ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

フランシスコ法王が欧州議会で演説。EUの官僚主義的な体制を痛烈に批判

 

 カトリック教会のフランシスコ法王は2014年11月25日、欧州議会で演説をおこない、「今の欧州は老けてやつれている」と述べ、欧州の現状について懸念を表明した。また「EUはあまりにも官僚主義的になっている」とも述べ、公務員の権限が肥大化し機能不全に陥っている現状にについて批判した。

popefrancis201411

 演説で法王は「欧州に希望と激励のメッセージを伝えたい」と述べ、欧州統一の理念を賞賛した。しかし、その後はかなり手厳しい内容が続く形となった。実際、EUは現在、経済的にも社会的にも難しい状況にある。

 欧州はインフレ率の低下に悩まされており、一部ではデフレの懸念も出始めている。これまでは、スペインやギリシャといった南欧諸国の低迷をドイツが支える構図だったが、頼みの綱だったドイツの成長にも懸念が出始めている。IMF(国際通貨基金)によると2014年のユーロ圏における経済成長見通しはわずかプラス0.8%となっている。

 最近では経済問題に加えて、移民問題が大きくクローズアップされるようになっている。今年の5月に行われた欧州議会選挙では、英国でちょっとした騒動が発生した。EUからの離脱を唱える英国独立党が大躍進し、連立与党の保守党と自由民主党が大幅に議席を減らしたのである。フランスでも極右政党が議席を伸ばす結果となった。EU懐疑派は移民の数を制限するよう求めており、英国のキャメロン首相はEUとの間で板挟みの状態となっている。

 移動の自由はEUの根幹をなす基本原理であるだけに、もし移民を制限するという動きが欧州全体に拡大した場合、EUの存在意義そのものが問われる事態となりかねない。ドイツのメルケル首相はEUの基本原理は譲らない方針を示しているが、キャメロン首相も簡単には引き下がれない状況だ。

 全体としてみれば、本気でEUを解体する必要があると考えている欧州人はそれほど多くないと考えられる。だがEU本部の公務員が絶大な権限を持ち、地域の経済や社会の実情を無視して威圧的に振る舞っているという印象を持つ人は少なくない。肥大化したEU組織が、反EU的な動きの大きな要因になっていることは否定できないだろう。

 官僚組織の問題を指摘したフランシスコ法王の発言も、このあたりを念頭に置いていると思われる。ただEUが抱える現状に対する抜本的な解決策は見当たらないのが現実である。当分の間、欧州社会の混迷は続く可能性が高い。

 - 政治 , ,

  関連記事

kenpoukaisei
憲法改正の動きが本格化?だが本当にまともな憲法が自主制定できるのか疑問との声も

 憲法改正をめぐり、まずは「総議員の3分の2以上の賛成」を必要とする現憲法96条 …

shukinpeihoubei2015
習近平国家主席の米国訪問始まる。ビル・ゲイツ氏は何と自宅で直接もてなし

 中国の習近平国家主席は2015年9月22日から、2回目となる米国訪問を行ってい …

bunkaku
中国で腐敗撲滅隊なる政治ショーが流行。だが「文革」を連想させる光景に不安の声も

 権力者の腐敗が社会問題化している中国で、腐敗撲滅隊と呼ばれる政治ショーがインタ …

no image
検察の独善性は万国共通?韓国検察が相次ぐ不祥事を受けて改革案を策定中。

 日本と同様、絶大な権限と半ば特権的な立場が許容されている韓国の検察当局が、これ …

obuchiyuko
小渕経産大臣が辞任。脳裏をよぎる第1次安倍内閣の閣僚辞任ドミノ

 小渕経済産業大臣は2014年10月20日、自身の政治団体の収支が食い違っている …

keizaizaisei201511
GDP600兆円の具体策について議論始まる。最終的には3%の賃上げで実現?

 安倍首相が「新三本の矢」で掲げた名目GDP600兆円の目標について、その具体策 …

zenjindai201401
中国政府が香港包囲網を強化。全人代で香港自治という表現が消滅

 中国政府による香港への包囲網が強化されている。現在開催中の全人代(全国人民代表 …

nichibeikokki
米国の対日世論調査から考える、今後の対日感情の変化と中国の影響

 米国の調査機関であるピューリサーチセンターは2015年4月7日、日米の相互信頼 …

kyosho201502
オバマ政権が打ち出した海外利益課税策。米企業の立地戦略はどうなる?

 オバマ政権が打ち出した企業の海外利益に対する課税策が米国内で議論となっている。 …

meisousenkyo
英国の総選挙。まさかの過半数割れだがマーケットには案外好都合?

 当初、与党保守党の圧勝が予想されていた英国の総選挙は予想外の結果となった。保守 …