ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米著名ヘッジファンドが苦境に

 

 米国の著名な投資家であるジョン・ポールソン氏が率いるヘッジファンドが苦境に立たされている。サブプライムローンの破綻を逆手に取った戦略で驚異的なパフォーマンスを見せたものの、その後は米国の銀行株などへの投資に失敗し、運用成績が低迷していた。

 最近では欧州債務危機がより深刻化することにかけた戦略が裏目に出て、運用成績がさらに悪化しているという。ウォール・ストリート・ジャーナルによれば、同氏のファンドの時価総額は36%下落し、今年に入ってさらに13%落ち込んだという。1年間で半分近くまで減らしてしまった計算だ。投資家などからの解約が相次いでおり、シティグループも資金の引き上げを決めたという。

 最高水準の頭脳を揃え、高度なリスク管理をしていると考えられているヘッジファンドだが、現実にはより高いパフォーマンスを目指して、ある方向に一点賭けすることも少なくない(篠沢教授に全部というヤツ。古いですね・・)。

 そうなってしまうと、当たるか当たらないかの丁半バクチと同じになってしまう。

 ポールソン氏は損を取り返そうと、金に賭けているという噂だが、次の賭けが成功しなければ万事休すかもしれない。

 全部が全部ではないが、ヘッジファンドとはそのようなものだと思った方がよい。怪物でもなければ、金融工学の天才でもないのだ。勝ち続ける人も稀にはいるが、多くは失敗する。宵越しの銭はもたない現代の粋なバクチ打ちといったところか?

 日本市場に参入したあるヘッジファンドは、来日すると帝国ホテルのスイートを貸し切り、日本の市場関係者や政治のキーマンに1時間20万円のお金を払って次々と面会し、投資方針を決めた。そのヘッジファンドの関係者が行方不明になったのはその2ヶ月後のことであった。失敗するときは早い。

 - 経済

  関連記事

recruit02
新卒採用で成績を重視する企業が増加。採用基準が迷走する理由とは?

 企業の新卒採用における選考基準が再び迷走を始めている。人物本位に傾いてた採用基 …

no image
英国でスタバ、Amazon、Googleの税金逃れが政治問題に。英国も劣化しているのか?

 米国に本社のあるグローバル企業、Amazon、スターバックス、Googleの3 …

doruen201409
為替市場で円安が加速。指標的には過剰だが、相場主導で現実が後追いか?

 為替相場が急に慌ただしくなってきた。2015年5月26日の外国為替市場では円安 …

keizaizaiseisimonkaigi
財政再建とバラマキ予算をいとも簡単に両立させてしまう、財務省のレトリックとは?

 政府は8月2日、経済財政諮問会議を開催し、財政健全化の道筋となる中期財政計画の …

bitcoin
取引所破綻で話題のビットコイン問題を整理する。その本質はどこにあるのか?

 インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の取引サイトを運営するマウントゴック …

usakoyoutoukei201412
11月の米雇用統計は極めて良好。来月も同じ傾向が続けば円安が加速か?

 米労働省は2014年12月5日、11月の雇用統計を発表した。非農業部門の雇用者 …

sharp
シャープは政府ファンドのリストラ案を嫌い、鴻海による買収で最終調整?

 経営再建中のシャープは、台湾の鴻海精密工業による買収案を受け入れる方向で調整を …

bouekitoukei201304
4月の貿易収支。エネルギー輸入増と輸出数量の減少が続き、赤字連続記録を更新

 財務省は5月22日、4月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

no image
ドイツでは東欧やアジアなど外国の格安介護施設が大人気

 日本と同じく高齢化が進むドイツで、物価の安い東欧諸国やアジアの介護施設に入居す …

gpif201306
年金運用改革の最終報告書まとまる。国内の景気対策に年金が利用される危険性も

 公的年金の運用改革を議論する政府の有識者会議は11月20日、国債を中心とした従 …