ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米著名ヘッジファンドが苦境に

 

 米国の著名な投資家であるジョン・ポールソン氏が率いるヘッジファンドが苦境に立たされている。サブプライムローンの破綻を逆手に取った戦略で驚異的なパフォーマンスを見せたものの、その後は米国の銀行株などへの投資に失敗し、運用成績が低迷していた。

 最近では欧州債務危機がより深刻化することにかけた戦略が裏目に出て、運用成績がさらに悪化しているという。ウォール・ストリート・ジャーナルによれば、同氏のファンドの時価総額は36%下落し、今年に入ってさらに13%落ち込んだという。1年間で半分近くまで減らしてしまった計算だ。投資家などからの解約が相次いでおり、シティグループも資金の引き上げを決めたという。

 最高水準の頭脳を揃え、高度なリスク管理をしていると考えられているヘッジファンドだが、現実にはより高いパフォーマンスを目指して、ある方向に一点賭けすることも少なくない(篠沢教授に全部というヤツ。古いですね・・)。

 そうなってしまうと、当たるか当たらないかの丁半バクチと同じになってしまう。

 ポールソン氏は損を取り返そうと、金に賭けているという噂だが、次の賭けが成功しなければ万事休すかもしれない。

 全部が全部ではないが、ヘッジファンドとはそのようなものだと思った方がよい。怪物でもなければ、金融工学の天才でもないのだ。勝ち続ける人も稀にはいるが、多くは失敗する。宵越しの銭はもたない現代の粋なバクチ打ちといったところか?

 日本市場に参入したあるヘッジファンドは、来日すると帝国ホテルのスイートを貸し切り、日本の市場関係者や政治のキーマンに1時間20万円のお金を払って次々と面会し、投資方針を決めた。そのヘッジファンドの関係者が行方不明になったのはその2ヶ月後のことであった。失敗するときは早い。

 - 経済

  関連記事

seijouishii
マネーゲームの末、高級スーパー成城石井はローソンへ。相乗効果は未知数

 コンビニ大手のローソンが、首都圏を中心に高級スーパーを展開する成城石井を買収す …

takedashacho
武田が外国人を次期社長に指名。外国人トップはうまくいかないというジンクスを覆す?

 武田薬品工業は11月30日、英グラクソスミスクラインでワクチン事業を統括してき …

shouhishakinyu
上限金利を元に戻す案を検討開始との報道。結局議論は振り出しに?

 貸金業者における上限金利を以前の29.2%に戻す案が与党内で検討されているとい …

abetoben
首相がアベノミクスへの懸念について見解を表明。あと半年で円安効果が出るというが・・

 安倍首相は5月7日の参院予算委員会の集中審議に出席し、貿易赤字やインフレなど、 …

kousakukiki
設備投資は製造業主導で大幅な伸び。期末要因なのか設備投資復活なのか?

 内閣府は2014年5月19日、3月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

amari
甘利経財相が日本の輸出不振に言及。アベノミクスは現実路線に転換?

 日本の輸出に対する安倍政権のスタンスが現実を反映したものに変わってきた。円安に …

banksy
謎の覆面画家バンクシーがニューヨークで活動中。アートの価格形成を皮肉る実験も

 英国の著名な覆面ストリート・アーティストであるバンクシーが、現在1カ月の期間限 …

girishasenkyo
ギリシャ議会選挙で急進左派圧勝。市場の受け止め方は冷静

 ギリシャの議会選挙で、財政緊縮策の見直しを掲げる最大野党「急進左派連合」が圧勝 …

shoshutuchi
スイスに続いてドイツでも役員報酬制限の動き。背景にある株主主権という考え方

 欧州で企業経営者の高額報酬を制限する動きが活発になってきている。スイスでは今年 …

susiro
回転寿司のスシローが東証に再上場。円安で市場の競争環境は激化

 回転寿司最大手の「あきんどスシロー」が3月30日、東京証券取引所に再上場する。 …