ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

もはや紅白歌合戦?戦争の遺物となった研究所同士が争うスパコン計算速度

 

 世界のスーパーコンピューター性能ランキングが発表され、前回2位だった理化学研究所の「京 (けい)」は3位に転落した。1番でなければ意味がないと主張し、総額1000億円以上の税金を使っておきながら、1位どころが3位に転落というまったくお話にならない状況となっている。

 だがスパコンが抱える問題は3位に転落したことではない。スパコンの計算速度などというもの自体がすでに「時代遅れ」になっているという事実が見逃されているところにある(たぶん蓮舫議員はそのことを知らずに発言したと思われるが・・・)。

 ここ20年のコンピュータ技術の発展は目覚しく、コンピュータの単純な演算速度を競う時代はとっくに過ぎ去っている。現在では安価なリソースで分散処理をどれだけ効率よく行うことができるのかに技術的な焦点が移っており、スパコンの速度を競うのはもはや「途上国的」な発想である。いってみれば「いまだに紅白出場歌手で一喜一憂するようなもの」(IT技術者)だ。

 このことは、「京」のライバルとなっているスパコンがどこで作られているのかを見ればより一層明らかとなる。
 今回のランキングで1位となったスパコンは米オークリッジ国立研究所の「タイタン」、2位は前回1位だった米ローレンス・リバモア国立研究所の「セコイア」である。

 両研究所とも、米国の核兵器開発プロジェクトである「マンハッタン計画」のために作られたもの。当時は国家の行く末をかけた研究プロジェクトで湯水のように研究費が使えたが、核兵器が当たり前の存在となった今では、予算の確保に必死となっている。なにしろ、今ではちょっとしたパソコンがあれば核兵器など設計できてしまう(事実北朝鮮でも核兵器を作れるのだから・・・)時代なのだ。

 肥大化した組織を維持するには「お金のかかる」研究がどうしても必要だ。核兵器に代わる「金のなる木」として白羽の矢を立てたのがスパコンというわけである。両研究所とも米国の科学技術を支えた名門ではあるが、すでに過去の遺物となりつつある。
 ちなみに「京」を開発している理化学研究所も、太平洋戦争当時、日本独自の原子爆弾を開発するため軍部と一体になって発展してきた研究所である。

 要するに「京」が競争しているのは、爆弾製造人同士の狭い内輪の世界であり、もはや国家の科学技術を賭けた争いなどではないのだ。最先端の科学技術は、別の場所で今日も毎日生まれ続けている。

 - 政治, IT・科学

  関連記事

ichimanen
財政再建目標に債務GDP比を併記?その本当の狙いは公共事業

 政府の財政再建目標をめぐる議論が活発になっている。これまで国際公約として掲げて …

udeishoku
イラクで負傷した兵士の両腕移植が成功。皮肉にも戦争で米国の医療技術がさらに進んだ

 イラク戦争に派遣され従軍中に両手両足を失った米軍兵士が両腕の移植手術を受け回復 …

snowden
米国で国民監視システムの存在が明らかに。本質的問題は市民のプライバシーにあらず

 米国家安全保障局(NSA)がグーグルやベライゾンといったネット企業や通信会社か …

abe20141229
政府の予算と決算には乖離がある。経済対策3.5兆円を額面通りに評価してはいけない

 政府は2014年12月27日、臨時閣議を開き、総額3兆5000億円の経済対策を …

guncontrol
オバマ大統領が銃規制強化策を提案。だが演出のやり過ぎで一部から批判も

 オバマ大統領は16日、攻撃用銃器の販売禁止や銃購入時の身元調査を義務付ける包括 …

pentagon02
米国防総省が発表した中国軍に関する年次報告書。中国側が激しく反発する理由とは?

 米国防総省は5月6日、中国の軍事力に関する年次報告書を発表した。この中で国防総 …

kokusaishushi201402
経常赤字体質への転換を受け、政府は海外資本の誘致に舵を切り始めた

 財務省は2014年4月8日、2014年2月の国際収支を発表した。最終的な国の収 …

Kissingershukinpei
習近平主席が米国のキッシンジャー元国務長官らと相次いで会談。進む米中関係の再構築

 中国の習近平国家主席が、米国の政界を引退した親中国派の大物政治家と次々に会談し …

narogo01
羅老号が再度打ち上げ中止。日本に40年遅れる韓国の技術でロケット打ち上げは無理?

 トラブルが相次ぎ打ち上げが延期となっていた韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老( …

sinjuku
実質賃金は下がっているのに、社会的満足度が過去最高の理由

 内閣府は2017年4月3日、「社会意識に関する世論調査」の結果を発表した。現在 …