ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米著名ヘッジファンドが苦境に

 

 米国の著名な投資家であるジョン・ポールソン氏が率いるヘッジファンドが苦境に立たされている。サブプライムローンの破綻を逆手に取った戦略で驚異的なパフォーマンスを見せたものの、その後は米国の銀行株などへの投資に失敗し、運用成績が低迷していた。

 最近では欧州債務危機がより深刻化することにかけた戦略が裏目に出て、運用成績がさらに悪化しているという。ウォール・ストリート・ジャーナルによれば、同氏のファンドの時価総額は36%下落し、今年に入ってさらに13%落ち込んだという。1年間で半分近くまで減らしてしまった計算だ。投資家などからの解約が相次いでおり、シティグループも資金の引き上げを決めたという。

 最高水準の頭脳を揃え、高度なリスク管理をしていると考えられているヘッジファンドだが、現実にはより高いパフォーマンスを目指して、ある方向に一点賭けすることも少なくない(篠沢教授に全部というヤツ。古いですね・・)。

 そうなってしまうと、当たるか当たらないかの丁半バクチと同じになってしまう。

 ポールソン氏は損を取り返そうと、金に賭けているという噂だが、次の賭けが成功しなければ万事休すかもしれない。

 全部が全部ではないが、ヘッジファンドとはそのようなものだと思った方がよい。怪物でもなければ、金融工学の天才でもないのだ。勝ち続ける人も稀にはいるが、多くは失敗する。宵越しの銭はもたない現代の粋なバクチ打ちといったところか?

 日本市場に参入したあるヘッジファンドは、来日すると帝国ホテルのスイートを貸し切り、日本の市場関係者や政治のキーマンに1時間20万円のお金を払って次々と面会し、投資方針を決めた。そのヘッジファンドの関係者が行方不明になったのはその2ヶ月後のことであった。失敗するときは早い。

 - 経済

  関連記事

no image
伝説の債券ディーラー藤巻健史氏。予想ハズしまくりでブチ切れた!

 強固な円安論者として有名なフジマキ・ジャパンの藤巻健史氏が、予想をハズシまくり …

kuroda02
黒田日銀総裁が、現在の政府債務は持続不可能と財務官僚らしい発言。その背景とは?

 日銀の黒田総裁は3月28日、参院財政金融委員会において、「政府債務のGDP費が …

toshiba03
もはや制御不能。東芝が米国原子力事業で再び巨額損失。債務超過の可能性も

 経営再建中の東芝は2016年12月27日、米国原子力事業において数千億円規模の …

seijouishii
マネーゲームの末、高級スーパー成城石井はローソンへ。相乗効果は未知数

 コンビニ大手のローソンが、首都圏を中心に高級スーパーを展開する成城石井を買収す …

bbcclass
英国で新しい「階級」区分が話題に。だがその内容は少々脱力系

 現代でも階級制度が色濃く残る英国において、新しい「階級」区分がちょっとした話題 …

sharpqalcomm
これではタダの受託開発!クアルコムとシャープが交わした驚愕の契約内容

 経営再建中のシャープは4日、米クアルコムとの提携を正式に発表した。市場ではシャ …

hotelohkura
ホテルオークラ東京がとうとう建て替えを発表。同社が決断した背景を探る

 ホテルオークラは2014年5月23日、同社の旗艦ホテルであるホテルオークラ東京 …

nichigin02
日銀の量的緩和策は果たして効果を上げているのか?米国のQEと比較してみると

 日本銀行は8月8日、金融政策決定会合を開催した。量的緩和の継続を全員一致で決め …

pfi
PFIが成長戦略の中核として急浮上。だがその実態はハコモノ行政の維持

 政府の成長戦略における中核的プランとして、民間資金を活用したインフラ整備(PF …

sharp
シャープが鴻海との交渉打ち切り。予想通りで市場関係者に驚きはなし

 経営再建中のシャープが、鴻海(ホンハイ)精密工業との出資交渉を打ち切ることにな …