ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

盛り上がる解散の「大義」に関する論争。結論は選挙の結果次第?

 

 衆議院を解散する「大義」に関する議論が活発になっている。野党側が「アベノミクスの失敗を覆い隠す大義なき解散」と反発しているほか、メディアでも同様の論調が一部に見られる。一方で、首相の専権事項ともいわれる解散に、そもそも大義が必要なのかという見解もある。

abe20141125

 11月21日の解散を受けて民主党の海江田代表は、「国民の信を問う大義名分がない」と述べ、解散の決断について批判した。また与党内でも、小泉進次郎議員のように「解散の大義が感じられない国民が多いのではないか」と述べ、万歳三唱をしなかった人もいる。

 安倍政権側は当然のことながら「国民に信を問う」重要な決断だとしており、解散の意義を強調している。一方、解散権は首相だけに与えられた専権事項であり、周囲がとやかくいうものではないとの見方もある。
 首相の解散権については、憲法に明示的に記されているわけではない。憲法第7条の国事行為に基づく解散については、内閣の助言と承認に基づいて実施されることになるので、一般的には内閣に解散権があると解釈されている。首相には罷免権があるため、実質的に解散権は首相の専権事項と理解されることになる。

 これとは異なる学説も存在しているのだが、1952年の吉田内閣における、いわゆる「抜き打ち解散」以後、7条解散は実質的に機能してきており、実務上、首相の専権事項と解釈するのが妥当だろう。

 今回、安倍首相が解散を決断したのは、来年の統一地方選、消費税の増税(延期を決断)、9月の総裁選、さらには再来年の参院選という政治日程を考慮に入れた上で、今、解散するのがもっとも政権維持にとって得策という判断をしたからにほかならない。

 その意味では、まぎれもなく党利党略の解散ということになるが、そもそも政治とは権力闘争の場であり、政党政治である以上、党利党略と無縁であることは難しいだろう。
 日本が議会制民主主義の国であることを考えれば、この解散に大義があるのかないのかについては、やはり選挙の結果で判断するしかなさそうである。

 - 政治

  関連記事

chipurasueu
ギリシャが一転、EUが提示した緊縮策を丸飲み。ドイツがそれでも支援に否定的な理由

 債務危機となっているギリシャ支援を話し合うユーロ圏財務相会合が2015年7月1 …

kakusazini
所得格差を示すジニ係数は過去最大。しかし累進課税などで最終的な格差は縮小

 厚生労働省は2016年9月15日、2014年度における所得再分配調査の結果を発 …

makuron
仏大統領選では独立候補のマクロン氏が勝利。欧州の景気拡大も後押しか

 フランス大統領選は事前の予想通り、中道系独立候補のエマニュエル・マクロン氏が極 …

ryounei
中国初の空母「遼寧」が着艦に成功。だが中国の空母運用が前途多難なワケとは?

 中国初の空母「遼寧」が艦載機に着艦に成功したと中国メディアが伝えている。着艦に …

shukinpei
公明党の山口代表がようやく習氏と会談。中国は得意のゆさぶり攻撃で日本側を翻弄

 中国訪問中の公明党の山口代表は25日、中国共産党の習近平総書記と北京の人民大会 …

minpaku
民泊法案が今国会で成立の公算。年間日数制限でビジネス目的は困難に?

 住宅の空き部屋を旅行者などに有料で貸し出す、いわゆる「民泊」の解禁を目的とした …

hatoyamachina
小野寺防衛相の鳩山氏「国賊」発言は、中国側を利するだけ

 文化交流の名目で訪中し、中国よりの発言を繰り返している鳩山元首相に対して、とう …

taiwangakusei
様変わりする台湾の民主化運動。背景には中国の台頭と米国政治の変質がある

 台湾で中国との経済協定に反対する学生が立法院(国会)を占拠している問題は、いま …

whitecolorexe
残業代ゼロ政策の導入が現実味。職種限定だが、年収制限はなくなる可能性も

 労働時間に関わらず賃金を一定にする、いわゆる残業代ゼロ政策の導入が現実味を帯び …

kokkaigijido
2016年度予算編成。社会保障費をめぐり与党内で駆け引きが活発化

 2016年度予算の概算要求基準が閣議了解されたことで、予算編成作業が本格的に動 …