ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

とうとう動き出す地方銀行の再編。人口減少への懸念から金融庁が最後通牒?

 

 地方銀行の再編が加速しそうな雰囲気となってきた。複数の有力地銀が相次いで経営統合を発表しているが、その背景には、動きの遅い地銀業界に業を煮やした金融庁の強い姿勢がある。

 yokohamaginkou 2014年11月14日、地銀最大手の横浜銀行が、東京を基盤とする地銀である東日本銀行と経営統合すると発表した。その4日前には、熊本県と鹿児島県のトップ行である肥後銀行と鹿児島県も経営統合協議を進めると発表している。また東京都民銀行と八千代銀行のように、経営統合を実施し、すでに新しい持ち株会社を設立したところもある。

 このタイミングで急に地銀に再編の動きが出てきている背景には、金融庁の動きがある。金融庁は昨年、地銀の収益性と人口動態に基づく市場規模縮小について分析したペーパーを配布した。具体的な銀行名は伏せられていたものの、人口減少によって、どの地銀が将来苦しくなるのかについて明示したショッキングなものだった。
 今年に入って金融庁長官が、地銀再編について直接言及。金融庁の意思が固いとみた銀行業界が具体的な再編に動き出したのである。

 金融庁が地銀再編に本腰を入れてきているのは、地方の人口減少が近い将来、かなり深刻になってくるからである。日本全体においてもすでに労働力人口の減少が大きな問題となっているが、地方の場合には、都市部への人口流出が重なるため、その影響が顕著となる。

 これまで地方銀行は経営効率の悪さから、再編の必要性が叫ばれてきた。一方で、公的資金の注入なども行われており、実際には現状維持が継続してきた。しかし、本格的な市場縮小を前に、地方銀行もいよいよ再編を進めていく必要に迫られている。一連の金融庁の動きは、これ以上、先延ばしはできないという、いわば「最後通牒」と理解されている。

 ただ、今回、経営統合を決めたのは、最大手の横浜銀行や、九州各県のトップ行同士という、いわば勝ち組である。今後、地銀再編が加速するのだとすると、再編劇の当事者にならない銀行が、最終的に存続が難しくなるという、生き残りゲームになる可能性も出てきたといえるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

jinkouchino
学会誌の女性イラスト事件から考える、オープンな現代社会を生き抜く知恵

 人工知能学会は2014年1月9日、1月発行の同学会誌表紙に掲載された女性のイラ …

nichukanfta
日中韓FTA交渉の第2回会合。すでにTPPに参加した日本は有利な立場に

 日中韓の3カ国で貿易や投資の自由化を目指す、日中韓自由貿易協定(FTA)交渉の …

tenanmon
データ改ざんの噂が絶えない中国の貿易統計。実際に数値を検証してみた

 中国の税関当局は5月8日、4月の貿易統計の数値を発表した。それによると、輸出額 …

usakoyoutoukei201312
米雇用統計は予想を下回る。FRB議長交代もあり、市場は神経質な展開

 米労働省は2014年1月10日、2013年12月の雇用統計を発表した。このとこ …

zaikaitop
円安で株高になるのはおかしいという財界首脳の発言が象徴するもの

 経団連、日本商工会議所、経済同友会の経済3団体は2014年1月7日、年頭会見を …

bouekitoukei 201501
1月の貿易統計、輸出数量がようやく増加傾向に。要因は好調な米国経済

 財務省は2015年2月19日、1月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

kadokawadowango
KADOKAWAとドワンゴが経営統合。相互補完的でプラスになる可能性

 角川書店を中心とするメディア企業のKADOKAWAと、動画配信大手のドワンゴが …

abetoben
安倍政権が解雇規制緩和を断念。これでアベノミクスは名実ともにケインズ政策となった

 安倍政権は、成長戦略の目玉と位置付けていた雇用規制緩和の導入を事実上断念した。 …

ism201303
最高値更新が続く米国株式市場で5月下落説が登場。投資家にとっては悩ましい局面に

 市場最高値の更新を続けていた米国株に警戒感が出始めている。4月3日のNY株式市 …

mof03
軽減税率の財源をめぐる議論が活発化。外為特会という埋蔵金活用プランも

 国会の論戦がスタートしたことで、消費税10%への引き上げに伴って導入される軽減 …