ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

インフレ目標を頑なに拒否する日銀。その主張に説得力がない本当のワケとは?

 

 日銀の白川総裁は12日都内で会見し、インフレターゲットの導入について「物価も賃金も上がらない状況が長く続いた日本経済では現実的でない」と述べ否定的な見解を示した。日銀は以前からインフレターゲットの導入には頑なに反対しており、今回の会見でもそれをあらためて印象付けた。

 日本の物価が上がらないのは構造的な要因が大きく、貨幣的要因ではない。インフレ目標を設定しても「いきなり市場のインフレ予想が高まることは起こり得ない」という白川総裁の見解は正しいといってよい。
 制度疲労を起こし時代に合わなくなっている日本の経済システムや企業体質を抜本的に改革しなければ、お金が回って物価が上昇することはない。つまり構造改革である。

 白川総裁はじめ日銀職員の多くは構造改革派であり、競争環境が整備され、弱い企業が淘汰されないとホンモノの経済成長は起こらないと考えている。会見でも白川総裁は「思い切った規制緩和など政府の役割も大きい」と自説を重ねて主張している。

 まったくその通りなのだが、日銀のこうした主張にはなぜ説得力がないのだろうか?ひとつには構造改革路線は小泉政権後に日本国民から否定されており、日銀も大きな声では主張できないという事情がある(白川総裁は会見のたびに構造改革の必要性に言及しているが、目立たないように発言している)。
 だが説得力がない最大の理由は日銀自身にある。市場には徹底的な弱肉強食を強要しておきながら、自分自身の安定的な身分と利権は決して手放さないからである。

 公務員の天下りは以前からかなり批判され、財務省ですら露骨な天下りはできなくなっている時代だ。だが日銀はいまだに所管する民間企業に正々堂々と天下りを行っている数少ない組織だ(日銀は官庁ではないが、政府当局の組織であることに変わりはない)。

 しかも職員の年収も破格だ。財務省よりはるかに高く、課長級ですら1400万円ももらっている。ちなみに米FRBのバーナンキ議長の年収は1600万円だ。日銀の課長とバーナンキ議長は同じレベルと考えているらしい。白川総裁にいたってはバーナンキ議長の2倍以上だ。
 日銀の高給に嫉妬した財務省が年収引き下げを勧告し、日銀は7.5%の給与引き下げを渋々受け入れたが、それでもまだまだ高い。

 これではどんなに正論を吐いたところで誰も耳を貸さないであろう。市場原理主義は大変結構なことだが、市場原理主義においてもっとも重要なことは、決して「例外」を設けないことである。
 日銀がデフレを引き起こす最大の戦犯である理由は、主張する政策の内容ではなく、自己中心的な身の振り方にある。

 - 政治, 経済

  関連記事

hagel02
ヘーゲル氏の国防長官承認。ケリー国務長官とともに、本格的なオバマ外交が始動

 米上院軍事委員会は12日、次期米国防長官に指名されているチャック・ヘーゲル元上 …

baishuboueisaku
かつて導入された買収防衛策が次々と撤回。背景にあるのは株主のモノ言い

 かつて上場企業で導入が相次いだ買収防衛策について、撤回するケースが増えてきてい …

keizaizaiseisimonkaigi
財政再建とバラマキ予算をいとも簡単に両立させてしまう、財務省のレトリックとは?

 政府は8月2日、経済財政諮問会議を開催し、財政健全化の道筋となる中期財政計画の …

carney2
シリアへの軍事介入で外堀埋まる。消極的なのはオバマ大統領だけ

 シリア情勢が緊迫の度合いを高めている。米国政府はシリアのアサド政権が化学兵器を …

abeamari02
内閣府が来年以降の経済成長試算を提出。増税、低成長、物価高のトリプルパンチ?

 内閣府は8月2日に開催された経済財政諮問会議において、2013年度の経済見通し …

abe
来日中のバーンズ国務副長官が安倍総裁と会談。安倍氏は領有権問題で強気の発言

 米国務省のバーンズ副長官が来日している。日本を皮切りに、韓国、中国、ミャンマー …

kaikeikensain
会計検査院が独法のずさんな出資先管理を指摘。問題の本質はどこに?

 独立行政法人が出資する関連会社の中で、経営が困難になっていたり、投資資金が回収 …

tokyotower
デフレにも関わらず東京の物価は世界1位。改革を先送りしたツケは大きい

 英経済誌エコノミストの調査部門であるエコノミスト・インテリジェンス・ユニット( …

kyuka
日本人は休みすぎ?労働時間と経済成長の適切な関係とは?

 最近はちょっとした残業を命じただけもブラック企業と呼ばれる時代になり、大手企業 …

irankakumondai
イラン核問題、最終解決に向けた枠組み合意。実はポテンシャルが大きいイラン市場

 米欧など6カ国とイランは2015年4月2日、イランの核問題について、最終的な解 …