ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米次期国防長官は、実務官僚で経験豊富なカーター氏に落ち着く?

 

 辞任が決まっているヘーゲル米国防長官の後任に、前国防副長官のアシュトン・カーター氏が指名される可能性が高まってきた。米メディアが報じている。ただ後任長官の人事をめぐっては複数の人物が辞退したともいわれており、ホワイトハウスとの軋轢が大きいことがあらためて浮き彫りになった。

carter

 カーター氏は、クリントン政権下で国防次官補に就任、オバマ政権では国防次官に就任し、2011年には国防副長官に昇進している。国防総省での経験が長く、テクノロジー、調達、兵站(ロジスティクス)、戦略など、幅広い分野を経験しており、手堅い人物と見られている。
 国防副長官としては、ヘーゲル国防長官の下、オバマ政権が進める軍事力のアジア・シフト(いわゆるリバランス戦略)、国防予算の大胆な削減など、主要なプロジェクトを責任者として取り仕切った。

 実務経験が豊富なカーター氏が国防長官に就任すれば、巨大官庁である国防総省の把握は比較的容易であると考えられる。だが、大物上院議員出身で、オバマ政権の安全保障政策の要として長官に就任したヘーゲル氏に比べると軽量級という印象は否めない。強力な政治的リーダーシップで改革を進めるという形にはならない可能性が高く、シリア問題なども実務的な対応となるだろう。

 後任の国防長官選びはかなり難航したと伝えられている。国防長官は、国務長官と並んで大統領に次ぐ地位であり、誰もが就任を望むポストだが、現在の状況で国防長官への就任を望む人は少ない。

 ホワイトハウスではライス補佐官が安全保障問題を仕切っているが、ライス氏は国防総省側の状況はあまり考慮せず、ホワイトハウス内部だけでものごとを決定する傾向が強いといわれている。
 外国の紛争に出来るだけ関与したくないオバマ政権と、従来と同様の関与を望む国防総省側は基本的な利害が対立する。共和党の大物上院議員でありながら、民主党政権の国防長官に就任したヘーゲル氏には、こうした状況を政治力で乗り切る手腕が期待されていた。だがヘーゲル氏とライス氏のコミュニケーションは良好ではなく、結果的にヘーゲル氏が辞任する形となった。

 ヘーゲル氏ほどの人物でも対処が難しい現状において、わざわざ火中の栗を拾いに行く人材はそうそういない。一時期は、女性のミシェル・フロノイ元国防次官の就任が取り沙汰されたが、フロノイ氏は家庭の事情を理由に辞退する考えを表明。民主党のジャック・リード上院議員の名前も挙がったものの、リード氏も固辞する意向を明らかにしていた。

 最終的に手堅い人物であるカーター氏に落ち着いたわけだが、逆にオバマ政権にとっては独自色を打ち出しにくくなったともいえる。任期も残り少ない状況であり、大きな動きは取りづらい状況になったかもしれない。

 - 政治 , ,

  関連記事

ketusgo
新経済連盟の三木谷代表が提言書を提出。英語などグローバル色を強く打ち出す内容

 新経済連盟の三木谷浩史代表理事は4月17日、甘利明経済財政・再生相と会談し、新 …

obuchiyuko
小渕経産大臣が辞任。脳裏をよぎる第1次安倍内閣の閣僚辞任ドミノ

 小渕経済産業大臣は2014年10月20日、自身の政治団体の収支が食い違っている …

no image
TPPの議論は不毛。農業のグローバル化は想像以上に進んでいる

 世界の食料品マーケットがすごいことになっている。  福島原発以降、国産米の価格 …

hadiemen
悪化するイエメン情勢。米国の中東政策は昔に逆戻り?

 国連の潘基文事務総長は2015年2月12日、イスラム教シーア派系民兵組織が事実 …

algeriagas02
アルジェリア軍が最終攻撃を行い人質が多数死亡。国によって異なる人質に対する考え方

 イスラム武装勢力による天然ガス施設の人質事件で、アルジェリア軍は19日、最終攻 …

putin02
プーチン大統領が離婚をカミングアウト。世界的に進む権力者の透明化

 ロシアのプーチン大統領がリュドミラ夫人と離婚したことを明らかにし、大きな話題と …

trumpshunin
トランプ氏が正式に大統領に就任。演説では米国第一主義を何度も強調

 共和党のドナルド・トランプ氏は2017年1月20日、大統領就任式に臨み、第45 …

putin201603
プーチン大統領が突如シリアからの撤退を指示。経済的苦境が原因か?

 ロシアのプーチン大統領は2016年3月14日、シリアに展開するロシア軍の部隊の …

taxi
タクシーの規制強化。それは本当に運転手の待遇改善を目的としているのか?

 与党と民主党は、タクシーの台数制限を義務づける「タクシーサービス向上法案」に合 …

hakenhoukaisei
同一労働・同一賃金法案が衆院で可決。内容は骨抜きで格差は継続したまま

 正社員と派遣社員の格差を是正する「同一労働同一賃金推進法案」が2015年6月1 …