ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米著名ヘッジファンドが苦境に

 

 米国の著名な投資家であるジョン・ポールソン氏が率いるヘッジファンドが苦境に立たされている。サブプライムローンの破綻を逆手に取った戦略で驚異的なパフォーマンスを見せたものの、その後は米国の銀行株などへの投資に失敗し、運用成績が低迷していた。

 最近では欧州債務危機がより深刻化することにかけた戦略が裏目に出て、運用成績がさらに悪化しているという。ウォール・ストリート・ジャーナルによれば、同氏のファンドの時価総額は36%下落し、今年に入ってさらに13%落ち込んだという。1年間で半分近くまで減らしてしまった計算だ。投資家などからの解約が相次いでおり、シティグループも資金の引き上げを決めたという。

 最高水準の頭脳を揃え、高度なリスク管理をしていると考えられているヘッジファンドだが、現実にはより高いパフォーマンスを目指して、ある方向に一点賭けすることも少なくない(篠沢教授に全部というヤツ。古いですね・・)。

 そうなってしまうと、当たるか当たらないかの丁半バクチと同じになってしまう。

 ポールソン氏は損を取り返そうと、金に賭けているという噂だが、次の賭けが成功しなければ万事休すかもしれない。

 全部が全部ではないが、ヘッジファンドとはそのようなものだと思った方がよい。怪物でもなければ、金融工学の天才でもないのだ。勝ち続ける人も稀にはいるが、多くは失敗する。宵越しの銭はもたない現代の粋なバクチ打ちといったところか?

 日本市場に参入したあるヘッジファンドは、来日すると帝国ホテルのスイートを貸し切り、日本の市場関係者や政治のキーマンに1時間20万円のお金を払って次々と面会し、投資方針を決めた。そのヘッジファンドの関係者が行方不明になったのはその2ヶ月後のことであった。失敗するときは早い。

 - 経済

  関連記事

fomc201604
米国が急激に利上げモードにシフト。日本の財政出動は完全にハシゴを外された状態に

 米国が急速に利上げモードにシフトしている。市場はまだ疑心暗鬼だが、地区連銀の各 …

mikitani
三木谷氏が規制強化を批判して委員辞任を示唆。安倍政権はなぜ態度を決められない?

 楽天の三木谷社長は11月6日、都内で記者会見を行い、政府が大衆薬のネット販売を …

shirakawae
インフレ目標を頑なに拒否する日銀。その主張に説得力がない本当のワケとは?

 日銀の白川総裁は12日都内で会見し、インフレターゲットの導入について「物価も賃 …

jutakugai
低所得者層でなぜか持ち家比率が急増。そのカラクリはつまらない話だった

 持ち家を購入する世帯が増加していることが総務省の家計調査で明らかになった。20 …

oushuisitugyouritu
もうここからは下がりようがない?欧州の高い失業率に下げ止まりの兆候

 欧州経済低迷の象徴といわれ、大きな社会問題にもなっているEU各国の失業率に下げ …

seisansei
あまりにも低い日本の生産性。労働経済白書が示す衝撃的な現実

 厚生労働省は2016年9月30日、2016年版の労働経済白書を公表した。日本の …

shukinpeihoubei2015
習近平国家主席の米国訪問始まる。ビル・ゲイツ氏は何と自宅で直接もてなし

 中国の習近平国家主席は2015年9月22日から、2回目となる米国訪問を行ってい …

jobuzu
ジョブズ氏に関する新しい伝記が話題に。どっちのジョブズ氏がホンモノか?

 米国で発売されたアップル創業者スティーブ・ジョブズ氏の伝記が話題となっている。 …

ginkou
日本ではなぜ借金の個人保証がなくならないのか?

 民法の抜本改正を検討している法制審議会(法務大臣の諮問機関)が、中小企業融資に …

tokyoelec
東京エレクトロンと米アプライドの「対等」な合併という真の意味は?

 半導体製造装置国内トップの東京エレクトロンと、世界シェアトップの米アプライドマ …