロともいえ …

sakane
ドイツに学べというコマツ坂根会長の発言が際立つ。日本はドイツになれるのか?

 政府の産業競争力会議のメンバーであるコマツの坂根正弘会長の発言が最近注目を集め …

gajoen
都心部で大型不動産をめぐるマネーの動きが活発化。ようやくバブルの闇が消える?

 東京の不動産取引が活発になってきている。量的緩和策によるインフレ期待を背景に、 …

no image
想定外のウォン高進行で、韓国経済が総崩になる兆候。

 これまで好調に推移してきた韓国経済が総崩れになる可能性が出てきた。原因は急速に …

jack ma
アリババが上場後初の決算を発表。市場拡大を取り込み業績は順調

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2014年11月4日、2014年7~ …

zakabargukifu
フェイスブック、ザッカーバーグCEOの寄付は本当に寄付なのか?

 SNS最大手フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEO(最高経営責任者)と妻 …

kosakukiki
日本企業の設備投資がとうとう底入れ?3月の機械受注は大幅増加に

 これまで株高による個人消費の活性化ばかりが目立っていた日本経済だが、製造業の状 …

bouekikontena
デフレでゲタを履かせられた7~9月期の実質GDP。輸出の落ち込みはかなり深刻

 内閣府は2016年11月14日、2016年7~9月期のGDP(国内総生産)速報 …

money009
日本全体のバランスシートを見ればお金が出回らない理由がよく分かる

 内閣府は2014年1月17日、2012年度の国民経済計算を発表した。資産から負 …

suga
消費税増税の決定は9月9日のGDP改定値で。財務省の筋書き通り数値は良好?

 自民党の参院選圧勝をうけて、消費税増税決定のタイミングに注目が集まり始めている …