ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米次期国防長官は、実務官僚で経験豊富なカーター氏に落ち着く?

 

 辞任が決まっているヘーゲル米国防長官の後任に、前国防副長官のアシュトン・カーター氏が指名される可能性が高まってきた。米メディアが報じている。ただ後任長官の人事をめぐっては複数の人物が辞退したともいわれており、ホワイトハウスとの軋轢が大きいことがあらためて浮き彫りになった。

carter

 カーター氏は、クリントン政権下で国防次官補に就任、オバマ政権では国防次官に就任し、2011年には国防副長官に昇進している。国防総省での経験が長く、テクノロジー、調達、兵站(ロジスティクス)、戦略など、幅広い分野を経験しており、手堅い人物と見られている。
 国防副長官としては、ヘーゲル国防長官の下、オバマ政権が進める軍事力のアジア・シフト(いわゆるリバランス戦略)、国防予算の大胆な削減など、主要なプロジェクトを責任者として取り仕切った。

 実務経験が豊富なカーター氏が国防長官に就任すれば、巨大官庁である国防総省の把握は比較的容易であると考えられる。だが、大物上院議員出身で、オバマ政権の安全保障政策の要として長官に就任したヘーゲル氏に比べると軽量級という印象は否めない。強力な政治的リーダーシップで改革を進めるという形にはならない可能性が高く、シリア問題なども実務的な対応となるだろう。

 後任の国防長官選びはかなり難航したと伝えられている。国防長官は、国務長官と並んで大統領に次ぐ地位であり、誰もが就任を望むポストだが、現在の状況で国防長官への就任を望む人は少ない。

 ホワイトハウスではライス補佐官が安全保障問題を仕切っているが、ライス氏は国防総省側の状況はあまり考慮せず、ホワイトハウス内部だけでものごとを決定する傾向が強いといわれている。
 外国の紛争に出来るだけ関与したくないオバマ政権と、従来と同様の関与を望む国防総省側は基本的な利害が対立する。共和党の大物上院議員でありながら、民主党政権の国防長官に就任したヘーゲル氏には、こうした状況を政治力で乗り切る手腕が期待されていた。だがヘーゲル氏とライス氏のコミュニケーションは良好ではなく、結果的にヘーゲル氏が辞任する形となった。

 ヘーゲル氏ほどの人物でも対処が難しい現状において、わざわざ火中の栗を拾いに行く人材はそうそういない。一時期は、女性のミシェル・フロノイ元国防次官の就任が取り沙汰されたが、フロノイ氏は家庭の事情を理由に辞退する考えを表明。民主党のジャック・リード上院議員の名前も挙がったものの、リード氏も固辞する意向を明らかにしていた。

 最終的に手堅い人物であるカーター氏に落ち着いたわけだが、逆にオバマ政権にとっては独自色を打ち出しにくくなったともいえる。任期も残り少ない状況であり、大きな動きは取りづらい状況になったかもしれない。

 - 政治 , ,

  関連記事

mosado
イスラエルの諜報機関モサドが「ネット」で人材募集。スパイ組織が公募に踏み切る事情

 かつては世界最強ともいわれたイスラエルの諜報機関「モサド」がスパイの募集を開始 …

isuramutero
イスラム国による邦人殺害予告。真価が問われる日本版NSCと日本人

 イスラム過激派組織「イスラム国」のグループは2015年1月20日、日本人男性2 …

abe20150512
政府の財政健全化計画。増税は封印し、高い経済成長に依存するプランへ

 財政健全化計画策定に向けた政府内の議論が活発になっている。安倍首相は2015年 …

oilpump
米国がエネルギーの完全自給が可能に。世界的な安全保障の枠組みに変化の可能性

 国際エネルギー機関(IEA)は12日、米国が近い将来、世界最大のエネルギー産出 …

abe20141117
消費増税延期で衆院解散へ。量的緩和策で当面不安はないが・・・

 安倍首相は衆議院の解散と来年10月に予定されている消費増税の延期を決断した。増 …

sakuranomiya01
桜宮高校の入試中止問題。日本社会の論理性のなさが浮き彫りに

 大阪市立桜宮高校の男子生徒が体罰を受けた後に自殺した問題で、大阪市の橋下市長は …

gold
ドイツ連銀が国外に保管している金塊の一部を国内に移送するワケ

 ドイツ連邦銀行は、米国とフランスに保管している金塊の一部をドイツに戻し、金保有 …

zenjindai
中国で全人代が開幕。中国政府の新体制が本格的にスタート

 中国の国会である第12期全国人民代表大会(全人代)第1回会議が5日、北京の人民 …

barroso
米とEUが米欧FTAの交渉開始。これが出来上がるとTPPなど吹っ飛ぶ?

 米国と欧州連合(EU)は13日、米欧における自由貿易協定(FTA)の交渉を開始 …

sistinchapel
ローマ法王の選出会議(コンクラーベ)開催が早まる。イタリア大衆紙では陰謀論が沸騰!

 高齢を理由に辞任を表明したローマ法王ベネディクト16世の後継者を選ぶ会議(コン …