ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

12月8日発表のGDP改定値は上方修正の見込み。ただ全体的な景気動向は変わらず

 

 財務省は2014年12月1日、7~9月期の法人企業統計を発表した。ソフトウエアを除く全産業の設備投資額(季節調整済)は前期比プラス3.1%となった。法人企業統計の結果は7~9月期のGDP(国内総生産)の改定値に反映されるので、数値は上方修正される可能性が高くなってきた。

 tokyowan 11月17日に発表された7~9月期のGDP速報値は、物価の影響を除いた実質でマイナス1.6%(年率換算)となり、市場には大きな衝撃が走った。これによって消費増税の先送りが決定となり、解散総選挙の争点はアベノミクスそのものへと変質することになった。

 このところ個人消費が低迷しており、成長が鈍化しているのは間違いない。ただ、今回のGDPでマイナス要因が大きかったのは、在庫調整と設備投資である(在庫については寄与度でマイナス0.6%、整備投資については前期比でマイナス0.2%であった)。

 在庫には製品在庫、仕掛品、原材料などがある。速報値の段階において、製品在庫については品目ごとのデータが使用されるが、仕掛品や原材料については一定の推計が行われる。また設備投資についても、需要側の数字が分からないので、工業製品の出荷指標など供給側から推定されている。

 12月8日に公表予定の改定値では、需要側の統計である法人企業統計の結果が数字に反映されることになる。法人企業統計においても、在庫調整が進んでいることが確認されており、この部分については大きな変化はない可能性が高い。
 設備投資については、プラス3.1%という結果が出ているので、改定値は上方修正される可能性が高い。ただ、法人企業統計の設備投資はサンプル調査であり、実際にGDPに適用するためには、サンプル調整やリース取引分の除外作業を行う必要がある。最終的な数値がどうなるのかは、最終的なGDPの公表を待たないと何ともいえない。民間エコノミストの予想にもバラツキがあるようだ。

 ただマイナス成長に対する寄与度という意味では、在庫の部分が大きく、設備投資が上方修正されたとしても、大幅なプラス成長にはならないだろう。最終的には、マイナス成長のままか、横ばいといった水準に落ち着く可能性が高い。
 もしそうであれば、本来、反動で大幅上昇するはずだった数値が低迷しているという状態に変わりはなく、景気全般に対する解釈は変化しないと考えてよいだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

keidanrenbiru
影響力低下が著しい経団連。天下国家論ではなく、特定業種の利益を代弁

 このところ経団連の影響力低下が著しい。かつては政界に絶大な影響力を行使し、経団 …

kokkaigijido
ムーディーズが日本国債を格下げ。だが日銀の大人買いで金利は動かず

 米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは2014年12月1日、日本 …

yakuinousetsu
日本企業の経営環境が激変?金融庁と東証がまとめた統治指針案のインパクト

 金融庁と東京証券取引所は、上場企業に少なくとも2名以上の社外取締役の設置を求め …

bafurakisu002
更迭されたギリシャのバルファキス外相。だが本人にとってはメリット?

 ギリシャのチプラス政権は、EUとの交渉チームの顔ぶれを一新した。新しい交渉チー …

kuruguman02
クルーグマン教授が安倍首相との会談内容を暴露。日本はオフレコの概念もガラパゴス

 政府側が非公開を前提にしていた国際金融経済分析会合でのやり取りを、ポール・クル …

shanhai
4月の中国主要経済統計。穏やかな回復は続いているが状況は今ひとつ

 中国国家統計局は5月13日、4月の主要経済指標を発表した。全体として強弱まちま …

abe20141021b
消費低迷で高まる増税先送り論。だが現実には決断は困難?

 消費の低迷が顕著になってきたことから、消費税の10%増税に反対する声が高まって …

sharp
シャープは政府ファンドのリストラ案を嫌い、鴻海による買収で最終調整?

 経営再建中のシャープは、台湾の鴻海精密工業による買収案を受け入れる方向で調整を …

kokusaishushi201403
3月の経常収支は黒字。赤字拡大ペースの鈍化で為替は凪?

 財務省は2014年5月12日、2014年3月の国際収支を発表した。最終的な国の …

frb
量的緩和の縮小はいつか?今回のFOMC声明では若干表現が後退しているが・・・

 米国の金融政策を決定するFOMC(連邦公開市場委員会)は7月31日、2日間の会 …