ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

オバマ外交を象徴する閣僚の一人、ヘーゲル国防長官が突然辞任

 

 オバマ大統領は2014年11月24日、ヘーゲル国防長官が辞任すると発表した。オバマ氏とヘーゲル氏は一緒に記者会見に臨んだが、辞任の理由は明確にしなかった。シリア問題をめぐる意見対立が背景とみられ、一部には事実上の更迭との見方もある。

hageljinin

 ヘーゲル国防長官は、オバマ政権が掲げる安全保障政策の中核をなす人物と見られていた。オバマ大統領は、国内経済を最優先するとの立場から、軍事費の大幅削減を進めている。また中東に偏り過ぎていた軍事力をアジア太平洋地域にシフトする、いわゆる「リバランス戦略」を積極的に進めている。こうしたオバマ戦略のカギを握る人物のひとりがヘーゲル氏であった。

  ヘーゲル氏は、オバマ政権の安全保障チームでは唯一の共和党員。共和党ながら個人的にオバマ大統領に近いといわれてきた。ネブラスカ州選出の上院議員を2期12年務めた経験がある。軍人出身だが、イラク戦争の実施やイラン制裁に反対したり、イスラエルに対して批判的な発言を行うなど、安全保障面で独自の見解を持っており、共和党の中ではユニークな存在だった。

 大幅な軍事費の削減やアジア太平洋へのシフトについては、共和党内に反対する意見が多く、共和党と民主党の両方にパイプがあるヘーゲル氏は、オバマ政権にとって非常に重要な人材であった。実際、ヘーゲル氏は、各方面との調整を積極的に行い、軍事力のアジア・シフトと大幅な軍事費の削減に成功している。

 ただ、シリア問題については、ホワイトハウスと対立することが多く、これが辞任の引き金となったとする見方は多い。特にホワイトハウスで安全保障問題を担当するライス補佐官とは行き違いが発生し、これがヘーゲル氏が不満を募らせるきっかけになったとの報道もある。

 オバマ政権は任期が残り少なくなっており、中間選挙での敗北もあって、レームダック化を指摘する声が上がっている。オバマ政権の象徴的な閣僚の一人だったヘーゲル氏の辞任によって、政権の機能不全がさらに進むとの見方が広がっている。

 - 政治 ,

  関連記事

abejosei
安倍首相が配偶者控除の廃止を指示。是非を議論できる段階は過ぎている

 安倍首相は2014年3月19日、経済財政諮問会議と産業競争力会議の合同会議にお …

krugman
アベノミクスをクルーグマン教授が評価したという記事で触れられなかった事実とは?

 米国の著名な経済学者ポール・クルーグマン氏が安倍政権の経済政策「アベノミクス」 …

singapol
習近平氏はシンガポール型経済システムに着目。だが実現は絶望的?

 新しく中国共産党総書記に就任した習近平氏が、問題山積の中国の現状に対してどのよ …

pakucongress
産経ソウル前支局長無罪判決が、極めて妥当かつ民主的である理由

 韓国のソウル中央地方裁判所は2015年12月17日、朴槿恵大統領の名誉を傷つけ …

senetereport
CIAの拷問プログラムを開発した心理学者には100億円の報酬。米上院調査報告書

 米上院情報特別委員会は12月9日、米中央情報局(CIA)が同時多発テロ以降、テ …

lagard
IMFのラガルド専務理事が仏当局から家宅捜索と事情聴取。またもや権力闘争か?

 IMF(国際通貨基金)のラガルド専務理事がフランスの司法当局から、フランス経済 …

barroso
米とEUが米欧FTAの交渉開始。これが出来上がるとTPPなど吹っ飛ぶ?

 米国と欧州連合(EU)は13日、米欧における自由貿易協定(FTA)の交渉を開始 …

g8
G8でグローバル企業の租税回避対策が骨抜きになってしまう理由

 シリア問題と並んで主要国首脳会議(G8サミット)の議題の一つであった租税回避問 …

Thatcher
構造改革路線の生みの親、英国のサッチャー元首相が死去

 英国の元首相で「鉄の女」ともいわれたマーガレット・サッチャー氏が4月8日、脳卒 …

gun
米国で思いのほか銃規制が進まないのは、実は米国が安全な国になっているから

 米国コネティカット州で起きた銃乱射事件に関してオバマ米大統領は16日、再発防止 …