ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ムーディーズが日本国債を格下げ。だが日銀の大人買いで金利は動かず

 

 米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは2014年12月1日、日本国債の格付けを1段階引き下げたと発表した。消費増税の先送りによって財政再建目標の達成が難しくなったことが主な理由だが、市場では日銀が大量に国債を買い占めており、金利にはほとんど影響していない。

kokkaigijido

 新しい格付けは「A1」で、ひとつ上の「Aa3」から一段階の引き下げとなった。同社では、上から順に、Aaa、Aa1、Aa2、Aa3、A1、A2、A3、という項目で格付けを行っている。これまで日本は4番目の格付けであるAa3であった。今回はこれを1段階引き下げ、A1にするというものである。
 同社では2011年8月に、Aa2からAa3への引き下げを行っているが、安倍政権になってからは初めての引き下げである。これによって、日本の格付けは、中国や韓国を下回り、イスラエルなどと並ぶことになる。また、先進7カ国の中ではイタリアに次いで低い格付けとなった。

 同社は格下げの理由について、消費増税の先送りによって政府の財政再建目標の達成が難しくなったこと、成長戦略の有効性が疑問視されていることなどをあげている。

 日本政府は2020年までに基礎的財政収支の黒字化を国際公約にしている。この目標は消費税の10%への増税が前提条件となっていたが、それでも目標の達成は難しいといわれてきた。今回、消費増税が先送りになったことから、目標達成はさらに遠のいた可能性が高い。
 これに加えてムーディーズでは、成長戦略がうまく機能しない可能性を懸念しているようである。その結果、税収が増えず、財政再建を達成できず、国債に対する信認が低下するというメカニズムだ。

 確かにロジックとしてはそういうことになるのかもしれないが、現実の市場は日銀の追加緩和によって、国債が猛烈に買われている。格下げで価格が下落するどころか、さらに上昇する可能性も出てきている(金利は低下)。格下げによって金利が高騰する可能性は限りなくゼロに近いだろう。

 ムーディーズの懸念が現実化するのかどうかは、量的緩和策とアベノミクスの最終的な結果が判明する時期になれば、おのずとはっきりしてくるだろう。経済成長を実現し、税収が増えていれば、同社は格付けを戻す必要に迫られる。一方、両者が失敗だったと認識された場合には、痛みを伴う非常措置を発動しない限り、日本政府に国債の下落を防ぐ手立ては残されていない可能性が高い。

 - 経済 ,

  関連記事

twitter
ツイッターの第3四半期決算。内容はそこそこだったが、市場は敏感に反応

 短文投稿サイトの米ツイッターは2014年10月27日、2014年7~9月期の決 …

g20sydney2014
経済成長の数値目標が盛り込まれたG20。アベノミクスにも微妙な影響が出てくる可能性

 豪シドニーで開催されていた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は2 …

karyoku
原発再稼働をうたったエネルギー基本計画素案の前提条件は合っているのか?

 経済産業省は12月6日、総合資源エネルギー調査会の基本政策分科会を開き、「エネ …

kabuka
論点整理。英国のEU離脱が世界経済に与える影響は3段階ある

 EU(欧州連合)からの離脱の是非を問う英国の国民投票で、離脱派が予想外の勝利を …

economistataranai
7~9月期GDPは何とマイナス1.6%。エコノミストの予想はなぜこうも当たらないのか?

 内閣府は2014年11月17日、7~9月期のGDP(国内総生産)速報値を発表し …

Kissingershukinpei
習近平主席が米国のキッシンジャー元国務長官らと相次いで会談。進む米中関係の再構築

 中国の習近平国家主席が、米国の政界を引退した親中国派の大物政治家と次々に会談し …

hinomaru
愛国心に関する内閣府の調査。日本が豊かになると低下し、貧しくなると上昇する

 内閣府は3月30日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。この中で愛国心が …

nyse
ダウ平均株価の銘柄が久々に大型入れ替え。米国の産業構造は今後どうなる?

 米S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズは9月10日、ダウ工業株30種(いわゆ …

usakoyoutoukei201312
米雇用統計は予想を下回る。FRB議長交代もあり、市場は神経質な展開

 米労働省は2014年1月10日、2013年12月の雇用統計を発表した。このとこ …

caterpillar002
世界の景気指標であるキャタピラー決算から見る、2015年の動向

 米建設機械大手のキャタピラーは2015年1月27日、2014年10~12月期の …