ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

JALとスカイマーク提携に国交省が待った?国家による救済は半永久的に尾を引く

 

 スカイマークは2014年11月21日、日本航空(JAL)と提携交渉を行っていることを明らかにした。両社は共同運航を軸に提携を検討しているが、公正な競争環境の維持を主張する国土交通省が難色を示しているといわており、今後の行方は不透明だ。

skymark03

 スカイマークは、円安による燃料費の高騰の影響を受け、苦しい経営が続いている。同社は超大型旅客機A380を使った本格的な国際路線への進出を計画し、エアバス社に対してA380を6機も発注、前払い金として約260億円の支払いを行った。だがエアバス社がスカイマークの支払い能力を疑問視し、A380の契約解除を通告するという騒ぎになってしまった。

 一時は700億円の違約金を請求する可能性も取り沙汰されたが、交渉の結果、違約金は前払い金の範囲である200億円程度に収まる見通しとなっている。
 同社は違約金による経営危機はとりあえず回避することができたが、抜本的な経営立て直しのメドは立っていない。これまで同社は、マレーシアのLCC大手エアアジアなどとも提携交渉を行ったほか、複数の航空会社から出資の打診を受けたといわれている。だが同社は経営の独立性を最優先課題としており、資本参加がなく、共同運航のみというJALとの提携を選択した形だ。
 共同運航にすることでスカイマークには収益拡大が望めるほか、JALとしては国内線のシェアを拡大できるというメリットがある。経営再建後、差が広がりつつある全日空(ANA)との距離を縮めることが可能となる。

 だが国土交通省はこの提携に対して難色を示しているといわれる。JALは2010年1月、会社更生法の適用を申請し、企業再生支援機構の支援を受けて経営再建を果たしたという経緯があるからだ。
 公的資金で救済された企業が身軽になって他社との競争に勝つというのはフェアではないという観点から、同省は2017年3月までの間、JALと他社が不公正な競争にならないよう、JALの新規投資やM&Aについて監視するという方針を打ち出している。

 スカイマークは、単なる共同運航でありこうした制限の対象にはあたらないという見解だが、国土交通省のスタンスは必ずしもそうではないようだ。太田国土交通大臣は「健全な競争環境の確保の観点から、厳しく判断する」と述べているほか、ANAとの提携を要請するプランが浮上しているとの報道もある。

 公的資金を使って企業を救済すると、必ずこうした事態が発生することになる。JALとスカイマークの提携問題は、市場原理をゆがめた形で国家が経営に介入してしまうと、長い期間にわたって市場環境に影響を与えてしまうことを示す象徴的なケースといえるだろう。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

hatoyamagoten
鳩山元首相が引退を正式表明。巨万の富を持つ「クリーンな」政治家の功罪

 民主党の鳩山由紀夫元首相は21日、北海道苫小牧市で記者会見し、政界を引退するこ …

mitsukoshi
個人消費が中間層にも拡大の兆し。日本経済が構造転換したサインか?

 これまで富裕層に限定されていた消費拡大が中間層にも波及する可能性が出てきた。日 …

kosakukiki
日本企業の設備投資がとうとう底入れ?3月の機械受注は大幅増加に

 これまで株高による個人消費の活性化ばかりが目立っていた日本経済だが、製造業の状 …

yakuinousetsu
日本企業の経営環境が激変?金融庁と東証がまとめた統治指針案のインパクト

 金融庁と東京証券取引所は、上場企業に少なくとも2名以上の社外取締役の設置を求め …

no image
イランの核開発能力が倍増というIAEA報告書は出来レース?

  IAEA(国際原子力機関)は、イランが核兵器開発に必要なウラン濃縮の能力を2 …

manshonkinri
マイナス金利にもかかわらずメガバンクに住宅ローン金利引き上げの動き

 マイナス金利政策が続いているにもかかわらず、メガバンク各行が住宅ローンの引き上 …

koyokeiyaku
現実味を帯びる同一労働、同一賃金。結局は若年層正社員の賃下げに?

 これまで導入が極めて難しいといわれてきた、同一労働、同一賃金が現実味を帯びてき …

cubaclassic car
キューバとの国交正常化で注目される、高級葉巻と米国製クラシックカー

 米国とキューバが国交正常化交渉を開始することになった。経済制裁の解除で各業界に …

rarogo
発射延期となった韓国初の人工衛星搭載ロケット。実はほとんどがロシア製

 韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老号」の打ち上げが延期となった。発射の直前にガ …

no image
企業の倒産件数が激減。だがそれは、銀行のあたらな時限爆弾に過ぎない

 銀行の過剰な国債保有が懸念されている中、銀行のあたらたな時限爆弾の存在が明らか …