ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

台湾の馬英九総統が兼務していた党主席を辞任。中国との接近政策は見直し?

 

 台湾の馬英九総統は、11月29日に行われた統一地方選挙で、国民党が大敗した責任を取り、兼務している党主席を辞任した。2016年には台湾総統選挙が控えており、世論の動きによっては中国との接近路線が見直される可能性も出てきた。

baeikyu

 もともと台湾は中国本土の統治をめぐって国民党と共産党が対立、内戦の結果、国民党が台湾に逃れたことで成立している(国共内戦)。
 当初、中国と台湾は互いの存在を認めておらず、双方が正当な中国政府であると主張してきた。だが台湾では、国共内戦以前から台湾に住んでいた本省人を中心に、中国としてではなく、台湾として独立する運動が活発化、2000年には独立を主張する民進党の陳水扁氏が総統に就任した。

 だが陳水扁氏は金銭スキャンダルなどで支持を失い2008年には総統を辞任。同年の総統選挙では国民党の馬英九氏が当選し、総統に就任した。中国共産党と国民党は敵対関係にあったものの、台湾独立を主張する民進党との比較では、国民党と中国共産党との距離は近い。

 馬氏は就任後、親中国路線を進め、中国側も台湾の財界人に対して中国国内における破格の待遇を与え、中台経済の融合を進めてきた。台湾の企業でありながら、中国本土を中心に世界に事業展開している鴻海精密工業(iPhoneの製造請負で有名)は、こうした中台接近を象徴する企業といえる。

 だが、台湾国内における反中国感情は根強く、今年4月には、中国との経済協定に反対する学生が立法院(国会)を占拠するという事件が発生した。台湾政府が2013年に中国と調印したサービス貿易協定は密室で決められたものであり、台湾の中小企業への打撃が大きいというのがその主な理由である。

 今回、馬氏が党主席を辞任するのは、党内の派閥争いが直接的な原因だが、その背後には、中国に対する国民の反発と、野党民進党への支持拡大という動きがある。このまま国民党が党の立て直しに失敗すれば、2016年の総統選挙で政権を明け渡してしまう可能性も指摘されている。

 中国側も万が一、民進党が政権を獲得した場合に備えて対策を講じたとの報道もある。香港のように実質的に中国に吸収されていく可能性が高いとみられていた台湾だが、ここにきて状況が変わり始めている。

 - 政治 , ,

  関連記事

abekeizai201311
政府税調が法人税改革の原案を提示。減税先行で財政再建が遅れる可能性も

 政府税制調査会は2014年5月16日、法人税課税の専門委員会において法人税改革 …

hagel04
米国防長官が史上最大規模の軍縮プランを発表。背景には米国の変質と兵器ハイテク化

 ヘーゲル米国防長官は2014年2月24日、米軍の戦力を第2次世界大戦以前の規模 …

kaigoshokuin
介護職員が38万人不足との推計。抜本的な解決策は見当たらず・・・

 厚生労働省は2015年6月24日、全国で介護職員が約38人足りなくなるという推 …

ryounei
中国初の空母「遼寧」が青島に配備。地政学的にそれが意味すること

 中国海軍は27日、中国初の空母「遼寧」の母港を青島とし、同艦の着岸を完了したと …

no image
ドイツの財政が絶好調。税収増加のカギは、やはり企業の競争力と経済成長にあり

 ドイツの財政状況が絶好調だ。2012年の税収(国と地方の合計)は6024億ユー …

ipusiron
低コスト・ロケット「イプシロン」を8月に打ち上げ。JAXAもそれに合わせてスリム化しては?

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5月21日、新しい小型ロケットである「イプシ …

abekaiken
安倍首相が官僚人事で主導権を発揮。だが村木氏の次官抜擢には疑問の声も

 安倍政権が官邸主導人事の目玉として掲げた官僚人事が思いのほか不発となっている。 …

okane003
日本の対外純資産が円安で大幅増大。今後の課題は投資利回りの向上だ

 財務省は5月28日、2012年末の対外資産・負債残高を発表した。それによると日 …

bnppariba
米国が仏BNPパリバに巨額の罰金。背景にはロシアへの武器売却問題なども

 米司法省は2014年6月30日、仏金融機関最大手BNPパリバに対して、89億ド …

tosho05
公的年金はアクティブ運用へ。だが肝心の運用手法については疑問の声も

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、本格的な運用の …