ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

増配など株主還元策が顕著に。背景には円安と公的年金改革が

 

 企業が得た利益を株主に還元する動きが顕著になってきている。企業における資本効率改善に対する意識が高まってきていることが直接の要因だが、背景には円安と公的年金の株式シフトがある。

 tosho02 2014年11月21日、カシオが来期の配当を大幅に増やすとの報道があった。同社は正式発表ではないとしたものの、増配を検討していること自体は認めた。
 同社の2014年3月期決算における配当は25円の配当を行ったが、来期はこれを30円に引き上げることが検討されている。同社の発行済み株式数は約2億7000万株なので、実際に30円に増配されれば、来期の配当総額は80億円を超えることになる。

  同社は今期、120億円を超える自社株買いを実施しており、これを合わせると株主還元額は200億円を超える。来期の同社の純利益見通しが230億円であることを考えると、非常に大胆な株主還元策であることが分かる。

 日本企業はこれまで、株式の持ち合いなどに代表されるように、株主に対する利益還元の意識が薄かった。これは過去何度も指摘されてきたことだが、従業員から持ち上がりで取締役に就任するサラリーマン経営者が主体の日本企業では、株主還元策に焦点が当たることはほとんどなかった。

 カシオ以外でも配当や自社株買いを強化する会社は増えているが、そのきっかけのひとつになっているのが、一気に進んだ円安である。
 日本は国内市場が縮小しており、企業は海外に活路を求める以外に選択肢がなくなりつつある。円安による輸入物価の上昇で苦境に立たされる企業がある一方、グローバル展開ができている企業は業績も好調となっている。

 こうした企業は当然、海外投資家からの注目度も高く、企業側もグローバルな投資家を意識するようになる。グローバルな投資家は当然、高い資本効率を求めるので、企業側もそれに応じた経営を行うようになる。

 この動きをさらに後押ししているのが、日本の公的年金改革である。年金財政の逼迫から、公的年金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)は今後、企業に対して高いROE(株主資本利益率)を求めていく方針を明らかにしている。

 今後は、こうした投資家の目線を意識した経営を行う企業と、そうでない企業の株価が二極分化する可能性が高くなってきた。世界に遅れること20年、追い込まれての決断ではあるが、日本の株式市場がようやく動き出したのかもしれない。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

kamotsusen
FTA締結のメリットをまったく享受できない韓国。日本はTPPの影響をどう考えるべきか?

 各国と相次いでFTA(自由貿易協定)を締結してきた韓国において、消費者がその恩 …

imf201304
日本に財政健全化を強く求めたといわれるG20声明はどう解釈すべきなのか?

 米ワシントンにおいて4月18日と19日、G20(20カ国・地域財務相・中央銀行 …

bouekitoukei201306
6月の貿易収支は円安効果で赤字縮小。だが産業構造の変化で数量減少は止まらず

 財務省は7月24日、6月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

tosho05
東証が審査を厳格化。なかなか前に進まない日本企業の情報開示

 スマホ向けゲーム開発企業「gumi」のずさんな情報開示をきっかけに、上場企業の …

kokuzei
高額所得者の税負担が増加。今後もこの傾向が続くのか?

 政府は、来年度の税制改正において年収1000万円を超える会社員の給与所得控除を …

no image
石油で世界制覇を目論むロシア。危険なゲームに乗り出す英国。日本も巻き込まれるゾ!

 ロシアの国策石油会社の存在感が高まっている。  ロシアの国営石油最大手ロスネフ …

appledidi
アップルが中国配車アプリ大手に出資。今後の成長のカギは結局、自動運転?

 米アップルが中国の配車アプリ最大手「滴滴」(ディディ)に10億ドル(約1100 …

nihondensan
シャープ元社長の片山氏が日本電産副会長へ。永守氏の後継者問題はどうなる?

 日本電産が、シャープの片山幹雄元社長を副会長執行役員として迎え入れる。日本電産 …

no image
ルネサスの早期退職に希望者殺到。支払うお金がなくなっちゃった!

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスの早期退職プログラムに7511人 …

kourioote
2月決算の小売大手決算。個人消費に多少の明るい兆しが見える

 2月決算の小売大手各社の決算がほぼ出揃った。小売各社の決算動向は、個別企業の業 …