ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

台湾の馬英九総統が兼務していた党主席を辞任。中国との接近政策は見直し?

 

 台湾の馬英九総統は、11月29日に行われた統一地方選挙で、国民党が大敗した責任を取り、兼務している党主席を辞任した。2016年には台湾総統選挙が控えており、世論の動きによっては中国との接近路線が見直される可能性も出てきた。

baeikyu

 もともと台湾は中国本土の統治をめぐって国民党と共産党が対立、内戦の結果、国民党が台湾に逃れたことで成立している(国共内戦)。
 当初、中国と台湾は互いの存在を認めておらず、双方が正当な中国政府であると主張してきた。だが台湾では、国共内戦以前から台湾に住んでいた本省人を中心に、中国としてではなく、台湾として独立する運動が活発化、2000年には独立を主張する民進党の陳水扁氏が総統に就任した。

 だが陳水扁氏は金銭スキャンダルなどで支持を失い2008年には総統を辞任。同年の総統選挙では国民党の馬英九氏が当選し、総統に就任した。中国共産党と国民党は敵対関係にあったものの、台湾独立を主張する民進党との比較では、国民党と中国共産党との距離は近い。

 馬氏は就任後、親中国路線を進め、中国側も台湾の財界人に対して中国国内における破格の待遇を与え、中台経済の融合を進めてきた。台湾の企業でありながら、中国本土を中心に世界に事業展開している鴻海精密工業(iPhoneの製造請負で有名)は、こうした中台接近を象徴する企業といえる。

 だが、台湾国内における反中国感情は根強く、今年4月には、中国との経済協定に反対する学生が立法院(国会)を占拠するという事件が発生した。台湾政府が2013年に中国と調印したサービス貿易協定は密室で決められたものであり、台湾の中小企業への打撃が大きいというのがその主な理由である。

 今回、馬氏が党主席を辞任するのは、党内の派閥争いが直接的な原因だが、その背後には、中国に対する国民の反発と、野党民進党への支持拡大という動きがある。このまま国民党が党の立て直しに失敗すれば、2016年の総統選挙で政権を明け渡してしまう可能性も指摘されている。

 中国側も万が一、民進党が政権を獲得した場合に備えて対策を講じたとの報道もある。香港のように実質的に中国に吸収されていく可能性が高いとみられていた台湾だが、ここにきて状況が変わり始めている。

 - 政治 , ,

  関連記事

shukinpei04
習主席の米国訪問日程が近付く。ささやかれ始めた首脳会談の本当のテーマ

 中国の習近平国家主席は、5月31日から6月6日の日程で、トリニダード・ドバゴ、 …

kokkaigijido
自民党内で大型補正予算論が台頭。税収は見積もりを下回っており国債増発は必至

 英国のEU離脱を受け、与党内で大型の景気対策を求める声が高まっている。中には2 …

enzetsu
2期目を迎えたオバマ大統領の就任式。その日のスケジュールを全公開

 オバマ米大統領の2期目の就任式が21日首都ワシントンで開催された。 オバマ大統 …

puting20
原油価格の低迷が促す、地政学的バランスの変化

 原油価格の大幅な下落で、ロシアやベネズエラといった反米的なスタンスだった産油国 …

abenomics600cho
首相がブチ上げたGDP600兆円という目標は、すでに出ている数字の言い換え

 自民党は2015年9月24日、両院議員総会を開き、安倍首相の党総裁続投を無投票 …

boeing777
ボーイングが国内生産を維持する代わりに従業員の待遇を引き下げた背景

 米ボーイングは2014年1月4日、次世代の主力機である「ボーイング777X」の …

malala
早くも政治家宣言を行ったマララさんは、パキスタンにおけるスーチー氏

 女性が教育を受ける権利を訴えたことでイスラム武装勢力に銃撃され、奇跡的に生還し …

abe20130901
秋にまとまる一連の成長戦略パッケージは、事実上の計画経済へのシフト?

 秋の臨時国会に提出が予定されている産業競争力強化法案など、一連の成長戦略パッケ …

suti02
民主活動家から権力者に。とうとう大統領への野心を表明したアウン・サン・スー・チー氏

 来日中のミャンマーの民主活動家アウン・サン・スー・チー氏は「政党の党首で国のト …

airforce1001
米国が世界から手を引きつつあるとのFT紙記事。だが米国人は本来「超」ひきこもりだ

 世界の警察官であった米国が内向きになろうとしているという英フィナンシャル・タイ …