ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

物価上昇率はとうとう1%割れ。だが確実にインフレ期待は醸成されている?

 

 総務省は2014年11月28日、2014年10月の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「生鮮食品を除く総合(コア指数)」は前年同月比でプラ ス2.9%となり、先月に引き続いて上昇幅が縮小した。日銀では消費税による物価への影響は2%と見ており、消費税の影響を差し引くと、物価上昇率は1%を切ることになる。

 bukkajoushou このところ物価上昇率は月を追うごとに低下している。7月はプラス3.3%、8月はプラス3.1% 9月はプラス3.0%であった。消費税の影響を差し引くと、それぞれ、プラス1.3%、プラス1.1%、プラス1.0%ということになる。今回はプラス0.9%と1%割れとなった。2年で2%という日銀の物価目標は達成がほぼ不可能な状況となった。

 今月の消費者物価指数が消費税の影響を除いて1%割れとなるのは、すでに多くの関係者が予想していた。このところ個人消費が低迷しており、それにともなって物価上昇が鈍化していることは明らかだったからである。実際、7~9月期のGDPは年率換算でマイナス1.6%と極めて悪い数字であった。

 もっとも日銀はすでに追加の量的緩和を決定しており、それに伴ってさらに円安が進行している。円安の進行は輸入物価上昇につながるので、今後は物価上昇スピードが上がってくることになるかもしれない。これまで最終製品への価格転嫁をためらっていた事業者も今回の円安を期に値上げに踏み切るところが増えている。
 メディアでは、このところ物価上昇を憂慮する記事が増えてきており、プラスの評価なのか、マイナスの評価なのかはともかくとして、インフレ期待はかなり醸成されているといってよい。2年で2%は無理でも、近い将来、物価目標を達成することは現実的になってきたかもしれない。

 問題はこうしたインフレ期待が、実体経済に対してどの程度、効果があるのかという点である。いわゆるリフレ派が主張するように、経済は貨幣的なものなのか、それとも反対派が主張するように、別の要因で経済は動くものなのか、インフレ期待がはっきりしてきた今、その答が出ようとしている。

 - 経済 ,

  関連記事

nihonyuseiibmjinkochino
日本郵政がIBM、アップルと共同で人工知能サービスを導入

 日本郵政は2015年4月30日、米アップル、米IBMの2社と共同で高齢者向けサ …

keizaikakusa
景気が良くなるほど、経済格差が拡大するという不都合な真実

 貧困の撲滅活動を行う国際NGO「オックスファム」は2014年1月20日、経済格 …

kiuchi
黒田新体制で役回りが激変した日銀の木内審議委員。孤高の慎重論を貫けるか?

 日銀による異次元の量的緩和策を決めた4月4日の政策決定会合では、黒田総裁の提唱 …

kokuritsukyogijo
五輪東京開催で変わる日本経済の長期的見通し。すべては2020年以後に先送り?

 2020年のオリンピック開催地が東京に決まったことで、日本経済の長期的見通しに …

bukkajoushou
消費者物価指数はじわじわ上昇。GDP成長は来年も物価上昇を上回ることができるのか?

 総務省は7月26日、6月の全国の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「 …

ibmrometti
苦戦続くIBM。人工知能に市場は反応せず、ドル高がダメ押し

 米IBMは2015年4月20日、2015年1~3月期の決算を発表した。売上高は …

nihonkeizai02
4~6月期のGDPは予想外に個人消費が健闘。持続的な拡大局面に入れるのか?

 内閣府は2017年8月14日、2017年4~6月期のGDP(国内総生産)速報値 …

frbpauerugicho
FRB次期議長は予想通りパウエル氏。現行路線の踏襲に規制緩和が加わって株高に?

 FRB(連邦準備制度理事会)の次期議長にジェローム・パウエルFRB理事が指名さ …

Cove Point
シェールガス革命で日本の製造業が次々に米国進出。期待される日本の国際収支への貢献

 米国ではシェールガス革命の進展によって、世界最大のエネルギー輸出国に変貌しよう …

no image
アメリカで起業熱が再沸騰。シリコンバレーでは洋上インキュベーション施設まで登場

 米国のシリコンバレーでユニークなベンチャー企業が登場し注目を集めている。  会 …